ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

期待の高まる新型MAZDA 6。現在の噂を総合すると、どうやらベンツCクラス、BMW 3シリーズを本気で狙うようだ

投稿日:2020/05/04 更新日:

| いかにマツダがプレミアム化を進めると言えど、それはちょっと無理かもしれない |

mazda-6

さて、なにかと話題の次期マツダ6。

フルモデルチェンジ版MAZDA6は現行モデルとはまったく異なるクルマとなることが予想され、とくに欧州での関心が高いようですね。

様々な情報そして憶測が出ており、これまでのウワサなどをまとめてみたいと思います。

次期MAZDA6はやはりプレミアム化?直6エンジン搭載のFRとなり、レクサスと多くを共有か→価格もレクサス並みに?

続きを見る

ポジション

まずはそのポジションですが、マツダがこれまで掲げてきた「プレミアム」をさらに突き進め、レクサスそしてBMW、アウディ、メルセデス・ベンツを狙う位置へと移動する、と言われます。

実際に次期マツダ6は新設計のFRプラットフォームそして直6エンジンを搭載してレクサスIS/RCとの兄弟車になるとも見られており、かなりな価格アップとなる可能性が大きそう。

ただ、いくらデザインに優れるマツダといえども「レクサスやBMWと同じ位置」はちょっと無理があるようにも思えますね。

「マツダは身の程知らずに値上げし、しかも値引きしなくなってユーザーにそっぽを向かれ売れなくなった」は本当か?その真相をマツダ副社長が激白

続きを見る

これまで欧州だとマツダ6はホンダ・アコード、トヨタ・カムリ、ヒュンダイ・ソナタ、フォルクスワーゲン・パサートと競合していたものの、新型MAZDA 6は具体的な車種としてアウディA4、BMW 3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラスと競合することに。

実際にMAZDA 3(SKYACTIV-X)の価格がメルセデス・ベンツAクラス、BMW 1シリーズと同等ということを鑑みるに、新型MAZDA6がBMW、メルセデス・ベンツのライバルになるというのも荒唐無稽な話ではないかもしれません。

スタイリング

次期マツダ6のデザインについては、「ヴィジョン・クーペ・コンセプト」に似たスタイルになるとも。

これが実現するとなれば相当にスタイリッシュなサルーンに変身を遂げるということになりますが、マツダはここ最近でMAZDA3、CX-4(中国専売車)というコンセプトカーを忠実に再現した車を発売しており、このままゆけば実際にヴィジョン・クーペ・コンセプトそっくりの"ロングノーズ・ショートデッキな"スタイルで登場する可能性も。

Mazda-Vision-Coupe (2)

なお、現在マツダでデザイン部門のトップを務める前田育男氏は親子二代でマツダのデザイナーを務め、かつ「マツダの駄々っ子三人衆」と呼ばれるうちの一人。

誰よりもデザインの重要性を認識し、自身の信じるデザインを貫くためにとことん戦う人でもあり、消費者にとっては「頼もしい」デザイナーでもありますね。

マツダ「我々はさらにプレミアムを目指す」。なおマツダのデザイン部門トップはRX-7のデザイナーの息子、つまり親子二代でマツダ車をデザイン

続きを見る

プラットフォーム/パワートレーン

プラットフォーム/パワートレーンについては上述のとおりFR、そしてメインとなるエンジンは直6と言われます。

プラットフォームはマツダの設計となりトヨタ/レクサスのプレミアムモデルと共有されることになって、エンジンについては新設計の直列6気筒になる、とも。

なお、このエンジンは現在の4気筒版SKYACTIV-Xの6気筒版ともいうべきものだとされ、となるとスーパーチャージャー+48Vハイブリッド内蔵、となりそう。

さらにこのエンジンもトヨタ/レクサスと共有されると見られているようですね。

そのほか2.5リッターSKYACTIV-G、2.2リッターSKYACTIV-Dも用意され、トランスミッションは新設計の8速ATが搭載される、とも。

マツダがコンパクトな直6エンジン、抵抗の少ない自動変速機の特許を出願!新型スポーツカーに向けた準備か

続きを見る

登場時期は?

現行マツダ6は2012年に登場しており、それを鑑みるにとっくにモデルチェンジを行なってもいい頃。

ただし現在はプロトタイプすら目撃されておらず、かつプラットフォームやエンジン含むすべてが「完全新設計」となるだけに、今年や来年に登場するというのは考えにくそう。

よって2022年発表、2023年発売開始、というのが妥当なところかもしれません。

なお、不安要素としては、マツダが社運をかけたともいうべきMAZDA3が売れていないこと。

これによってマツダの収益計画に大きな狂いが生じる可能性もあり、ひいては新型MAZDA6に影響が及ばないとも限らない、とも考えています。

マツダ渾身のSKYACTIV-X搭載車が売れず、販売比率は10%。「高価」すぎるためと思われるが、なぜ高価なのか誰も理解できないのが問題だ

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->マツダ(MAZDA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5