ちょっとランドクルーザー250買いに行ってくる。現時点で納車2年待ち、数日内には受注を停止する可能性があるもよう。ランクル250の購入条件とは?

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■近況について

ちょっとランドクルーザー250買いに行ってくる。現時点で納車2年待ち、数日内には受注を停止する可能性があるもよう。ランクル250の購入条件とは?

| ひとまず2日後にはランドクルーザー250を注文予定、それまでにオーダーブックが閉じなければいいが | ファーストエディションは拠点に1台のみ、ハナからこれは購入できない さて、ランドクルーザー250が発売され激しい争奪戦が繰り広げられているわけですが、当然ながらぼくもそこへと参戦することに。ちなみに(歴代)ランドクルーザーはぼくにとって非常に気になるクルマではあったものの、今までに所有する機会がなく、しかし今回のランクル250はそのルックスに非常に惹かれていて、よってこのチャンスに乗じてランクルオーナ ...

ReadMore

まさかのブガッティ純正カスタム。トランスフォーマー仕様のヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセがオークションへと登場予定

>ブガッティ ■映画や音楽、本、ゲームについて

まさかのブガッティ純正カスタム。トランスフォーマー仕様のヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセがオークションへと登場予定

RM Sotheby's | てっきり顧客が施した自己流カスタムだと考えていたが | このブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセが中古市場に登場するのは「3度目」 さて、ブガッティは92台のみ「ヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセ(ヴェイロンのタルガトップ仕様、かつアップデート版)」を製造していますが、そのうちの一台「トランスフォーマー」がRMサザビーズ主催のオークションへと登場することに。 こういったヴェイロンが存在することは知っていたものの、ぼくはてっきり「購入後にオーナーが勝手にカスタ ...

ReadMore

トヨタが新型ランドクルーザー250を発表。価格は520万円から、「ランクルの原点に立ち返って本来の使命と役割に忠実に」。ファーストエディションは8,000台限定の狭き門

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが新型ランドクルーザー250を発表。価格は520万円から、「ランクルの原点に立ち返って本来の使命と役割に忠実に」。ファーストエディションは8,000台限定の狭き門

| ランドクルーザー250の月販販売台数は意外と多い2,250台、生産能力は十分だと言えそう | ただし海外でも異常な人気を誇るだけに当面は「長い納車待ち」が続くものと思われる さて、トヨタが待望のランドクルーザー250を正式発表。まずは価格から述べてみると、ディーゼルエンジン搭載車では「ZX(7,350,000円)」「VX(6,300,000円)」「GX(5,200,000円)」、ガソリンエンジン搭載車だと「VX(5,450,000円)」のみ、そして限定8,000台のみの特別仕様車として「ZXファースト ...

ReadMore

75年で最大の豪雨がドバイを襲う。冠水した道路に約4億円のハイパーカー、パガーニ・ユートピアが果敢に乗り出す動画が話題に

>パガーニ

75年で最大の豪雨がドバイを襲う。冠水した道路に約4億円のハイパーカー、パガーニ・ユートピアが果敢に乗り出す動画が話題に

| パガーニのオーナーは「問題ない」と判断したのかもしれないが、さすがにこの状況は見ているこちらがハラハラする | この後、なんら後遺症が残っていないことを願うばかりである アラブ首長国連邦(UAE)とオマーンが大規模な豪雨に襲われたと報告されており、報道によればその降水量は「24時間で、1年間平均して降る雨の約2倍」とのことで、これはなんと過去75年で最大なのだそう(中東は雨が降らないというイメージがあるが、ときどき豪雨に見舞われ、フェラーリ・モンツァSP1/SP2発表イベントの際にも折悪しく大雨が降っ ...

ReadMore

フェラーリが最新のテーラーメイド車両、ロッソ×シルバーの812コンペティツォーネを公開。今までに見たことがないリバリーが新しい

>フェラーリ

フェラーリが最新のテーラーメイド車両、ロッソ×シルバーの812コンペティツォーネを公開。今までに見たことがないリバリーが新しい

Ferrari | フェラーリは豊かなモータースポーツの歴史を誇るだけに、その「引き出し」がたくさんある | オーナーとしてもその「モチーフ」を探すだけで大変なのかも さて、フェラーリが自社のパーソナリゼーションプログラム「テーラーメイド」にて仕上げた812コンペティツォーネを公開。ボディカラーについては触れられていないものの(高輝度塗装のレッドのようにも見える)、コントラストとして用いられるリバリーは「サヌシルバー」だと紹介されており、フロントフード先端部分のフィニッシュが「丸く」なっているところ、そし ...

ReadMore

オメガよりパリ 2024 オリンピック記念スピードマスター「クロノスコープ パリ 2024」4モデル登場。大会のイメージカラーである「白、黒、金」を再現

■ファッションや腕時計、雑貨など

オメガよりオリンピック記念スピードマスター「クロノスコープ パリ 2024」4モデル登場。大会のイメージカラーである「白、黒、金」を再現

| ロレックス コスモグラフデイトナが高くなりすぎた今、割安感を感じるスピードマスターが狙い目かも | この「クロノスコープ」は適度なレトロ感がなかなかナイス さて、パリ オリンピックの公式タイムキーパーを務めるオメガより「2カウンター、ケース径43ミリ」のスピードマスター、”クロノスコープ パリ 2024”が発表されることに。ラインナップとしては「ステンレススティールケースにステンレススティールベルト(1,518,000円)」「ステンレススティールケースにレザーストラップ(1,463,000円)」「ムー ...

ReadMore

トヨタがプリウス13万台に対してリコールを実施。「洗車などで侵入した水でドア開閉スイッチがショート、最悪の場合は走行中にドアが開いてしまう」

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがプリウス13万台に対してリコールを実施。「ドア開閉スイッチがショート、最悪の場合は走行中にドアが開いてしまう」→受注停止に

| 対策パーツの入手ができるまでは当面「スイッチ開閉をキャンセルし、手動の開閉に切り替わる | さすがにこの問題は事前に予見することが難しかっただろう さて、トヨタが新型プリウス135,305台にリコールを届け出。対象となる制作期間は令和4年11月24日~令和6年4月3日となっており、問題の箇所は「後部ドアアウターハンドル」。トヨタが問題把握したのは「市場からの情報」とあり、つまりはユーザーからの報告によるものだと思われ、実際に発生した不具合は3件、これによる事故はゼロ。 対策としてはドアハンドルスイッチ ...

ReadMore

ポルシェがさらに「ペピータ」推し。今度はスイスの家具メーカー、ヴィトラとのコラボにてイームズチェア含む3つの椅子を限定販売

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェがさらに「ペピータ」推し。今度はスイスの家具メーカー、ヴィトラとのコラボにてイームズチェア含む3つの椅子を限定販売

| ポルシェはここ最近、ペピータに再注目し熱い視線を投げかけている | 日本だと「ポルシェとペピータ」という組み合わせにはあまり馴染みがなく、なかなか新鮮に感じられる さて、ポルシェはつい先日、千鳥格子(ペピータ)がポルシェにとっていかに重要な存在であるかを示すコンテンツを公開したところですが、今回はスイスの家具メーカーであるヴィトラと提携し、ポルシェが実際に車両に採用するペピータを使用した椅子「3モデル」を4月22日に発売すると発表。 この3モデルはローリングデスクチェア、回転アームチェア、プラスチック ...

ReadMore

メルセデス・ベンツ

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデス・ベンツがEV用レンジエクステンダーを検討し試作するも「販売台数、製造コストの高さから採用を見送る」もよう

| レンジエクステンダーは航続距離伸長のひとつの解決策ではあるが、効率という点では妥協であるとも考えられる | おそらくメルセデス・ベンツは「EVとしての効率」を追求すべきと考えたのであろう 報じられるところによると、メルセデスベンツはレンジエクステンダーEVの計画を撤回し、代わりに簡素化されたエレクトリックドライブトレインに焦点を当てる、とのこと。レンジエクステンダーEVとは、(駆動力としては機能しない)発電のみを担当する内燃機関を搭載し、これによって発生させた電力を用いてエレクトリックモーターを駆動さ ...

ReadMore

ホンダが中国にてランボルギーニっぽいヘッドライトを持つEV新シリーズ、「Ye」を発表。ホンダは中国での独自路線色を強める

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが中国にてランボルギーニっぽいヘッドライトを持つEV新シリーズ、「Ye」を発表。ホンダは中国での独自路線色を強める

| ホンダ「Ye」は中国で好まれる「丸い」デザインを採用せず、ホンダらしいシャープなラインを採用 | ホンダは中国市場でのラインアップを「2035年までに」完全電気自動車のみに置き換える計画を持っている さて、ホンダの中国法人が今月に開催される中国モーターショー(北京国際自動車展示会)にて発表する新型電気自動車「Ye」シリーズをオンラインにて先行公開。これらの新型車は、すでに中国で販売されているEVラインナップ「e:Nシリーズ」に加わり、年末までに販売が開始される予定だとアナウンスされていますが、中国にお ...

ReadMore