>ミニ(MINI)

クラシックミニをEVにコンバートする会社が現れた!ただしお値段1100万円、航続可能距離は201キロ

投稿日:

よほどのミニ好きでないと手は出せない

イギリスのエレクトリックパワートレーンメーカー「SWINDON(スウィンドン)」がクラシックミニをEVにコンバートし限定販売する、と発表。
文字通りミニの車体にバッテリーとモーターとをインストールするもので、その名称は「SWIND E classic mini」。

シティコミューターとしての計画となり最高速や加速を追求したものではありませんが、ボディは完全にレストアされるためにボディカラーは6色用意される中から自由にえらぶことができ、「コントラストカラールーフ」も選択可能。

どう考えてもこの価格設定では売れそうにない

ただ、このスウィンド E クラシック・ミニにはちょっと問題があって、その価格が「1100万円」であること。
この価格であればテスラ・モデルXやモデルSなど、もっと利便性が高く、自動車としてもEVとしても性能が高い製品を購入することができ、よって今回のSWIND E クラシックミニ」を購入する理由は「ミニだから」ということになりそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、スペックは下記の通り。
おそらくは航続可能距離を延長するためだと思われますが、エアコンは「オプション」扱い。

ボディサイズ:全長3050ミリ、全幅1560ミリ
重量:720キロ
乗員:4名
前後重量配分:57:43
充電時間:4時間
航続可能距離:201キロ
最高速度:130km/h
0-100km/h加速:9.2秒
画像に含まれている可能性があるもの:車、木、屋外

なお、クラシックミニは日本だけではなく、本国である英国においても高い人気を誇りますが、EVではなくガソリンエンジン搭載の「レストモッド」版としてのミニ「ミニ・リマスタード」や、レストア済みのミニほホワイトボディが販売されるなど、様々な選択肢が提示されているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

インテリアは至ってシンプルで、センターコンソールにはシフトレバーが一本生えているのみ(おそらく前進と後退とを切り替えるものと思われる)。

写真の説明はありません。

メーターはセンターに「ひとつ」だけ。

写真の説明はありません。

見た目は「まんま」クラシックミニですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ほかにもある、ミニの現代風解釈やレストアモデル

やはりミニの現代風解釈で有名なのは「ミニ・リマスタード」。
イギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブが台数限定でクラシックミニをレストモッドしたもの。

そしてこちらはクラシックミニのボディを「新規製造」するもの。
レプリカではなく、ちゃんとしたライセンス品です。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ミニ(MINI)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.