>ブガッティ(BUGATTI)

【動画】ブガッティ創業者の弟の名が付与された限定モデル「ヴェイロン・レンブラント」。オーナーの俺がその内外装を紹介しよう

フロントグリル、エンブレムはプラチナ製 先日、自身が所有する「5台の」メルセデス・ベンツSLRマクラーレンを公開したアメリカの大富豪、Manny Khoshbin(マニー・コシュビン)氏。今回は自身のブガッティ・ヴェイロン・レンブラントを紹介する動画を公開。同氏はYoutubeチャンネルを持ってはいるものの、これまでに動画の公開本数は多くなく、しかし先日突如として自身のコレクションを紹介する動画をアップし、今回は矢継ぎ早に第二段をリリースしています。この様子だと他のスーパーカー/ハイパーカーたちも続々と動 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!ツーリングに雰囲気や参加したクルマはこんな感じ

ランボルギーニのツーリングは思っていたよりもアットホームだった さて、ランボルギーニのツーリングレポート、今回は最終編。ぼくは10年ランボルギーニ乗っている割に、ランボルギーニのツーリングにはじめて参加するわけですが、その印象は思っていたよりもずっとアットホームで紳士的。ランボルギーニといえば強面の人が乗っている印象があるものの、実際はそういったことはなく、オーナーさんは皆気さくな人ばかりで、自分のクルマに対しても開放的だと感じました。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

あのクルマは何位?「インスタグラムに最も投稿されている」クルマランキング。GT-Rは3位、BMWが強くベンツは不人気。意外にフェラーリも少なかった

ポルシェ、ランボルギーニは多く、マクラーレンは少なかった 先日、「世界で最も検索されているクルマ」ランキングをお届けしましたが、今回は「インスタグラム上でもっとも投稿の多い」車ランキング。これはVeygoが世界中から投稿された内容(ハッシュタグ)をもとに集計したもので、その結果が30位までまとめられています(参考までにぼくのインスタグラムアカウントはこちら)。 世界で最も検索されたスーパーカーは「アウディR8」!以下「ブガッティ・シロン」、ランボルギーニ・アヴェンタドール、ヴェイロン、ウラカンの順。日本で ...

ReadMore

■このサイトについて >アストンマーティン(Astonmartin)

その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラストを公開。2台ペアで19セットのみが販売に

ザガート100周年記念、そしてアストンマーティンとザガートとの関係継続60周年記念 先日、アストンマーティンが「ザガート100周年、そしてザガートとアストンマーティンとの提携60周年」を記念した「2台セット」の限定シリーズ、DBZセンテナリー・コレクションを発売すると発表しましたが、今回はさらに一歩進んだレンダリングを公開。ちなみにこの「2台」とは「DBS GT Zagato(DBS GTザガート)」と「DB4 GT Zagato Continuation(DB4 GTザガート・コンティニュエーション)と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

その価格2億3000万円!新型トヨタ・スープラ1号車が完成。生産ラインもBMWと同じ?

スープラの後ろに並ぶのは新型BMW Z4 トヨタより、新型スープラ第一号車がラインオフした、との発表。実際にラインオフしたのは3月上旬とのことなので、現在は続々新型スープラが生産されているということになりますね。なお、生産工場はオーストリアにある「マグナ・シュタイヤー」の保有するグラーツ工場(Magna Steyr Graz Plant)。先日は、新型スープラを輸送するトラックも目撃されており、全世界に配備中といったところなのだと思います。 新型トヨタGRスープラを輸送する姿が目撃に。ボディカラーは3色、 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型Z4を国内販売開始。スープラと同じエンジンを積む「Z4 M40i」の価格は835万円、ボディカラーは3色のみ

同時にマット仕上げの限定モデル、「M40iフローズングレー」も発売 BMWが日本においても新型「Z4」を発売。新型BMW Z4はトヨタGRスープラと同じくオーストリアのマグナシュタイヤーにて生産される「スープラの兄弟車」としての注目を集めていますね。 今回、BMWジャパンが発表した新型Z4のサマリーは下記の通り。※BMWによる新型Z4のコンテンツはこちら 時速50キロまでであれば、わずか10秒で開閉可能なソフトトップ高い俊敏性を実現させるボディバランス新世代のエンジン、サスペンションを装備AIを採用した最 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリP80/C発表!目的は「究極のパフォーマンス」、フェラーリのワンオフモデル史上もっとも長い時間をかけて作り上げた「これ以上はない」エクストリームな一台

ベースはフェラーリ488GT3、タイムを出すこと以外は考えていない フェラーリがスポーツ・プロトタイプ・コンセプトとして「P80/C」を発表。これは顧客の要望によって作られた一台限りの完全ワンオフモデルであり、顧客とフェラーリとがガッチリとタッグを組んで作り上げた「フェラーリ史上もっともエクストリームなクルマ」、かつサーキット走行専用としてのリリースです。なお開発スタートは2015年とされ、このP80/Cはフェラーリのワンオフ史上、もっとも開発に時間がかかったモデル、とも公表されています。 こちらもオスス ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■ニュース

国産車ディーラーは見込み客管理が甘い?輸入車ディーラーとの決定的な相違点を考えてみた

実は国産車ディーラーの方が「敷居が高い」 ぼくは国産車、輸入車とわず興味があるものの、実際に購入するのは輸入車の割合が圧倒的に高くなっています。それは輸入車のほうが性能が高いということもあるものの、輸入車ディーラーの方が「顧客管理や、セールスさんのレベルが高いんじゃないか」と感じていることも大きく関係。 クルマは「買って終わり」ではなく「買ってからがはじまり」だとぼくは考えていますが、国産車ディーラーには「買ってからもつきあえる」というセールスさんがほとんどおらず、買ってからディーラーと付き合うという環境 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!空港滑走路を借り切ってゼロヨン大会を走ってきたぞ

合法にてフル加速できる機会はそうそうない さて、ランボルギーニ大阪/神戸さん開催のツーリングに参加してきましたが、今回はそのレポート「二回目」。ツーリングの目的地は和歌山県にある「南紀白浜空港」。ここの旧滑走路を借り切って、公道では試すことが出来ない、ランボルギーニの持つ加速性能を体感しようというのがこのツーリングの主な目的となります。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

最新レストア事情。ポルシェ356のレストアついでに「あえて」58年を過ごした風の褪色カスタムを

なにもピカピカの新車に戻すだけがレストアじゃない ちょっと新しい、いや古い「レストア」を施したポルシェ356B(1961年製)が登場。レストアというとすべてのパーツを新品状態に戻し、ピカピカの新車状態へと組み上げる作業を想像しますが、この356Bは修復すべきところは修復しながらも、「当時から今までそのまま時を経ていたらどうなっていたか」という想定のもと、あえて「古く」レストアしたもの。なお、こういったレストアはちゃんとした一つのジャンルとして存在するようで、「Patina Restoration(パティー ...

ReadMore



>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について

アルファロメオ・ステルヴィオを見てきた!そのつくり、考え方はまんま「スポーツカー」

投稿日:2018/07/14 更新日:

| アルファロメオはたゆまぬ進化を続けている |

さて、発表されたばかりのアルファロメオ・ステルヴィオを見に「アルファロメオ北大阪」さんへ。
ステルヴィオの発売は7/21からですが、一足お先の公開となります。
まず発売されるのは「ニュル最速」のSUVという称号をもつ「クアドリフォリオ」ではなく、2リッターターボエンジンを搭載するモデル。
「アルファロメオ・ステルヴィオ・ファースト・エディション(Alfa Romeo Stelvio First Edition)」として限定400台、価格689万円にて販売されることになります。

アルファロメオ・ステルヴィオ・ファースト・エディションのボディカラーは「アルファレッド」「アルファホワイト」「ストロンボリ グレー」「ブルカノ ブラック」の4色。
主要標準装備としては専用20インチ55ツインスポークアルミホイール、レッド仕上げブレーキキャリパー、プレミアムレザーシート、ウッドパネル(ウォールナット/グレイオーク)等、とアナウンスされています。
アルファロメオによるステルヴィオの製品ページはこちら








アルファロメオ・ステルヴィオのスペックは?

ステルヴィオのスペックは下記の通り。
プラットフォームはジュリアと同じ「グリージョ(グリジオ)」ですが、ボディサイズが若干拡大されることに。

駆動方式は4WDで、このシステム「Alfa Romeo Q4」は前後トルクスプリット式となり、フロントに最大60%、リアには最大100%の駆動力を分配可能。
オンデマンド方式なので「必要なタイヤに必要なトルクを配分する」方式ですね。

「ステルヴィオ」のネーミングについては、アルファロメオによると「ステルヴィオのモデル名は、イタリア北部のアルプス山中にあるステルヴィオ峠に由来します。アルプスの峠として2番目に高いステルヴィオ峠は、計48か所のヘアピンカーブがあり、モータリストの聖地として広く知られています」とのこと。

アルファロメオ・ステルヴィオ
ボディサイズ:全長4690ミリ 全幅1905ミリ 全高1680ミリ
エンジン:2リッター ツインスクロールターボ
出力:280馬力
トランスミッション:8速AT
車体重量:1810kg
駆動方式:4WD
燃費:リッターあたり11.8キロ
0-100キロ加速:5.7秒
価格:698万円

アルファロメオ・ステルヴィオの外装を見てみよう

アルファロメオ・ステルヴィオのジャンルは、ひとことでいうと「クーペスタイルSUV」。
全体的なフォルムは同じグループに属するマセラティの「レヴァンテ」によく似ていて、前後フェンダーの盛り上がりを強調したマッシブなデザインですね。

L1040241

フロント、リアともにバンパーの出っ張りがなく、最大限に「ボディそのもの」を延長したデザイン(正確には車体自体が長いというよりは、前後バンパーを車体と共通したデザインとすることで車体の一部に見せている)。

L1040240

これによって可能となるのは、「フロントを長く」見せることができるのでより”ロングノーズ・ショートデッキ”つまりスポーツカーっぽく見えることと、リアも長くなるのでサイドのエア剥離において有利になること(ロングテール化と同じ)、そしてリアオーバーハングの長さに余裕が出るのでリアウインドウの後端をギリギリ後ろまで持って行けるため、リアウインドウの傾斜を緩くできること(よりクーペっぽく見え、かつリアウインドウの前端も後ろにずらせるので荷室にも余裕が出る)。

↓リアフェンダーはかなりモッコリ。これだけ盛り上がっているSUVは(レヴァンテを除くと)ほかにない

L1040199

そう考えると、ステルヴィオのデザインは実用性とルックスとを両立させることができるよう、相当によく考えられたものだということがわかります。

そしてもう一つ特筆すべきは、「リアクオーターウインドウがない」ということ。
正確に言えば「あるにはある」のですが、それはドア側についていて、多くのサルーンやSUVのように車体側ではなく、これがステルヴィオをより一層スタイリッシュに見せているということですね。

↓こんな感じでリアはテールゲートからバンパーまでの出っ張りがない

L1040234

そのぶんCピラーの面積を多く取ることが可能で、これもまたスポーツクーペっぽく見せている一つの要因とも考えられます(アウディQ2やBMW X2でもCピラーを太くとってスポーティーに見える演出がなされている)。

イタリアでは「家族持ち」っぽく見られることを極端に嫌う傾向があると言われ、そのためにハッチバックやセダンでも「2ドア」っぽく見せるための工夫が好まれていて、よってアルファロメオも古くから「後部ドアのハンドルを隠したり」していますが、ステルヴィオもとにかくデザインにこだわったSUVであり、しかし実用性を犠牲にしていないのは素晴らしいところでもあります。

↓擬似ロングテール化されていることがわかる「段差」

L1040196

↓フロントもグリルとバンパーが一体化

L1040222

ドアミラーはジュリアと同じようにも見えますが、ちょっと大きいようにも思えます。
かなりスタイリッシュな形状を持ち、ここも「所帯くさくない」イメージを出しているところ。

L1040200

リアアンダーは平坦で、全体的に「オフロードっぽさ」を出していないのが印象的。
他メーカー、たとえばBMWだと最近は「凸凹」のある前後バンパー下部やサイドステップを装着していますが、ステルヴィオはあえてそれを行わず、全体的に「滑らかな」デザインを持っており、そこが都会的なイメージを演出する源となっているようですね。

なおフロアは「フラットボトム」で、空力を重視している、ということもわかります。

↓マフラーエンドは非常に太い

L1040193



アルファロメオ・ステルヴィオの内装を見てみよう

ステルヴィオのインテリアの多くはジュリアと共通ですが、ダッシュボードはステルヴィオのほうがスポーティかも。
ジュリアでは左右が連続したダッシュボードのラインを持つものの、ステルヴィオの場合はメーターフードが「タコメーター」「スピードメーター」それぞれの形状にあわせて盛り上がっていて、これは運転席からも確認できるために「かなり気分が盛り上がる」要素だと思います。

L1040235

パドルはフェラーリかと見まごうほどのロングタイプ。
ステアリングホイール、エアコン吹き出し口、各種スイッチにはマット超クロームの加飾付きで高級感が感じられますね。

L1040227

快適装備としてはレザーシートのほか8ウェイパワーシート(前席、運転席メモリー付)、レザーステアリング、ヒーテッドステアリング、オーディオ/インフォテインメントシステムにはハーマンカードン・プレミアムオーディオシステム、そして「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)を採用し、Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応。

L1040185

安全装備としては歩行者検知機能付前面衝突警報(FCW)自動緊急ブレーキ(AEB)、レーンデパーチャーウォーニング(LDW)、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、ブラインドスポットモニター(BSM)等を標準装備する、と公表されています。

荷室はこんな感じで巨大。

L1040214

エンジンの始動はステアリングホイールにあるスタート/ストップボタンにて。
こういったところも「スポーツカー以上にスポーツカーらしい」ところですね。

L1040178

リアシートは「スタジアムシート」、つまり前席よりも高く見晴らしが良くなっています。
車体側にリアクオーターウインドウがないことへの配慮だと思われ、乗員全てが気持ちよく乗れるように考えられているのだと思います。

なお、リヤシート座面の角度は「後ろ下がり」となっていて、すっぽり体が収まり、体が前に滑らないように。
このあたりも「スポーツ走行」を意識してのことなのかもしれません。

L1040188

全体的に見て思ったのは「アルファロメオをSUVだと考えて作っていない」ということ。
つまり空力(カテゴリではトップクラス)や各部のつくり、デザイン、そして「なぜそうなったのか」ということを推測してゆくと、やはりこれは「スポーツカーとして」考え、設計されたのだと考えて良さそうです。

アルファロメオ・ステルヴィオを見に行ったのはアルファロメオ北大阪

これまでもアルファロメオ4Cやアバルト124スパイダーほかの試乗でお世話になっていますが、いつも親切にしていただき、大変感謝。
アルファロメオ・ステルヴィオの展示車そして試乗車も用意しており、自動車愛溢れるスタッフが出迎えてくれます。

アルファロメオ北大阪

〒563-0034 池田市空港1-12-3
TEL 06-6857-7888

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), ■近況について
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.