>ポルシェ911関連 ■ニュース

ポルシェ964改、「935風」。レトロな逆行カスタムに飽きたら次はレーシングカー風だ

投稿日:2018/09/25 更新日:

| これでも公道走行可能 |

ドイツのチューナー、DPモータースポーツがポルシェ935を現代に再現する「935DP Ⅲ」プロジェクトを公開。
ポルシェ935は初代ポルシェ911ターボのレーシングモデルとなり、デビューは1976年。
とにかく戦闘力が高く、ド派手なエアロパーツを装着していたことで知られ、1976年型の935/76、その後の935/77、935/2ベイビー、935/78モビー・ディック等のバリエーションが存在。

とくにモビー・ディックはポルシェが「ポルシェのレーシングカー史上、もっとも大きなウイングを持つクルマ」と認めていることで知られます。

ポルシェ公式「ワイルドなリアウイング、トップ5」が動画にて。1位は935”モビー・ディック”

ベースは1992年製のポルシェ965ターボ

なお、935は911ターボのレーシングバージョンと言えども、935そのものの相場は軽く3億を超えており、これをベースに公道走行可能な仕様に「戻す」のはあまりに困難(価格的にも、そして935のオリジナル性を損なうという意味でも)。

ポルシェ「911ターボ」のルーツとなるレースカー、「935」が販売中。3.1億円ナリ

よってDPモータースポーツが選んだのはポルシェ965ターボ(964世代の911ターボ)。
出力は450馬力にまでパワーアップされ、サスペンションはH&Rに変更、そしてホイールはフロント18インチ/8J、リアは18インチ/12.5Jへと拡大させています。

porsche8

近年は964世代の911を「930世代へ」戻すカスタムも人気ですが、こういった「レーシングカー(風)へとコンバート」するカスタムは今後人気がでるかもしれない、と考えることも。

porsche7

ボディカラーはポーラシルバー、そしてそこへグレーやブラックのアクセントが入り、凄みの効いたモノトーン調の仕上げとなっていますね。

porsche

リアのウイングは巨大。
おそらくルーフとドア以外はすべて手が入っているようですね。
リアバンパーにある突起はナンバープレートを照らす「ライセンスプレート灯」だと思われます。

porsche4

エンジンは964ターボそのまま。

porsche6

インテリアも964ターボを踏襲したものですが、シートやステアリングホイールなどは、よりスパルタンなものへと変更されています。
センターコンソールの右横には、当時「自動車電話」が装着されていたであろう台座があり、これは「時代背景」を感じさせるところですね。

porsche3

リアにはロールケージが装着済み。

porsche5

ステアリングホイールは小径、かつ「極太」(逆にポルシェのエンブレムがやたら小さいところが面白い)。
メーターともども「グレー」のアクセントが用いられていますね。

VIA:MirandaMedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.