ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スバル(SUBARU) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >日産/インフィニティ(Infiniti)

ホットウィールから懐かしの国産チューンドカー「ジャパニーズカーカルチャー」が発売!サイバーCR-X、RX-7、エボX、ハチロクトレノ、フェアレディZ、インプレッサWRXの6台セット

投稿日:

ホットウィールから懐かしの国産チューンドカー「ジャパニーズカーカルチャー」が発売!サイバーCR-X、RX-7、エボX、ハチロクトレノ、フェアレディZ、インプレッサWRXの6台セット

| ミニカー集めだけはホント、キリがないな・・・ |

ホットウィールの企画担当はどうやらけこうなマニアらしい

さて、少し前にはネオクラシックな日本車のラインアップを発表して日本車リスペクトなところを見せてくれたホットウィールですが、3月の新製品として「ホットウィール ジャパニーズカーカルチャー マルチパック」を発売(6台がセットになって2,640円)。

もちろんホットウィールだけあってノーマルなわけはなく、それぞれにチューニングブランドのステッカーがプリントされるなど、走り屋にとっては見どころの多い仕様となっています。

HW (2)

ホットウィールが日本車リスペクト!90年代の名車「三菱GTO」「Z32フェアレディZ」「ランエボVI」ホンダ・プレリュード」等をモダン・クラシックシリーズとして発売
ホットウィールが日本車リスペクト!90年代の名車「三菱GTO」「Z32フェアレディZ」「ランエボVI」ホンダ・プレリュード」等をモダン・クラシックシリーズとして発売

| さらに12月には80スープラも追加されるようだ |この記事のもくじ| さらに12月には80スープラも追加されるようだ |中には「ホットウィール初」となるクルマも「カーカルチャー モダン・クラシック ...

続きを見る

「ホットウィール ジャパニーズカーカルチャー マルチパック」にはこんなクルマが含まれる

そこでこの「ホットウィール ジャパニーズカーカルチャー マルチパック」に収められるクルマの構成を見てみたいと思いますが、まずはマツダRX-7(FD3S)。

ボディカラーはダークレッド、そしてそこへブラックとホワイトのアクセントが入り、ボンネットとホイールもブラック。

ドアにはホットウィール、スパルコ、ブレンボ、グレッディのロゴが入るほか、サイドアンダーには「峠」の文字が入ります。

HW (7)

お次はぼくも以前に乗っていた、日産フェアレディZ(Z32)。

ボディカラーはメタリックグリーン(実際にこういったボディカラーは初期に設定されていた)、そしてホイールはゴールド、ボディサイドのストライプはブラックにゴールドの縁取りが入り、300ZX文字もプリントされています。

リアフェンダーとボンネットには「NISMO」のロゴが入っていますが、他モデルに比較するとボディカラーといい、ちょっと「控えめ」な仕様ですね。

HW (6)

あの頃、フェアレディZはボクのすべてだった!今の自分に導いてくれた”Z”に再び乗りたいという気持ちを抑えきれない

| 今でももういちどフェアレディZに乗りたいという気持ちは常に心の底にある |この記事のもくじ| 今でももういちどフェアレディZに乗りたいという気持ちは常に心の底にある |当時の日産は本当にスゴかった ...

続きを見る

次はホンダCR-X。

ボディ上半分はイエロー、下半分はホワイトというカラーで(これは標準では設定されていない)、見た目明らかにチューニングカーといった感じ。

なおインテリアカラーはレッド、ホイールはツインスポーク(クローム)、ボディサイドにはピストンマークとゼッケン、「大阪JDM」、ホットウィールにTOYO TIREというグラフィックが入ります。

このモデル(EF6/7/8)は「サイバーCR-X」として知られていますが、今からすると信じられない車体重量「1トン以下」というクルマで、当時はこれに戦いを挑まれるともうお手上げだったことを思い出します。

HW (3)

そして次はスバル・インプレッサWRX(GD/GC系)。

ボディカラーはホワイト、そこへ「STI」をイメージしたのかチェリーレッドにラインが入り、ボンネットには「SUBARU」、ボディサイドにはホットウィール、ビルシュタイン、PIAAのステッカー。

こういった(パーツメーカーの)ロゴにつき、その車種と関連性のあるものを選んでいるようで、これを企画した人はなかなかのマニアかもしれません。

ホイールがゴールドなのも高ポイントですが、なおのことボディカラーがブルーでないことが悔やまれます。

HW (4)

スバルが「ピュアエレクトリック・レーシングカー」、E-RAコンセプトのティーザー画像公開!なおSTIの「チェリーレッド」「ブルー」にはこんな意味がある
スバルが「ピュアエレクトリック・レーシングカー」、E-RAコンセプトのティーザー画像公開!なおSTIの「チェリーレッド」「ブルー」にはこんな意味がある

| STI E-RA Conceptは「スバル」ではなく「STI」のエンブレムを身にまとう |この記事のもくじ| STI E-RA Conceptは「スバル」ではなく「STI」のエンブレムを身にまとう ...

続きを見る

こちらはトヨタ・レビン(AE86/ハチロク)。

ボディカラーはゴールド、ホイールはレッド、そしてボディサイドには「ホットホイール」。

ちなみに日本での正式なカタカナ表記は「ホットウィール」となっていますが、なぜこれが「ホットホイール」なのかは不明です(もしかすると、昔はそういった表記だったのかも)。

ちなみにボディサイドのストライプは、昔のトヨタ(80系のランクルなど)や北米TRDが用いていたグラフィックを意識したものかもしれません。

参考までに、ぼくが最初に購入したクルマはこのハチロクトレノで、当時はあまり人気がなく(シビック全盛だった)、そのため14万円で中古車を購入でき、1年乗って売った価格が27万円だったことを思い出します(当時はこれでも相当に儲かったような気がしていた)。

HW (5)

なぜ混ぜたッ!トヨタ・ハチロク×スバル・ブラット、ハコスカ×ダッジなど珍車3連発

| トヨタ・ハチロク×スバル・ブラットはちょっと欲しい | さて、レンダリング界では大人気なのが「異種混合レンダリング」。現実世界では「絶対に混ざることがない」二台(もしくはそれ以上)をミックスさせる ...

続きを見る

最後は三菱ランサー・エボリューション(エボX)。

ブラックの車体にブラックのホイール、そしてレッドのストライプにレッドの内装というイカツい仕様で、ボディサイドには三菱のスリーダイヤ、そしてYOKOHAMA、さらにホットウィールのロゴが入ります。

HW (1)

合わせて読みたい、ホットウィール関連投稿

【動画】R30スカイラインのホットウィールを「鉄仮面」「西部警察」風、しかもワゴンボディへとカスタムするツワモノが登場!その過程を見てみよう
【動画】R30スカイラインのホットウィールを「鉄仮面」「西部警察」風、しかもワゴンボディへとカスタムするツワモノが登場!その過程を見てみよう

| 見れば見るほどマニアックな仕様を持ったスカイラインへとカスタムされる |この記事のもくじ| 見れば見るほどマニアックな仕様を持ったスカイラインへとカスタムされる |エンジンルームまで再現するその技 ...

続きを見る

ホットウィールが日本車リスペクト!90年代の名車「三菱GTO」「Z32フェアレディZ」「ランエボVI」ホンダ・プレリュード」等をモダン・クラシックシリーズとして発売
ホットウィールが日本車リスペクト!90年代の名車「三菱GTO」「Z32フェアレディZ」「ランエボVI」ホンダ・プレリュード」等をモダン・クラシックシリーズとして発売

| さらに12月には80スープラも追加されるようだ |この記事のもくじ| さらに12月には80スープラも追加されるようだ |中には「ホットウィール初」となるクルマも「カーカルチャー モダン・クラシック ...

続きを見る

【動画】ここまでクオリティの高いミニカーのカスタムは見たことがない!カスタムビルダーがサスペンションまで自作しホットウィール製スズキ・ジムニーをカスタム
【動画】ここまでクオリティの高いミニカーのカスタムは見たことがない!カスタムビルダーがサスペンションまで自作しホットウィール製スズキ・ジムニーをカスタム

| いくらでも出すから売って欲しいと考える人が多数登場しそう |この記事のもくじ| いくらでも出すから売って欲しいと考える人が多数登場しそう |こういった動画を見ていると、自分でも「ミニカーをカスタム ...

続きを見る

参照:Hotwheels

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->スバル(SUBARU), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >マツダ(MAZDA), >三菱(MITSUBISHI), >日産/インフィニティ(Infiniti)
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5