>マツダ(MAZDA)

マツダ「会社100周年の2020年までにロータリースポーツは出せない。そのためのお金がないから」

投稿日:

-2020年のマツダ100周年までには新型スポーツカー登場があると見られていたが-

mazda rx vision マツダ ロータリー RXヴィジョン

2017年はロータリーエンジン搭載車発表50周年、2020年はマツダの100周年に当たり、この間に「新型ロータリーエンジン搭載スポーツカー」が登場するのでは、というのがもっぱらのウワサ。
ところがマツダの藤原清志常務執行役員(スカイアクティブの開発責任者)がメディアのインタビューに応じたところによると、「2020年までには登場しない」とのこと。

こちらは今回のインタビューとは別のものですが【イノベーターズ100インタビュー「マツダ株式会社 藤原清志常務執行役員」

「2020年にロータリースポーツを登場させるだけの資金がない」

その理由としては、「2020年まで、我々にはRX-VISION(ヴィジョン)を市販化するための資金がない。開発、そしてプロモーションにかかる資金だ」とのこと。

この背景として、マツダは最近新型エンジンを核とした「SKYACTIV-X」を押し出しており、ここに資本を集中させる必要がある、という事情が存在するようですね。
経営的に「選択と集中」を行うことになりますが、この成功無くしては次のステップに進むことができず、成功した後にロータリースポーツカーを開発していては「100周年に間に合わない」と語っています。

それでもロータリースポーツは開発中。ガソリンエンジン、ハイブリッドの2タイプが存在

ただ、同じくマツダの人見光夫常務執行役員によると「2019年にロータリエンジンはレンジエクステンダーとして復活」と明言しており、加えて「ロータリーエンジン搭載スポーツカーの開発も進めている。いくつかの(規制のない)地域ではロータリーエンジンのみ、規制のある地域ではハイブリッドと組み合わせて発売」と述べているので、「いつかは」ロータリースポーツが登場する、とは思われます。
要はそれが「いつ」なのか、ということになりそうですね。

あわせて読みたいロータリーエンジン関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マツダ(MAZDA)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.