ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

新型シビック・タイプRがニュルブルクリンクのFF最速記録を更新?貸し切りにて2台のシビック・タイプRが走行する姿が収められる【動画】

投稿日:

新型シビック・タイプRがニュルブルクリンクのFF最速記録を更新?貸し切りにて2台のシビック・タイプRが走行する姿が収められる【動画】

| ホンダがシビック・タイプRでニュルブルクリンクに挑戦するのは時間の問題だと考えられていたが |

講師更新されていたとしたらルノーの反応が見ものではある

さて、ホンダはこれまでにもシビック・タイプRにて「ニュルブルクリンク(FF)最速」の称号をかけて競ってきましたが、現在のFFニュル最速記録保持車は先代シビック・タイプR(FK8)を制したルノー・メガーヌ RSトロフィーです。

ただしホンダはこれまでも何度か他社に持ってゆかれた「ニュルFF最速」王座を奪還するなどの矜持を見せており、さらにはGPコースでも数々の記録を塗り替えてきた上、新型シビック・タイプR(FL5)においても鈴鹿サーキットにて先代を超える速さにてFF最速記録を塗り替えています。

よって「ニュルブルクリンクにおける記録更新」は時間の問題だろうと言われていたわけですが、今回ニュルをアタックする新型シビック・タイプRの姿が目撃され、「記録に挑戦していたのではないか」という憶測が流れているわけですね。

もしかすると近日中に「記録更新」のアナウンスも

今回新型シビック・タイプRがニュルブルクリンクを走行する動画を公開したのは、ニュルブルクリンク近郊にて「アペックス・ニュルブルク(観光客を乗せてニュルを走る、いわゆるニュルブルクリンク・タクシー会社)」を経営するミーシャ・シャルディン(Misha Charoudin)氏。

同氏は自身が撮影した動画をインスタグラム上へと公開していますが、「2台の新型シビック・タイプRがニュルブルクリンクを貸し切りにて走っていた」とコメントしており、となるとホンダがコースを借り切って記録に挑戦していた可能性が高く、そしてチャレンジに成功したのであれば、動画や画像編集、プレス向けの資料をまとめ、早ければ数日中、遅くとも数週間以内には「記録を更新した」と正式に発表されるのかもしれません。

おそらく今後、「FF最速」タイムは更新されない可能性も

なお、新型シビック・タイプR(FL5)はおそらくガソリンエンジンのみで走る最後のシビック・タイプRになるものと見られ、そうなるともし後継モデルが登場したとしてもハイブリッドもしくはEVとなるの可能性も。

そしてハイブリッドであれば、仮にFFレイアウトを持っていたとしても(重量の問題で)ニュルブルクリンクの記録を更新することは難しく、EVであればFFレイアウトを採用することはないとも考えていて(その意味は薄い)、万一FFであったとしもて「EV」に分類されるために現在と同じジャンルとはみなされないかもしれません。

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

| そのタイムは7:40.1。わずか3年で10秒も短縮 | 長い間沈黙を保っていたルノー・メガーヌR.S.しかしながら今回突如としてホンダ・シビック・タイプRの持つ「ニュルブルクリンクFF最速記録」を ...

続きを見る

そして現在の記録ホルダーであるルノーも同様の状況にあり、フォルクスワーゲンもそれは同じだと思われるので、いずれも現行モデル(メガーヌRSとゴルフGTI)で記録を更新できなければ、この後は永遠にこの「FF」というカテゴリでの記録が変わらない、ということになりそうですね。※よって”永遠に残る”記録を達成しようと、スペシャルモデルを投入して来る可能性も否めない

メルセデスAMG One
【随時更新】ニュルブルクリンクのラップタイム最新版。ランキング100位まで、そして「SUV」「FF」「EV」「コンパクト」などカテゴリ別最速車を見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮この記事のもくじこの2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮ニュルブルクリンクのタイム計測方法は2020年から変更それではニュル ...

続きを見る

あわせて読みたい、シビック・タイプR関連投稿

新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい
新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい

| 現代のシビック・タイプRは「最大公約数」をカバーするクルマではなくてはならない |この記事のもくじ| 現代のシビック・タイプRは「最大公約数」をカバーするクルマではなくてはならない |かつてのシビ ...

続きを見る

新型ホンダ・シビック・タイプRをさっそくシャシダイに載せてパワーチェック!なんとダイナモ上で331.8馬力を発生し、エンジン単体だと375馬力くらい出ている可能性も【動画】
新型ホンダ・シビック・タイプRをさっそくシャシダイに載せてパワーチェック!なんとダイナモ上で331.8馬力を発生し、エンジン単体だと375馬力くらい出ている可能性も【動画】

| このパワーでも安定した挙動を示すのには驚かされる |この記事のもくじ| このパワーでも安定した挙動を示すのには驚かされる |新型シビック・タイプRではトルクステア、アクセルオフ時の姿勢の乱れはまっ ...

続きを見る

新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう
新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう

| 「日本製」となったことで品質はもちろん、そのコンセプトに至っても原点回帰を果たしたようだ |この記事のもくじ| 「日本製」となったことで品質はもちろん、そのコンセプトに至っても原点回帰を果たしたよ ...

続きを見る

参照:mgcharoudin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5