>その他アメリカ車

レズバニが”世界で最もタフな”SUV、「タンク」の最新画像公開。「レズバニ」ってどんなメーカー?

投稿日:2017/09/28 更新日:

セレブ御用達のスーパーSUVとなること間違い無し

 

ミュージックビデオに多数登場しそうな予感

レズバニ・モータース(Rezvani Motors)がSUV"タンク"を開発中と報じられていましたが、今回そのフロント部分の画像が公開に。
タンクは本格オフローダーを標榜しており、ラダーフレームにボディを載せるというトヨタ・ランドクルーザー同様の手法を採用すると同時に、トラベルの大きいカスタムサスペンション、巨大なオフロードタイヤを装着する、とされています。

エンジンは6.4リッターV8で500馬力を発生し、オプションでナイトビジョンカメラ、防弾機能を備えた装甲を選択可能、とのこと。

レズバニCEOによると「ラグジュアリーでオフロード走行性能を併せ持った車を作りたかった」としていて、ハマーブランドが消滅した今、西海岸ラッパーやセレブにとっては非常に魅力的な選択肢となりそう。

なお、同様のコンセプトを持つ車としては「ダーツ・プロモーション」からも発売されていましたが、レズバニ・タンクのほうがよりアグレッシブなルックスを持つことになりそうですね。
「高い走行性能を持つ」「エクストリームな外観」という点ではポジション的にザルーク・サンドレーサーにも近そうです。

レズバニ・モータースって?

レズバニ・モータースはイランからの移民であるフェリス・レズバニ氏がアメリカで立ち上げた自動車メーカーで、まずはアリエル・アトムをベースとし、ホンダ製の2.4リッターVTECエンジンを搭載した車を発売したところからスタート。
ただしカーボンファイバー製の外装を採用したためにコストが非常に高くなってしまい、しかしその「こだわり」が逆に評価されてラインアップ拡大を続けてきたメーカーでもあります(当初は価格が高く、”誰が買うのか”と言われたものの、本当に何が起きるかは予測できない)。

現在はスパルタンなスポーツカー「ビースト」数モデルを展開するにとどまりますが、レズバニ氏自身も「極力電子制御をなくし、ステアリングホイールから指先に伝わるわずかなフィードバックからも車の挙動を感じ取ることができるような」車を目指した語っていて、電子デバイスによるドライバーズエイドが氾濫する現代だからこそ、こういったシンプルな車がエンスージアストに受け入れられたのかもしれませんね。

なおこれは少量生産メーカだからこそ許された仕様ともいえ、加えてどの車にも似ていないエクストリームなデザインが「ハードコアな仕様」とマッチしており、相乗効果によってその存在をさらに強調したものと思われます。※現代において、いかに性能が優れようとも地味な外観では消費者に訴求できない

今回画像の公開された「タンク」は一見すると「ビースト」とはかけ離れた車のようにも見えますが、フェリス・レズバニCEOいわく「世界でもっともタフな車だ」としており、ビーストが世界で最も優れたドライバビリティを持つスポーツカーとして設計されたのと同様に、同氏のこだわりがオフローダーとして再現された車だと考えられます。
つまりは「オンロード」「オフロード」の差はあれど、「究極」を目指すという姿勢は変わらず、タンクもまた多くのファンを獲得しそうですね。

関連投稿:レズバニが何を思ったかSUV発売。レトロフューチャーなルックスで2017年末に登場

「ビースト」で有名なレズバニが新たに「SUV」を発売する計画を公表。
レズバニ・ビーストは軽量な2シーターライトウェイト・スポーツカーなので全く異なるカテゴリへの進出ということになりそうです。
なおレズバニの購入層は「車好き」というよりは「ガジェット好き」が多そうで、かつクリス・ブラウンが購入したこともあり「ラッパー」も多そう。
となるとラッパーに人気が出そうなイカツイSUVを投入するというのはビジネス的にも理にかなっている選択ともいえますね。

今回のSUVの呼称についてはシンプルにボディ形状を表す「レズバニSUV」とされていますが、市販時には変更の可能性も。
なお現在レズバニは返金可能な予約金(1000ドル)の受付とともに予約を開始しており、納車は2017年末から、としています(となるともうプロトタイプは完成していると思われる)。

現在公開されているのはデザインイメージのみで、これを見るとFJクルーザー、新型フォード・ブロンコ、新型ランドローバー・ディフェンダーのような「今風レトロ」なデザインのように見えますね。

スペックも同様に不明ではあるものの、ジープ・ラングラーのように「フレームの上にボディを載せる」という伝統的なオフローダーらしい手法を採用する、とも。
この方法だと将来的なカスタムやエンジン/ドライブトレーンのアップデートを行いやすく、少量生産メーカーにとっては利益を出しやすいのでしょうね。

その他はパワフルな「X」バージョンが存在すること、乗員は5名の設定となること、オンデマンド式の4WDを採用すること、本格的なオフロード走行対応のサスペンションを持つこと、が明かされています。

エンジンについても情報はありませんが、レズバニの最新モデル「ビースト・アルファ」はコスワースチューンの2.5リッター4気筒スーパーチャージャー付きエンジン(400馬力)を採用しており、おそらくはこれを(重量の重い)SUV向けに調整して搭載するのでは、と見られています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.