■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。 こちらもオススメ、関連投稿2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後 ...

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かっ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRのカスタム第二弾。前回はETC車載器やフロントスクリーン、ビレットレバーなどを紹介しましたが、今回はそれに続くカスタムを紹介してみたいと思います。まずはアクラポヴィッチ(AKRAVOVIC)製マフラー。CBR250RR用のアクラポヴィッチ製マフラーには「競技用」と「合法(JMCA認定)とがありますが、ぼくが取り付けたのは「合法」アクラポヴィッチ。早朝や深夜に出入りすることがあるということ、そもそもマフラー交換は音量を変えたいわけではなく見た目の変化を求めたこと、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは毎年こういったイベントを開催しており、そのイベントにて「研修生が製作したカスタムカー」を公開するのもまた通例。フォルクスワーゲンは毎年ゴルフのカスタムカーを公開することでも知られていますね。 VWが毎年恒例の「GTI祭り」に380馬力のゴルフGTI、400馬力のゴルフRを出展。このまま市販して欲しいレベル こ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。AM-RB003はその名からもわかる通り、「AM-RB001」ヴァルキリーに次ぐハイパーカー。※002が欠けているのは、ヴァルキリーAMR Proが”002”に該当するからだと思われるそしてヴァルキリー同様にレッドブル(RB)が開発に参加し、ヴァルキリーとの強い共通性が感じられるデザイン、そしてミドシップレイ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2 CSのインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスは高いトヨタ?ランドクルーザーとLXはどう違う?C-HRとUXは?ハリアーとLXはどこが違うの?

投稿日:2019/01/30 更新日:

レクサスは単なるトヨタの高級版ではない?

東洋経済にて、「ランクルとレクサスLXはどう違うのか」という記事が掲載。
レクサスのSUVには「UX」「NX」「RX」「LX」がありますが、UXはトヨタC-HR、NXはトヨタ・ハリアー、LXはトヨタ・ランドクルーザーがベース。

そしてUXはC-HRに比較して200-230万円高、NXはハリアーに比較して100万円くらい高く、LXはランドクルーザーに比較し最大670万円も高くなっています。
そして、その価格差はどこにあるのか?というのが記事の主眼でもあるわけですね。

数字で見るレクサスLXとランクルはこうなっている

まず、数字にてレクサスLXとトヨタ・ランドクルーザーを比較するとこんな感じ。
ホイールベースが同じであることから、基本的に「プラットフォームはそのまま」であることがわかりますが、エンジンやトランスミッションが違うんだな、というのは新鮮な驚きです。

レクサスLXランドクルーザー
ボディサイズ全長5080mm
全幅1980mm
全高1910mm
全長4950mm
全幅1980mm
全高1880mm
ホイールベース2850mm2850mm
重量2730kg2430-2690kg
エンジン5.7L/V104.7L/V8
出力377馬力318馬力
トランスミッション8AT6AT
価格1115万円478-683万円
乗員5/8名5/8名

記事では、まずランクルがクロカン4WDという「実用車」として誕生したということについて言及。
そして「より豪華で高級、優雅さや威厳にあふれる」クルマとして登場したのがレクサスLXであり、ベースは同じでも生い立ちが異なる、としています。

レクサスLXは「ランクルあってこそ」ではありますが、新しい時代の要望によって誕生したクルマだと言えますね。

そしてレクサスLXについては専用の5.7Lエンジン、そして「より大きなエンジンとハイパワーに耐えるべく」車体が強化され、低い回転数で快適に走行できる8ATの導入、専用にチューニングされたサスペンション、21インチホイールと扁平タイヤが「専用」にて装備されることを機能面での違いとして挙げていますが、たしかに「出力が大きく、ATの段数が多い」となると大きく乗り味は変わることになりそう。

レクサスのレザーシートは一味違う

さらに、内外装に採用されるパーツの加工品質もレクサスのほうが優れ、レザーにしても「セミアニリン」レザーの使用など、様々な部分で異なるようです。

ちなみに「セミアニリン」というのはよく聞く言葉ですが、セミアニリンレザーは着色に「染料」を使用したものを指し(仕上げには顔料を載せている)、しかし一般的なレザーシートのレザーは「顔料による着色」。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)
▲こちらは顔料仕上げのレザー

どう違うのかとう言うと、染料は文字通り革に色を染み込ませるもので、革の表面がそのまま「質感」として残ります。
これは高級感が出る半面、「傷があったり、表面が不均一なレザーは使用できない」ということも同時に示しています(物理的には使用できるものの、見た目がとんでもなく不細工になる)。

しかし顔料仕上げだと、「革の表面にベッタリ塗料を塗る」ことになるので、もととなる革の品質はあまり関係がなく、傷や凹凸のある革を機械でプレスして平坦にし、その上から「もとの革がどんな風合いなのか」わからないほど分厚く塗料を塗ることになって、よってこれはレザーシートとはいえども、表面は「合成皮革と変わるものではない」ということに。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)
▲こっちはセミアニリン

よってぼくはセミアニリンレザー以外のレザーシートにはお金を払いたくはなく、自動的についてきた(顔料仕上げの)レザーシート、顔料仕上げのレザー巻きステアリングホイールを水や洗剤でガンガン洗うのはそのためです(結局表面は樹脂なので、レザー用のクリームを塗っても意味がない。レザーシートの大半はレザーと呼べるものではない)。

トヨタとレクサスはぜんぜん違う

レクサスはトヨタの高級ブランドではありますが、そこでよく言われるのが、「レクサスはトヨタをちょっと高級な見た目にして、ぼったくったクルマ」。

ですが、ぼくはやっぱりトヨタとレクサスとの間には大きな隔たりがあると考えていて、先日レクサスUXを試乗したときにそれは確信に変わることに。

画像に含まれている可能性があるもの:車

どういうことかというと、レクサスUXとトヨタC-HRは同じプラットフォームを使用していて、ホイールベースや室内のサイズがほぼ同じことから、そしてサスペンション形式が同一であることからも「基本構造は同じ」クルマ。

ただ、そもそもドアを開けたときの感触、ドアを閉めたときの音、エンジンを指導したときの振動や音、ブレーキのタッチなどが「全然」違うわけですね。

以前のトヨタやレクサスは、「違うプラットフォームを使用しているのに、どのクルマもタッチやドライブフィールが同じ」という奇妙な現象を持っていたものの、現在のトヨタ、そしてレクサスは「同じプラットフォームを使用しているのに、ぜんぜん違う印象を感じさせるようになった」、と感じています。

これは結構難しいことで、「どこをどうすれば、どうドライバーに与える印象が変化する」ということを知らないとできないことでもあり、これができるメーカーはぼくの知る範囲でもそう多くはなく、しかしトヨタ/レクサスはそのレベルに達した、ということに。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

レクサスUXとトヨタC-HRの場合は、トランスミッション含むドライブトレーンの差異もあって、そのぶん大きく印象が変わることにはなりますが、いずれにしてもトヨタは「ここまでフィーリングの差を演出できるメーカーになったのか」というのが偽らざる印象です。

レクサスNXとトヨタ・ハリアーはどう違う?

なお、同じく東洋経済では「トヨタ・ハリアーとレクサスNXはどう違うのか」という記事も掲載。

これらもやはり共通のプラットフォームを使用するものの、ぼくは「レクサスLXとランクル」「レクサスUXとトヨタC-HR」との間柄よりも差は小さいと考えていて、実際に「エンジンやハイブリッドシステムも共通」。

記事でも「その差は内外装の仕上げが主なところ」としているとおり、ぼく自身も両者に大きな違いはないと認識しているわけですが、「思ったよりもレクサスっぽくない」NXにがっかりした記憶も。

これ(レクサスNXとトヨタ・ハリアーとの差が小さい)にはいろいろな事情があるのだと思いますが、レクサスNXが最初に登場(現在のNXはマイナーチェンジを迎えている)した際にはまだ、トヨタが「フィーリングの差を感じさせる手法を身につけていなかった」からなのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.