ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>日産/インフィニティ(Infiniti) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

R34スカイラインGT-RとR35 GT-Rとのマッシュアップ?デザイナーが「新型R36 スカイラインGT-R」のレンダリングを公開

投稿日:

R34スカイラインGT-RとR35 GT-Rとのマッシュアップ?デザイナーが「新型R36 スカイラインGT-R」のレンダリングを公開

| 現実的に「レストモッド」としてどこかのショップが作ってくれそうだ |

デザイナーの考えるR36 GT-Rのルックスは未来的でシャープ、なかなかにカッコいい

さて、日産R35 GT-Rは黄昏の刻を迎えつつありますが、現時点ではその後継モデル(フルモデルチェンジ版)、R36 GT-Rについて確たる情報がないという状態です。

なお、現行GT-Rのプラットフォームは「まだまだ現役で使用できる」とされ、2027年まで現行モデル(R35)をチョコチョコと改良しつつ販売しつづけるという話もあったものの、そこから時代が大きく変わり、様々な規制に対応できないという「老朽化」以外の理由にて販売停止を余儀なくれている、という現実も。

日産G35GT-R
次期GT-R(R36)は2027年まで登場しないだろうという報道。日産「現行GT-Rのプラットフォームは20年改良なしでも通用する」

| 様々な情報を総合的に考えると、どうやら本当にそうなりそうだ | 日産R35GT-Rは2007年に登場しており、すでに齢12年を数えますが、ここ最近、チョコチョコとモデルチェンジのウワサが聞こえてく ...

続きを見る

そこで今回、レンダリングアーティスト、ローマン・ミア氏とアバンテ・デザインとが共同にて「自分たちの考えるR36 GT-R」をCGにて作成してインスタグラム上へと公開することとなっており、その作品を見てみましょう。

スタイリングはR34とR35とのマッシュアップ

このレンダリングを見るに、「新型」というよりはR35 GT-RとR34 スカイラインGT-Rとのマッシュアップ、もしくはR35 GT-Rのレストモッドという雰囲気も感じますが、日産は現在新型フェアレディZの大量受注にてんてこまいだと言われ、それを考えると、新型フェアレディZ同様に「レトロなルックスで」登場する可能性があるのかも。

2022-08-27 9.58.42

ただ、新型フェアレディZとは異なり、「ケンメリ」まで遡ることはないだろうと考えていて、おそらくは世界的なGT-R人気爆発のきっかけとなった「ワイルド・スピード」に登場したR33スカイラインGT-R、R34スカイラインGT-Rを意識したスタイリングになるんじゃないかと思います(勝手な推測ですが)。

そしてそこに、現在のGT-Rの起点とも言えるR32スカイラインGT-Rの要素をプラスしてくるだろうとも考えているのですが、まさに今回公開された作品がそれに近いのかもしれません。

2022-08-27 9.59.04

新型GT-Rは「ピュアエレクトリック」が妥当だろう

2019〜2020年頃までは日産も比較的多く「次期GT-R」についての発言を行っており、ユーザーにヒアリングを行うなど様々な可能性を追求していたようですが、その後パッタリとそのウワサを聞かなくなり、エンジニアからは「日産がGT-Rに関して動かなくなった」という声が出てきたほど。

それもそのはずで、2020年にGT-Rは「北米において最も販売を落としたクルマ」となり、販売台数については下から数えたほうが早いくらいに。

そして日産自体も販売が極端に減ってしまい、「GT-Rどころではなくなった」のだと思われます。

2022-08-27 9.58.54

日本と北米で存在感を失った日産。中国で再起をかけるもコロナの影響で販売が80%減少し、いよいよ危機的状況に

| 日産は商品、販売、リスクコントロール面すべてにおいて甘かった |この記事のもくじ| 日産は商品、販売、リスクコントロール面すべてにおいて甘かった |どうなる今後の日産日産/インフィニティは中国重視 ...

続きを見る

ただ、現在の世界的なスポーツカー需要とモータースポーツ人気の盛り上がり、そして新型フェアレディZに対する旺盛な需要によって日産はあらためて「フラッグシップたるスポーツカー」の存在の必要性を認識しているはずで、その意味でも社内において「新型GT-Rに対する意識」が変わってきている可能性も。

2022-08-27 9.58.45

そして今からGT-Rを開発するとなると、(2035年には多くの国や地域にてガソリンエンジン搭載モデルの販売ができなくなるという事情を鑑みるに)それはもはやピュアエレクトリック以外には考えられず、日産イチオシの技術「E-4ORCE」を搭載し、その技術力の高さをアピールするための存在として活用されることになるんじゃないかというのがぼくの予想。※日産はE-4ORCE技術を利用して宇宙産業にも乗り出す予定でもあり、なおさらこれをアピールしたいはず

2022-08-27 9.58.50

日産R35 GT-R
次期日産GT-Rはどんなクルマに?GT-Rはいつの世もスポーツカー界にパラダイムシフトを起こさせてきた存在であり、次期モデルもそうあるべきだと思う

| ほかの自動車メーカーが「そんなバカな」というほどのクルマでなければ、それはGT-Rではない |この記事のもくじ| ほかの自動車メーカーが「そんなバカな」というほどのクルマでなければ、それはGT-R ...

続きを見る

日産はもともと資金が豊富ではなく、コア技術に特化してそれを全面に押し出し、さらにはその技術を「使い回す」傾向がありますが、新型GT-Rでは日産の持つ先進技術を詰め込み、それをぞんぶんにアピールすることで日産全体のブランド価値を向上させることが可能です。

ただ、そうなると現時点では「ピュアエレクトリック」GT-Rが活躍できるモータースポーツの場はなさそうですが、今の日産にとってモータースポーツの優先度は高くなく、そして日産はスポーツイメージによって日産全体の販売を向上させようとしているわけでもなく、よって次期GT-Rはモータースポーツとは切り離された存在となるのかも(かわりにモータースポーツにおいてはフェアレディZが担当する)。

もちろん現時点では全てが予想でしかなく、そもそも次期GT-Rの存在が確認されたわけではないものの、こういったレンダリングを見ると色々と夢が膨らんで楽しくなりますね。

2022-08-27 9.58.59

【動画】想像よりも速く走って急に停まってびっくり!日産が電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を活用し、自動で「こぼれない」ようラーメンを届ける動画を公開
【動画】想像よりも速く走って急に停まってびっくり!日産が電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を活用し、自動で「こぼれない」ようラーメンを届ける動画を公開

| 動画を見る前から内容の想像はつくが、それでもちょっと驚いた |この記事のもくじ| 動画を見る前から内容の想像はつくが、それでもちょっと驚いた |日本の自動車メーカーの中でも、ボクは日産が公開する動 ...

続きを見る

デザイナーの考えた「R36 スカイライン GT-R」はこちら

合わせて読みたい、日産GT-R関連投稿

未来の日産GT-R、Nissan GT-R (X) 2050
日産CEO、デザイナーが次期GT-Rについて語る!「新型GT-Rは妥協のないプロ仕様のクルマ」「デザインはR35に似ており、しかしもっとレンガっぽくなる」

| R35 GT-Rでもっとも評価すべきは、欧州スーパーカーに「寄せなかった」デザインだと思う |この記事のもくじ| R35 GT-Rでもっとも評価すべきは、欧州スーパーカーに「寄せなかった」デザイン ...

続きを見る

【動画】R32、R33、R34、R35「4世代」にわたるGT-Rがドラッグレースを走る!その進化の過程がわかる結果を見てみよう
【動画】R32、R33、R34、R35「4世代」にわたるGT-Rがドラッグレースを走る!その進化の過程がわかる結果を見てみよう

| やはりR32~R34世代とR35 GT-Rとでは大きな隔たりがあった |この記事のもくじ| やはりR32~R34世代とR35 GT-Rとでは大きな隔たりがあった |R32~R34までは基本的に「同 ...

続きを見る

日産トップがついに次期GT-Rについて言及!「新型GT-Rは2023年登場、パフォーマンス追求型ハイブリッド」。続報を待て!

| 最近の報道では、「2027年まで現行モデルが販売される」ということだったが |この記事のもくじ| 最近の報道では、「2027年まで現行モデルが販売される」ということだったが |日産は大幅にラインナ ...

続きを見る

参照: Avante Design(Instagram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->日産/インフィニティ(Infiniti), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5