ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国から軽量コンパクト、そしてシンプルさを追求した安価なピュアエレクトリックスポーツ、SC-01が発表。ランチア・ストラトスっぽいけどなかなかいいクルマかも

投稿日:2022/10/01 更新日:

中国から軽量コンパクト、そしてシンプルさを追求した安価なピュアエレクトリックスポーツ、SC-01が発表。ランチア・ストラトスっぽいけどなかなかいいクルマかも

| 大きくてパワフルなクルマが好きな中国でこの「軽量コンパクト」路線は珍しい |

しかもこのコンセプトが内外装、そして構造にまで一貫して用いられる

さて、中国の自動車ブランド「小跑车(小さいスポーツカーの意味)」がSC-01なるニューモデルを発表。

これは2シーターレイアウトを持つピュアエレクトリックカーで、30万元(日本円で600万円くらい)以下を目指し、2023年に正式に発表を行い、2023年第4四半期から納車が開始されると報じられています。

コンセプトとしては「価格からは想像もできないほどのパフォーマンス」「今までは一部のスーパーカーでしか体験できなかったようなドライビングエクスペリエンスを手頃に楽しむことができる」というもので、”国民的スポーツカー”たらんことを標榜しているようですね。

SC-01のボディサイズは比較的コンパクト

このSC-01のボディサイズはかなりコンパクトで、全長4,085ミリ、全幅1,820ミリ、全高1,162ミリ、ホイールベース2,500ミリ、車体重量1,300kgというもの。※中国では、商標が取りやすいという理由もあって、数字とアルファベットにて構成されるネーミングが多く、ときに覚えづらい

エレクトリックモーターは前後に積まれて435馬力を発生し、NEDCでの航続可能距離は500km以上、0-100km/h加速は3.9秒という目標スペックを掲げています。

参考までに、このボディサイズはアウディTTやアルピーヌA110と同じくらいですが、重量についてはアウディTTの1,540kgとアルピーヌA110の1,100との中間くらいで、正直これを実現することは(2モーターを積み、500キロ走れるバッテリーを積むEVとしては)難しいかもしれません。

a (1)

なお、バッテリーについてはフロアに敷き詰めるのではなく、シート後方に積み上げるチェスト式で、これはロータスが開発中の新型エレクトリックスポーツ(そしておそらくポルシェ718ケイマン/ボクスター後継のエレクトリックモデル)と同じパッケージングだと考えて良さそう。

このバッテリー搭載方法を採用する意図としては「ドライバーの着座位置を下げ、全高を下げる」ことにあり、もちろんこれは前面投影面積を減少させて空気抵抗を減らすためですが、車体の中央に重量物を集めるという意図もあるのだと思われます。※バッテリーは上に積まれるが、重心自体はスケートボード型シャシー採用の場合と同様だとされている

a (2)

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ
なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクトリックスポーツ”ではずっと先を行きそうだ |この記事のもくじ| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクト ...

続きを見る

ちなみにSC-01のリアからはランチア・ストラトスを連想する人が多いかもしれませんね(スター形状ホイールはMATによるニュー・ストラトスっぽい)。

Lancia-Stratos (6)

【動画】ユーチューバー、あの「ニュー・ストラトス」に乗る!フェラーリ430スクーデリアベースの究極コーナリングマシン

| デザインはピニンファリーナ、限定台数は25台 |この記事のもくじ| デザインはピニンファリーナ、限定台数は25台 |ニューストラトスは「ハンドリングマシン」ほかの「ストラトス」も見てみようこんな記 ...

続きを見る

テールランプの外周はジェット機のタービンのような形状を持ち、ここからエレクトリックユニットを冷却した後の「熱気」が排出されるのかも。

そうだとすると、各部の構造を無駄なく利用していると考えることもでき、望外にいいクルマに仕上がる可能性もありそうです。

a (5)

SC-01の車体構造は「質量集中と軽量化」に重点

このSC-01の車体構造はスペースフレームがメインとなりますが、強度や剛性を維持したまま軽量化を実現したほか、上述のようにマスを集中させることにも注力がなされているといい、それに加えてサスペンションはなんとプッシュロッドという本格派。

これまでに登場した中国のスーパーカーやハイパーカーというと「大きく、やたらと高出力」なものが多く、よってこのSC-01のように「コンパクトで軽量、そして手頃なパワー」というコンセプトはかなり珍しいかもしれません。

a (6)

このSC-01に使用される主要パーツはすべて中国産であり、かつ汎用性が持たせられ、よって輸入スポーツカーのように「パーツ供給の心配をしなくていい」ことも中国のオーナーにとってはメリットだとされており、維持やメンテンナンスコスト、そしてそれにかかわる負担も最小限だとされています。

a (3)

今回、このSC-01のインテリアについて画像は公開されていないものの、軽量化を追求した「極めてミニマル」なものだといい、内外にわたって明確なコンセプトが徹底されたクルマということになりそうですね。

a (4)

合わせて読みたい、中国のスポーツカー関連投稿

さすがは何でもありの中国!長城汽車がスーパーカーとトラックを合体させた、ズバリ「スーパーカーピックアップ」を発表
さすがは何でもありの中国!長城汽車がスーパーカーとトラックを合体させた、ズバリ「スーパーカーピックアップ」を発表

| さすがのアメリカ人でもこの発想はなかったのかもしれない |この記事のもくじ| さすがのアメリカ人でもこの発想はなかったのかもしれない |やっぱり中国の自動車メーカーの考え方は一味違う中国には固定概 ...

続きを見る

中国テックルールズがジウジアーロデザインの3座スーパーカー発表。限定96台

| 実際に発売できるのか? | 中国のベンチャー、テックルールズがスーパーカー「レン」を発表。EVとなりますが充電方法はディーゼルエンジンを回して行うTREV(特許取得済み)。今回発表されたのは3モデ ...

続きを見る

トヨタやホンダと提携する中国自動車メーカー、GACが0-100km/h加速1.9秒のハイパーカー「アイオン・ハイパーSS-R」を発表!2630万円~にて本当に発売するようだ
トヨタやホンダと提携する中国自動車メーカー、GACが0-100km/h加速1.9秒のハイパーカー「アイオン・ハイパーSS-R」を発表!2630万円~にて本当に発売するようだ

| 本当に生産できるのかは疑問であり、そして生産できたとしても売れるとは思えない |この記事のもくじ| 本当に生産できるのかは疑問であり、そして生産できたとしても売れるとは思えない |もはやハイパーカ ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS, 捜狐

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5