>マセラティ(Maserati) >その他イタリア車

イタリア名門カロッツェリア、「トゥーリング・スーパーレッジェーラ」がマセラティベースのレトロな車を発表

投稿日:2018/03/11 更新日:

| かつてのイタリア製ハンドメイドGTを再現 |

ミラノ拠点のカロッツェリア、ツーリング・スーパーレッジェーラがマセラティ・グラントゥーリズモベースのカスタムカー、「Sciadipersia」を発表。
ツーリング・スーパーレッジェーラによると「現代のトレンドをちょっと感傷的に表現した」とのことで、たしかに「レトロな雰囲気も。

イメージはオリエント急行

ボディカラーは「晴れ渡った夜空」をイメージした「オリエント・ナイト・ブルー」。

touring-superleggera-sciadiapersia10

なお、トゥーリング・スーパーレッジェーラ(Touring Superleggera)はかつての「カロッツェリア・トゥーリング(1928年創業、1966年廃業)」とは別会社とされますが、名称の使用権を受けて2006年に活動を開始。※ツーリング・スーパーレッジェーラは社歴として旧カロッツェリア・トゥーリングの業績を掲げているので完全に無関係ではない?

touring-superleggera-sciadiapersia9

カロッツェリア・トゥーリングはかつて超軽量構造「スーパーレッジェーラ(スーペルレッジェーラ)」を開発したことで知られ、アルファ・ロメオ 8C 2300、BMW 328、フェラーリ340 MM スパイダー、アルファロメオ・1900C スーパースプリント、マセラティ3500GT/5000GT、アストンマーティンDB4、ランボルギーニ350GT/GTV/400GTなどの製造を行ったことでも有名。

touring-superleggera-sciadiapersia3

しかしながら業績が悪化し1966年に廃業したものの、スタッフの多くは別のカロッツェリアへ移ってランボルギーニのボディ製造を続けたとされ、ランボルギーニがのちにガヤルドにて「スーパーレッジェーラ」を名乗ったのものこういった経緯と多少なりとも関係がありそう。

touring-superleggera-sciadiapersia2

ツーリング・スーパーレッジェーラは、この「Sciadipersia」を実際に生産して販売するとのことで、半年ほどあれば納車できるようですね。

touring-superleggera-sciadiapersia5

スタイリングはかなりエキゾチックで、とくにリアは「イタリアでないとできない」デザインだといえそう。

touring-superleggera-sciadiapersia6

内装の構造はマセラティ・グラントゥーリズモを踏襲するものの、ダッシュボードやシートは高級なイタリアンレザーにて張り替えられ、ブラッシュド・アルミニウムの使用など「古き良き時代のGTカー」っぽい雰囲気も。

touring-superleggera-sciadiapersia8

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マセラティ(Maserati), >その他イタリア車
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.