その出力なんと950馬力。マンソリーがメルセデスAMG S63Eパフォーマンスのコンプリートカー「P950」を公開、0-100km/h加速は驚異の3.1秒

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

その出力なんと950馬力。マンソリーがメルセデスAMG S63Eパフォーマンスのコンプリートカー「P950」を公開、0-100km/h加速は驚異の3.1秒

Image:Mansory | たとえスーパーカーであっても、このマンソリーP950には信号ダッシュで敵わないかもしれない | その出力に比較すると、その内外装は(マンソリーのな中では)まだ地味な方である さて、マンソリーがメルセデスAMG S63Eパフォーマンスのコンプリートカー、「P950」を公開。マンソリーは少し前にも「880馬力、最大トルク1,490kg」のP880を発表しているものの、今回はさらにその上を行く「950馬力、最大トルク1,565kg」という驚愕のスペックを誇ります。 ちなみに0-1 ...

ReadMore

マンソリーがランドローバー・ディフェンダーの内外装をフルカスタム。ディフェンダーはGクラスやウルスに比較すると安価なだけに「総額」としては抑えられているのかも

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

マンソリーがランドローバー・ディフェンダーの内外装をフルカスタム。ディフェンダーはGクラスやウルスに比較すると安価なだけに「総額」としては抑えられているのかも

Image:Mansory | ある意味では「お得に」マンソリーのカスタムを楽しめていいのかもしれない | ディフェンダーは供給数が多いだけに「カスタム需要」も高そうだ さて、マンソリーがランドローバー・ディフェンダーのコンプリートカーを公開(他のコンプリートカーとは異なり、とくに固有の名称は与えられていないようだ)。現在ディフェンダーは世界中にて「セレブ御用達」認定を受けており、相当数がデリバリーされているようですが、そうなると必ず「他のディフェンダーと同じ仕様では嫌だ」という向きが出てくるものと思われ ...

ReadMore

次世代「電動」Mモデルは自社製モーターに高度な制御を組み合わせることで「これまでに見たものをすべて上回る」。BMW史上最高のパフォーマンスを発揮か

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

次世代「電動」Mモデルは自社製モーターに高度な制御を組み合わせることで「これまでに見たものをすべて上回る」。BMW史上最高のパフォーマンスを発揮か

| BMWは現時点でEVにおいて一定のアドバンテージを持っていると考えていいだろう | もしかすると電動化時代に入ってはじめてBMWは「悲願のスーパーカー」を実現できるのかもしれない さて、BMWはトヨタ同様に「マルチパワートレーン戦略」を採用しており、現在でも新しいガソリンエンジンの開発を継続している自動車メーカーの一つです。その一方で電動化にも積極的に取り組んでおり、直近のニューモデルにおいてはガソリンエンジンに加え電動モデルを用意することも多くなっていますが、ハイパフォーマンスブランド「M」において ...

ReadMore

ついに復活宣言を行ったベルトーネ。モナコにて「1,108馬力、ガソリンエンジンオンリー」のGB110を公開、33台のみ限定にて販売を開始

>その他イタリア車

ついに復活宣言を行ったベルトーネ。モナコにて「1,108馬力、ガソリンエンジンオンリー」のGB110を公開、33台のみ限定にて販売を開始

| 現時点ではGB110の価格についてアナウンスはなされていないが、ごく一部の人しか購入できない価格となるのは間違いない | 今の時代に「ノンハイブリッド、V10」は大きな魅力である さて、ベルトーネが2022年12月に予告していたニューモデル、「GB110」の実車を公開。GB110発表の場はモナコにて開催された「超高級品見本市」トップマルケスで、つまり対象は「数億円」をポンと支払うことができる富裕層ということになりそうですね(現時点ではベルトーネから価格等詳細の発表がなされていない)。 ベルトーネGB1 ...

ReadMore

タグ・ホイヤー×ポルシェ新作が登場。新CEOのもと初めてリリースされるコラボ腕時計はル・マンへのオマージュ、そして新しい手法や技術が満載された価値ある一本に

>ポルシェ(Porsche) ■ファッションや腕時計、雑貨など

タグ・ホイヤー×ポルシェ新作が登場。新CEOのもと初めてリリースされるコラボ腕時計はル・マンへのオマージュ、そして新しい手法や技術が満載された価値ある一本に

Image:TAG Heuer | ポルシェ×タグ・ホイヤー史上、もっとも独自性が高い一本だと言えるだろう | 素材、加工方法、フィニッシュとも満足の行く一本に違いない さて、タグ・ホイヤーが新作腕時計「カレラクロノグラフ × ポルシェ963(CBU2010.FT6267 / 1,155,000円)を発表。これはもちろんポルシェとのコラボレーションによるカレラシリーズ最新作となっていますが、はじめて「963」の名を冠しており、タグ・ホイヤーいわく「耐久レースの世界へのトリビュート」。※限定963本 そして ...

ReadMore

フェラーリ

>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

フェラーリ初のEVの価格は「少なくとも8500万円」との報道。世界中でその価格の高さが指摘されるもボクにとっては「意外と安く設定するんだな」という印象

| フェラーリはこのエレクトリックハイパーカーの生産を絞るはずで、となるとフェラーリはもっと価格を引き上げてもいいはずである | フェラーリは絶対に「バーゲン」を行わない さて、フェラーリの内部関係者がロイター通信に語ったところによると、「フェラーリの新しいEVの価格は少なくとも50万ユーロ」。この50万ユーロというのは現在の為替レートだと約8500万円に相当し、そしてここにオプション等を追加してゆくと乗り出し価格は1億円を超える可能性が出てきます。 ただ、日本だとEVの場合では「環境性能割」が非課税とな ...

ReadMore

映画「キャノンボール」に登場したカウンタックとドライバー役の女優2人が再会を果たす。「当時、まさかこの映画がここまで人気を呼ぶとは思いませんでした」

>ランボルギーニ ■映画や音楽、本、ゲームについて

映画「キャノンボール」に登場したカウンタックとドライバー役の女優2人が再会を果たす。「当時、まさかこの映画がここまで人気を呼ぶとは思いませんでした」

| このカウンタックは当時から2009年までずっと同じオーナーによって保管されていた | 女優2人は「当時、カウンタックを運転したことも、見たこともありませんでした」 さて、ランボルギーニが映画「キャノンボール」の冒頭に登場したカウンタックの45周年を祝うため、そのカウンタック、そして劇中にてカウンタックをドライブしていた女優2人を再会させるという企画を実施。 このカウンタックLP400Sは45年前の1979年11月に製造され、ネロ(ブラック)の外装とセナペ(マスタード)の内装を備えています。 当初はロー ...

ReadMore

マセラティがMC12の20周年を記念しMC12へのオマージュ仕様を持つMC20「イコーナ」「レジェンダ」発表。それぞれ20台のみの限定生産【動画】

>マセラティ

マセラティがMC12の20周年を記念しMC12へのオマージュ仕様を持つMC20「イコーナ」「レジェンダ」発表。それぞれ20台のみの限定生産【動画】

Image:Maserati | マセラティMC12とMC20は驚くほど多くの共通点を持っている | 一方でその生い立ち、そしてキャラクターは全く異なる さて、マセラティがMC12の20周年を記念し、MC20の2つの特別バージョン、「イコーナ(Icona)」 と 「レジェンダ(Leggenda)」 を発表。これらのモデルはマセラティのパーソナリゼーションプログラム、「フオーリ・セリエ」によって製作され、それぞれ20台のみの限定生産となります。 https://www.flickr.com/photos/1 ...

ReadMore

アウディが新型e-tron GT三兄弟を発表、「パフォーマンス」はアウディ史上最強の925馬力を発生するまでに。その中身は大きく進化し、やっぱり「EVは買い時が難しい」

>アウディ(Audi)

アウディが新型e-tron GT三兄弟を発表、「パフォーマンス」はアウディ史上最強の925馬力を発生するまでに。その中身は大きく進化し、やっぱり「EVは買い時が難しい」

| 正直、プレミアムセグメントのEVは新車で購入するとかなり痛い目を見ることになりそうだ | 現在のところ、EVの中古価格は下落に歯止めがかからない さて、ポルシェは少し前にアップデートされたタイカンを発表したところですが、今回はアウディがタイカンの兄弟車であるe-tron GTのフェイスリフトを実施。 内容としては新しいスタイリング、改良されたインテリア、そしてより強力なパフォーマンスといったところに集約され、重要なのは一回の満充電あたりの航続距離が伸び、リアのエレクトリックモーターが軽量化されたこと。 ...

ReadMore

トヨタ「GRの使命は自動車愛好家を守ること、自動車愛好家を笑顔にすること。そのためにはスポーツカーを作り続けます」。しかし単独での開発は難しく、協業の可能性を示唆

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

トヨタ「GRの使命は自動車愛好家を守ること、自動車愛好家を笑顔にすること。そのためにはスポーツカーを作り続けます」。しかし単独での開発は難しく、協業の可能性を示唆

| 協業には賛否あるかとは思われるが、協業なしにはスポーツカーが開発できないという現在の状況を理解する必要がある | 基本的にスポーツカーは多くのパーツが「専用品」でありファミリーカーとの共通性は低い さて、ここ最近GR(GAZOO Racingカンパニー)のプレジデント、高橋智也氏のコメントが取り上げられる機会が増えていますが、今回もまたオーストラリアのカーメディアが「GRブランドにおけるスポーツカーの今後の展開」について報じています。 まず報道によれば、高橋智也プレジデントのコメントは以下の通り。 私 ...

ReadMore