ブガッティがコレクターから「1930年代当時のまま、レストアされてない」希少なブガッティ5台を譲り受けたと発表。中には「現存する唯一のモデル」も

>ブガッティ

ブガッティは2035年以降も内燃機関搭載車を製造する意向。「この価格帯のクルマを購入する人は、いかなる犠牲も払うでしょう。自宅に合成燃料ステーションを建設したとしても」

Bugatti | たしかにブガッティを購入する人々がお金のことを気にするとは考えられず、であればブガッティは法規よりも顧客を重視すべきなのかも | それに加え、ガソリンエンジン搭載車の販売を禁止する法規が「緩和」される可能性も考えられる さて、現在のブガッティはリマックと併合され「ブガッティ・リマック」として運営がなされていますが(以前のブガッティ・オトモビルも存続しており、棲み分けがよくわからない)、そのブガッティ・リマックCEO、メイト・リマック氏がいくつか興味深い内容を語っています。 そしてその内 ...

ReadMore

VWがゴルフGTI史上最強、「ゴルフGTIクラブスポーツ」を公式に予告。2台のレース仕様GTIとともに画像が公開され「ニュルに特化した設定がなされる」とも

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWがゴルフGTI史上最強、「ゴルフGTIクラブスポーツ」を公式に予告。2台のレース仕様GTIとともに画像が公開され「ニュルに特化した設定がなされる」とも

Image:Volkswagen | フォルクスワーゲンは様々な手法によって「ゴルフの誕生50周年」を祝うことに | フォルクスワーゲンは「GTI」をひとつのブランドに育て上げようとしている さて、フォルクスワーゲンは先日「ナゾのゴルフGTI」を発表することを匂わせていますが、その発表日が6月1日(当日にニュルブルクリンク24時間レースが開催される)に行われること、その名称が「ゴルフGTI クラブスポーツ」となること、そしてゴルフ史上最も強力なFWDバージョンとして数々のビジュアルおよび技術的アップグレー ...

ReadMore

ザガートが「変形合体によってショート/ロングテールに移行できる」、2つの魂を持つAGTZ ツインテールザガートの実車を公開。製造19台のみ、価格は1.1億円

>ルノー/アルピーヌ

ザガートが「変形合体によってショート/ロングテールに移行できる」、2つの魂を持つAGTZ ツインテールザガートの実車を公開。製造19台のみ、価格は1.1億円

Image:Zagato | ザガートのネームバリュー、オマージュ元、限定台数の少なさを考慮すると、AGTZ ツインテールザガートの価格は納得性の高いものである | もちろんオーダー時には内外装の仕様を自由にオーダー可能 さて、ザガートが(プロトタイプながらも)AGTZ ツインテールザガートを公開。これはアルピーヌA110をベースにザガートが手を加えたコーチビルド車両であり、往年の(ル・マン24時間レースを走った)アルピーヌA220へのオマージュという位置づけを持つスポーツカーです。 そして(プロトタイプ ...

ReadMore

トヨタが「ダカールラリー10連勝」を記念した特別仕様車、ランドクルーザー300 10thビクトリー エディションを中東にて発売。その価格1370万円ナリ

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが「ダカールラリー10連勝」を記念した特別仕様車、ランドクルーザー300 10thビクトリー エディションを中東にて発売。その価格1370万円ナリ

| トヨタはオフロード競技において圧倒的な強さを誇る | 中東ではランドクルーザー300に「4リッターガソリン」も用意されている Image:Toyota さて、トヨタの中東法人(Toyota UAE)がダカールラリー10連覇を記念して、ランドクルーザー300の特別仕様車を導入すると発表。このランクル300特別仕様車は「ランドクルーザー 10th ビクトリーエディション」と名付けられ、ボディサイドのグラフィック、そして18インチホイールにワイルドなタイヤの装着が外観上の特徴です。 なお、販売地域はアラブ首 ...

ReadMore

ブガッティがタイプ55へのオマージュ「シロン スーパースポーツ55 1 of 1」を中東へ納車。細部に至るまでジャン・ブガッティへの敬意が散りばめられる【動画】

>ブガッティ

ブガッティがタイプ55へのオマージュ「シロン スーパースポーツ55 1 of 1」を中東へ納車。細部に至るまでジャン・ブガッティへの敬意が散りばめられる【動画】

| このシロン スーパースポーツ55 1 of 1には、これまでに作られたシロンのスペシャルモデルで培った技術がすべて注入されている | 見れば見るほど綿密に計算されていることがよく分かる さて、ブガッティはシロンシリーズの受注をすべて完了し、現在はその受注分を生産している最中ではありますが、基本的にすべてのブガッティは「オーダーメイド」であり、それぞれの車両にはオーナー思い思いのカスタムが施されています。 そして今回ブガッティが公開したのが「タイプ55」オマージュの内外装を持つ「シロン・スーパースポーツ ...

ReadMore

マスタング60年の歴史上、最も高価な「マスタングGTD」へと購入希望が殺到、北米だけで7,500人に達する。今後ほか地域でも受付が開始され、当選確率はとんでもなく高そうだ

>フォード(FORD)

マスタング60年の歴史上、最も高価な「マスタングGTD」へと購入希望が殺到、北米だけで7,500人に達する。今後ほか地域でも受付が開始され、当選確率はとんでもなく高そうだ

Ford | 現時点でのマスタングGTDの予定生産台数は600~1,400台にとどまっている | なお、フォードGTの場合は生産期間を延長し、生産台数を拡大することで需要に応えている さて、昨年夏に大きな驚きとともに登場したフォード・マスタングGTD。これは325,000ドル(現在の為替レートにて約5100万円)というプライスタグを掲げる”マスタング60年の歴史において最も高価なモデル”ではありますが、その価格の高さはなんら障壁とみなされなかったようで、米国とカナダ向けに募集を開始したてからの37日間に7 ...

ReadMore

調査会社「現在、自動車購入検討者の半数はEVを否定するEV懐疑論者です。ですが、5年後には彼らの50%、9年後には70%、10年後には80%がEV購入を検討するはずです」

■そのほか自動車関連/ネタなど ■自動車各社業績/ランキング/記録等

調査会社「現在、自動車購入検討者の半数はEVを否定するEV懐疑論者です。ですが、5年後には彼らの50%、9年後には70%、10年後には80%がEV購入を検討するはずです」

| EVに関しては「技術」「利便性」「コスト」など、そのほとんどが当初予期されたとおりに推移していない | 加えて「修理」「保険」タイヤの摩耗」など別問題も発生している さて、ここ最近叫ばれるのが「EV需要の鈍化」。これについては「EVが売れなくなった」かのように報じられるものの、実際には「EV市場自体は成長を続けているものの、その成長率が低くなっている」というだけであり、EVの販売台数自体は継続して伸びているわけですね。 なお、成長率が鈍ったことについては様々な理由があるかと思われ、その一つが「キャズム ...

ReadMore

え・・・?日産がフォーミュラEにかける意気込みを「タイヤダストの匂いがする香水」として発表。ちなみにフェアレディZやGT-Rのイメージした香水も販売中

>日産/インフィニティ(Infiniti)

え・・・?日産がフォーミュラEにかける意気込みを「タイヤダストの匂いがする香水」として発表。ちなみにフェアレディZやGT-Rのイメージした香水も販売中

| 世の中には様々な香水が存在するが、とりわけ自動車メーカーからは変な香水が多数登場している | 日産は以前からこうした「ライフスタイル製品」には熱心な部類である さて、過去には「ガソリンの匂い」「髪の毛が焼けるような匂い」など様々な奇っ怪な香りを持つ香水が自動車メーカーから発売されていますが、今回は日産(ニスモ)が「タイヤの香りがする香水」を発表することに。 TopGearによると、この香水は(日本らしく)桜の香り、そして日産らしい(?)タイヤの香りをブレンドしたもので、「スメル・マイ・ダスト(Smel ...

ReadMore

ポルシェ

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェ718ケイマン/ボクスターにちょっと珍しいリコール、「Pレンジに入れて駐車しても勝手に動き出してしまう」。北米では14台のみが対象に

| もともとポルシェのスポーツカーにおけるリコールはさほど多くはない | さらに今回のような「大きな」トラブルは珍しい さて、ポルシェが米国にて718ボクスターと718ケイマン「わずか14台」に影響するリコールを届け出。NHTSA(=National Highway Traffic Safety Administration、米運輸省高速道路交通安全局)へと届け出られた内容を見てみると、対象となるのは2023年7月6日から2024年3月21日までに製造された718ボクスター/ケイマンで、そのうち「一部の」 ...

ReadMore

フェラーリが「NARTオマージュ」の812コンペティツォーネを公開。NARTはフェラーリにはじめてのル・マンの勝利をもたらしたルイジ・キネッティによって設立される

>フェラーリ

フェラーリが「NARTオマージュ」の812コンペティツォーネを公開。NARTはフェラーリにはじめてのル・マンの勝利をもたらしたルイジ・キネッティによって設立される

| フェラーリのカスタムを行おうと考えた場合、その「オマージュ元」には事欠かない | フェラーリは非常に豊かなモータースポーツの歴史を持っている さて、フェラーリが「テーラーメイド」最新作としてシルバーの812コンペティツォーネを公開。ボディカラーはシルバー(カラー名は記載されていないがグリッターっぽい印象)、そしてフロントバンパー下部中央とエアインテーク周辺にはビアンコ・ミッレミリアの縁取りが入ります(このパターンは初めて見たが、ミッレミリアを走ったレーシングカーをイメージしているものと思われる)。 こ ...

ReadMore