ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

トヨタが第二世代C-HRを示唆する「C-HRプロローグ」公開!ハンマーヘッドを持ちボディカラーは3トーン、後部ドアのオープナーは意外なところに隠れているようだ

投稿日:

トヨタが第二世代C-HRを示唆する「C-HRプロローグ」公開!ハンマーヘッドを持ちボディカラーは3トーン、後部ドアのオープナーは意外なところに隠れているようだ

| いくつかのディティールは”現実的”となりそうだが、現在のトヨタのデザイントレンドを鑑みるに、ほぼこのデザインで市販されるだろう |

これまでトヨタはあまり「顔つきを統一」してこなかった自動車メーカーではあるが

トヨタがフルモデルチェンジ版、第2世代のC-HRを示唆する「C-HRプロローグ・コンセプト」を発表。

2016年当時、C-HRは(そのとき)独走状態にあったホンダ・ヴェゼルのシェアを奪うべく投入されたSUVであり、見事にその役目を果たしたものの、「売れすぎた」のか市場が食傷気味になってしまったようで、現在は国内登録ランキングでも下位に甘んじるといった状況です。

ぼくが思うに、人目を引く斬新なデザインをもって登場したはよかったものの、そのアクの強さが(一定期間を過ぎた後)アダになってしまって飽きられた可能性があって、つくづくデザインとは難しいものである、と思わされますね。

toyota-c-hr-prologue-concept  (10)

マツダ
2022年11月の国内車種別登録ランキング!日産ノートが2位に浮上、CX-60やエクストレイルなど新型SUVの販売が伸びる。一方でスポーツカーはランキング下位に

| やはり全体的な傾向としてはSUVの強さが目立つ |この記事のもくじ| やはり全体的な傾向としてはSUVの強さが目立つ |ニューモデル好調という傾向の中、新型クラウンはいまひとつ強みを発揮できていな ...

続きを見る

新型トヨタC-HRはこういった姿に

そこで今回トヨタが発表した新型C-HR”プロローグ”コンセプトを見てみると、これは初代C-HRに負けず劣らず個性的なデザインを持っており、新型クラウンや新型プリウスで採用された「ハンマーヘッド」デザインをフロントに採用しています(これが今後のトヨタの顔になることは間違いない)。

toyota-c-hr-prologue-concept  (4)

新型トヨタ・プリウス発表!プリウスらしさを継続しつつも新機軸満載、テーマは「一目惚れするデザイン」「虜にさせる走り」。たしかにそのデザインはなかなかにカッコいい
新型トヨタ・プリウス発表!デザイン路線の大幅変更は「従来の顧客を切り捨てたかった」から?25周年という節目を迎え、プリウスのネガティブイメージをリセットか

| トヨタにしては相当に思い切った、そしてクリーンで未来的なデザインで登場 |この記事のもくじ| トヨタにしては相当に思い切った、そしてクリーンで未来的なデザインで登場 |トヨタは従来の客層を切り捨て ...

続きを見る

ただ、このドアミラー代わりのカメラ、そしてポップアップ式ドアハンドル、大径ホイール/タイヤについては、市販時にもうちょっと現実的なものへと改められると考えて良さそう。

toyota-c-hr-prologue-concept  (6)

ボディカラーはシルバー、ブラック、カッパー(オレンジ)の3トーンというかなり珍しい構成ですが、日本では車両の前後やパーツによってカラーを分けるデザインはあまり好まれないようで(スズキ・ハスラー・タフワイルドの人気もイマイチだったらしい)、このカラーを導入するにしても「オプション」扱いになるのかもしれません。

なお、トヨタは新型クラウン、新型レクサスRZにおいてもやや奇抜な塗り分けを採用しているので、こういった「今までにないような塗り分けによる2トーン」がトヨタの中で絶賛流行中なのだと思われます。

toyota-c-hr-prologue-concept  (8)

それでもおそらくは「大きく変わらない」イメージで市販される可能性が大

ヘッドライト周りについても、このデザインイメージを残しつつ、適切な照射角を持たせることができるように(市販モデルでは)調整が図られることになるだろうと考えていて、この「ブロック」形状も「プレキシガラスでカバーされた」クラウンやプリウスのような構造になるものと推測しています。

toyota-c-hr-prologue-concept  (3)

なお、現行C-HRでは後部ドアのハンドルをCピラーに格納して2ドア風に見せていますが、このC-HRプロローグでは、後部ドアとテールランプとの間のくぼみの中におそらくドア開閉レバーが内蔵されているものと思われます。

toyota-c-hr-prologue-concept  (7)

トヨタはこのC-HRプロローグについて「あくまでコンセプトであり、詳細には踏み込まない」としていますが、ここ最近のトヨタが発表したクルマと共通する意匠が非常に多く、よって「全体としてはこれに近い」姿で第2世代のC-HRが登場すると考えていいのかもしれません。

toyota-c-hr-prologue-concept  (5)

このC-HRプロローグのデザインを担当したのは、現行モデル同様に、南フランスにある欧州デザイン開発本部「ED²」。

時期はまだわからないものの、2代目C-HRは "まもなくヨーロッパ中の道路で注目を集めるクルマになるだろう "とアナウンスされていることから、そう遠くない未来に発表されることになりそうですね。

toyota-c-hr-prologue-concept  (2)

あわせて読みたい、トヨタ関連投稿

新型トヨタ・クラウンを見てきた!わざわざクラウンをSUV化しなくてもいいのではと考えていたが、実車を見ると「クラウンでやってこそ意義がある」と考えを改めた
新型トヨタ・クラウンを見てきた!わざわざクラウンをSUV化しなくてもいいのではと考えていたが、実車を見ると「クラウンでやってこそ意義がある」と考えを改めた

| ワールドモデルだけあって欧州や中国の流行を強く意識したという印象はあるが、新しいチャレンジは純粋に評価すべきだと思う |この記事のもくじ| ワールドモデルだけあって欧州や中国の流行を強く意識したと ...

続きを見る

新型レクサスRZ 450eついに発表!スピンドルグリルを捨てて「スピンドルボディ」へと昇華、駆動方式は4WD、出力は313馬力、航続距離は450km
新型レクサスRZ 450eついに発表!スピンドルグリルを捨てて「スピンドルボディ」へと昇華、駆動方式は4WD、出力は313馬力、航続距離は450km

| レクサスRZの駆動方式は4WDのみ、残念ながら価格情報は発表されていない |この記事のもくじ| レクサスRZの駆動方式は4WDのみ、残念ながら価格情報は発表されていない |生産開始時期や注文方法も ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5