■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RRにキタコ製ステムキャップ/フレームキャップを取り付ける!ちょっと派手で下品になった件

投稿日:2020/02/03 更新日:

| アルマイトパーツは気をつけないと下品になりがちだ |

さて、久々にホンダCBR250RRのカスタム。
今回は「見た目だけ」のドレスアップパーツとなり、装着したのはキタコ製「ステムキャップ」「フレームキャップ」。
どちらも、もともと付いている樹脂製のキャップを外し、これらと入れ替えるのみというお手軽カスタムです。
ここでそれぞれのパーツの交換方法、交換前後の様子を見てみましょう。

キタコ製ステムキャップはこうやって取り付ける

まずはステムキャップ。
フレームキャップともども、CBR250RR購入前から「こういった製品が存在する」ことは把握していましたが、つい最近までは「あまりにアルマイトパーツを増やしてキラキラさせるのものなあ・・・」と考えて取り付ける予定がなかったパーツ。
ただ、しばらくCBR250RRに乗っているうち、どうしても目に入るステムキャップの「樹脂っぽさ」に我慢ができなくなり、フレームキャップともどもの交換と相成っています。

L1200094

なお、カラーバリエーションはこのゴールドの他、「シルバー」「レッド」「ブラック」が存在。
もともと「そこまでキラキラさせようとは考えていなかった」ためにブラックを選ぼうとも考えていたのですが、交換前後で見た目がほぼかわらないのも面白くないと思い、ほか部分にも使用しているゴールドを選択しています。

L1200095

そしてステムキャップは、ステムとキャップとの間に先の細いマイナスドライバーや、自動車用の内装外し、もしくはヘラのようなものを差し込んでこじれば浮いて来るので、その状態から思いっきり手で引っ張ればスポンと外れます。
その後はキャップにOリングをはめ、パーツクリーナを塗布した後にキャップをステムに押し込むだけ。

L1200103

こちらは外したキャップ。

L1200104

ちなみにステムの中はけっこうサビていて、556などを染み込ませたティッシュやウエスでサビを落としておいたほうがいいかも。

L1200106

こちらが交換前。

L1200102

こちらが交換後。
交換前は樹脂、交換後はアルミになるので、見た目の質感がぐっと向上しています。

L1200113

キタコ製フレームキャップはこうやって交換する

そしてお次はフレームキャップ。
交換の手順としてはステムキャップと全く一緒で、もともとフレームにはまっている樹脂製のキャップを引っ張って外し、その後キタコ製キャップにOリング装着→パーツクリーナー塗布→フレームにはめ込む、という手順。

ただし純正キャップはかなりきつくハマっているので、テコの力を利用できる内装外しを使用すると便利。

L1200135

そしてはめ込むときもやはりタイトなので、キャップになにかを当て、ハンマーでキャップの周囲を順番に叩いてはめ込むと良さそうです(ゴムハンマーがあればベター)。

L1200139

こちらが交換前。

L1200130

こちらは交換後。
やはり大きく質感が増していますが、遠くからでも目に入りやすいパーツでもあり、けっこう満足感は大きい、と感じています。

L1200138

その他、こんな部分もゴールドに

このほか、当初の計画に従ってこういった部分もアルマイトゴールド化。
ハンドルバーのエンド部、ブレーキレバーの一部もゴールドに。

L1200115

スクリーンを固定するボルトもゴールド。

L1200116

バルブキャップもゴールド。

L1200119

反面、ナンバープレートを固定するボルトは「キラキラ」を避けてアルマイトブラックに。

L1200117

エンジンスライダーもブラック。

L1200146

正直言うと思ったよりも悪目立ちするような仕上がりになってしまい、「ブラックのほうが良かったかも」とちょっと公開。
よって今のところこれ以上ゴールドの部分を増やす予定はありませんが、今回のステムキャップ/フレームキャップ同様、「ふと思い立って」どこかをゴールド化するかもしれません(あとはバックステップとタンデムステップくらいか・・・)。

L1200150

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■バイク(自転車/自動二輪), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.