■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。 こちらもオススメ、関連投稿2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後 ...

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かっ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRのカスタム第二弾。前回はETC車載器やフロントスクリーン、ビレットレバーなどを紹介しましたが、今回はそれに続くカスタムを紹介してみたいと思います。まずはアクラポヴィッチ(AKRAVOVIC)製マフラー。CBR250RR用のアクラポヴィッチ製マフラーには「競技用」と「合法(JMCA認定)とがありますが、ぼくが取り付けたのは「合法」アクラポヴィッチ。早朝や深夜に出入りすることがあるということ、そもそもマフラー交換は音量を変えたいわけではなく見た目の変化を求めたこと、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは毎年こういったイベントを開催しており、そのイベントにて「研修生が製作したカスタムカー」を公開するのもまた通例。フォルクスワーゲンは毎年ゴルフのカスタムカーを公開することでも知られていますね。 VWが毎年恒例の「GTI祭り」に380馬力のゴルフGTI、400馬力のゴルフRを出展。このまま市販して欲しいレベル こ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。AM-RB003はその名からもわかる通り、「AM-RB001」ヴァルキリーに次ぐハイパーカー。※002が欠けているのは、ヴァルキリーAMR Proが”002”に該当するからだと思われるそしてヴァルキリー同様にレッドブル(RB)が開発に参加し、ヴァルキリーとの強い共通性が感じられるデザイン、そしてミドシップレイ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2 CSのインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore



>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について

アルファロメオ・ステルヴィオを見てきた!そのつくり、考え方はまんま「スポーツカー」

投稿日:2018/07/14 更新日:

| アルファロメオはたゆまぬ進化を続けている |

さて、発表されたばかりのアルファロメオ・ステルヴィオを見に「アルファロメオ北大阪」さんへ。
ステルヴィオの発売は7/21からですが、一足お先の公開となります。
まず発売されるのは「ニュル最速」のSUVという称号をもつ「クアドリフォリオ」ではなく、2リッターターボエンジンを搭載するモデル。
「アルファロメオ・ステルヴィオ・ファースト・エディション(Alfa Romeo Stelvio First Edition)」として限定400台、価格689万円にて販売されることになります。

アルファロメオ・ステルヴィオ・ファースト・エディションのボディカラーは「アルファレッド」「アルファホワイト」「ストロンボリ グレー」「ブルカノ ブラック」の4色。
主要標準装備としては専用20インチ55ツインスポークアルミホイール、レッド仕上げブレーキキャリパー、プレミアムレザーシート、ウッドパネル(ウォールナット/グレイオーク)等、とアナウンスされています。
アルファロメオによるステルヴィオの製品ページはこちら








アルファロメオ・ステルヴィオのスペックは?

ステルヴィオのスペックは下記の通り。
プラットフォームはジュリアと同じ「グリージョ(グリジオ)」ですが、ボディサイズが若干拡大されることに。

駆動方式は4WDで、このシステム「Alfa Romeo Q4」は前後トルクスプリット式となり、フロントに最大60%、リアには最大100%の駆動力を分配可能。
オンデマンド方式なので「必要なタイヤに必要なトルクを配分する」方式ですね。

「ステルヴィオ」のネーミングについては、アルファロメオによると「ステルヴィオのモデル名は、イタリア北部のアルプス山中にあるステルヴィオ峠に由来します。アルプスの峠として2番目に高いステルヴィオ峠は、計48か所のヘアピンカーブがあり、モータリストの聖地として広く知られています」とのこと。

アルファロメオ・ステルヴィオ
ボディサイズ:全長4690ミリ 全幅1905ミリ 全高1680ミリ
エンジン:2リッター ツインスクロールターボ
出力:280馬力
トランスミッション:8速AT
車体重量:1810kg
駆動方式:4WD
燃費:リッターあたり11.8キロ
0-100キロ加速:5.7秒
価格:698万円

アルファロメオ・ステルヴィオの外装を見てみよう

アルファロメオ・ステルヴィオのジャンルは、ひとことでいうと「クーペスタイルSUV」。
全体的なフォルムは同じグループに属するマセラティの「レヴァンテ」によく似ていて、前後フェンダーの盛り上がりを強調したマッシブなデザインですね。

L1040241

フロント、リアともにバンパーの出っ張りがなく、最大限に「ボディそのもの」を延長したデザイン(正確には車体自体が長いというよりは、前後バンパーを車体と共通したデザインとすることで車体の一部に見せている)。

L1040240

これによって可能となるのは、「フロントを長く」見せることができるのでより”ロングノーズ・ショートデッキ”つまりスポーツカーっぽく見えることと、リアも長くなるのでサイドのエア剥離において有利になること(ロングテール化と同じ)、そしてリアオーバーハングの長さに余裕が出るのでリアウインドウの後端をギリギリ後ろまで持って行けるため、リアウインドウの傾斜を緩くできること(よりクーペっぽく見え、かつリアウインドウの前端も後ろにずらせるので荷室にも余裕が出る)。

↓リアフェンダーはかなりモッコリ。これだけ盛り上がっているSUVは(レヴァンテを除くと)ほかにない

L1040199

そう考えると、ステルヴィオのデザインは実用性とルックスとを両立させることができるよう、相当によく考えられたものだということがわかります。

そしてもう一つ特筆すべきは、「リアクオーターウインドウがない」ということ。
正確に言えば「あるにはある」のですが、それはドア側についていて、多くのサルーンやSUVのように車体側ではなく、これがステルヴィオをより一層スタイリッシュに見せているということですね。

↓こんな感じでリアはテールゲートからバンパーまでの出っ張りがない

L1040234

そのぶんCピラーの面積を多く取ることが可能で、これもまたスポーツクーペっぽく見せている一つの要因とも考えられます(アウディQ2やBMW X2でもCピラーを太くとってスポーティーに見える演出がなされている)。

イタリアでは「家族持ち」っぽく見られることを極端に嫌う傾向があると言われ、そのためにハッチバックやセダンでも「2ドア」っぽく見せるための工夫が好まれていて、よってアルファロメオも古くから「後部ドアのハンドルを隠したり」していますが、ステルヴィオもとにかくデザインにこだわったSUVであり、しかし実用性を犠牲にしていないのは素晴らしいところでもあります。

↓擬似ロングテール化されていることがわかる「段差」

L1040196

↓フロントもグリルとバンパーが一体化

L1040222

ドアミラーはジュリアと同じようにも見えますが、ちょっと大きいようにも思えます。
かなりスタイリッシュな形状を持ち、ここも「所帯くさくない」イメージを出しているところ。

L1040200

リアアンダーは平坦で、全体的に「オフロードっぽさ」を出していないのが印象的。
他メーカー、たとえばBMWだと最近は「凸凹」のある前後バンパー下部やサイドステップを装着していますが、ステルヴィオはあえてそれを行わず、全体的に「滑らかな」デザインを持っており、そこが都会的なイメージを演出する源となっているようですね。

なおフロアは「フラットボトム」で、空力を重視している、ということもわかります。

↓マフラーエンドは非常に太い

L1040193



アルファロメオ・ステルヴィオの内装を見てみよう

ステルヴィオのインテリアの多くはジュリアと共通ですが、ダッシュボードはステルヴィオのほうがスポーティかも。
ジュリアでは左右が連続したダッシュボードのラインを持つものの、ステルヴィオの場合はメーターフードが「タコメーター」「スピードメーター」それぞれの形状にあわせて盛り上がっていて、これは運転席からも確認できるために「かなり気分が盛り上がる」要素だと思います。

L1040235

パドルはフェラーリかと見まごうほどのロングタイプ。
ステアリングホイール、エアコン吹き出し口、各種スイッチにはマット超クロームの加飾付きで高級感が感じられますね。

L1040227

快適装備としてはレザーシートのほか8ウェイパワーシート(前席、運転席メモリー付)、レザーステアリング、ヒーテッドステアリング、オーディオ/インフォテインメントシステムにはハーマンカードン・プレミアムオーディオシステム、そして「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)を採用し、Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応。

L1040185

安全装備としては歩行者検知機能付前面衝突警報(FCW)自動緊急ブレーキ(AEB)、レーンデパーチャーウォーニング(LDW)、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、ブラインドスポットモニター(BSM)等を標準装備する、と公表されています。

荷室はこんな感じで巨大。

L1040214

エンジンの始動はステアリングホイールにあるスタート/ストップボタンにて。
こういったところも「スポーツカー以上にスポーツカーらしい」ところですね。

L1040178

リアシートは「スタジアムシート」、つまり前席よりも高く見晴らしが良くなっています。
車体側にリアクオーターウインドウがないことへの配慮だと思われ、乗員全てが気持ちよく乗れるように考えられているのだと思います。

なお、リヤシート座面の角度は「後ろ下がり」となっていて、すっぽり体が収まり、体が前に滑らないように。
このあたりも「スポーツ走行」を意識してのことなのかもしれません。

L1040188

全体的に見て思ったのは「アルファロメオをSUVだと考えて作っていない」ということ。
つまり空力(カテゴリではトップクラス)や各部のつくり、デザイン、そして「なぜそうなったのか」ということを推測してゆくと、やはりこれは「スポーツカーとして」考え、設計されたのだと考えて良さそうです。

アルファロメオ・ステルヴィオを見に行ったのはアルファロメオ北大阪

これまでもアルファロメオ4Cやアバルト124スパイダーほかの試乗でお世話になっていますが、いつも親切にしていただき、大変感謝。
アルファロメオ・ステルヴィオの展示車そして試乗車も用意しており、自動車愛溢れるスタッフが出迎えてくれます。

アルファロメオ北大阪

〒563-0034 池田市空港1-12-3
TEL 06-6857-7888

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), ■近況について
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.