■このサイトについて >アストンマーティン(Astonmartin)

その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラストを公開。2台ペアで19セットのみが販売に

ザガート100周年記念、そしてアストンマーティンとザガートとの関係継続60周年記念 先日、アストンマーティンが「ザガート100周年、そしてザガートとアストンマーティンとの提携60周年」を記念した「2台セット」の限定シリーズ、DBZセンテナリー・コレクションを発売すると発表しましたが、今回はさらに一歩進んだレンダリングを公開。ちなみにこの「2台」とは「DBS GT Zagato(DBS GTザガート)」と「DB4 GT Zagato Continuation(DB4 GTザガート・コンティニュエーション)と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

その価格2億3000万円!新型トヨタ・スープラ1号車が完成。生産ラインもBMWと同じ?

スープラの後ろに並ぶのは新型BMW Z4 トヨタより、新型スープラ第一号車がラインオフした、との発表。実際にラインオフしたのは3月上旬とのことなので、現在は続々新型スープラが生産されているということになりますね。なお、生産工場はオーストリアにある「マグナ・シュタイヤー」の保有するグラーツ工場(Magna Steyr Graz Plant)。先日は、新型スープラを輸送するトラックも目撃されており、全世界に配備中といったところなのだと思います。 新型トヨタGRスープラを輸送する姿が目撃に。ボディカラーは3色、 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型Z4を国内販売開始。スープラと同じエンジンを積む「Z4 M40i」の価格は835万円、ボディカラーは3色のみ

同時にマット仕上げの限定モデル、「M40iフローズングレー」も発売 BMWが日本においても新型「Z4」を発売。新型BMW Z4はトヨタGRスープラと同じくオーストリアのマグナシュタイヤーにて生産される「スープラの兄弟車」としての注目を集めていますね。 今回、BMWジャパンが発表した新型Z4のサマリーは下記の通り。※BMWによる新型Z4のコンテンツはこちら 時速50キロまでであれば、わずか10秒で開閉可能なソフトトップ高い俊敏性を実現させるボディバランス新世代のエンジン、サスペンションを装備AIを採用した最 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリP80/C発表!目的は「究極のパフォーマンス」、フェラーリのワンオフモデル史上もっとも長い時間をかけて作り上げた「これ以上はない」エクストリームな一台

ベースはフェラーリ488GT3、タイムを出すこと以外は考えていない フェラーリがスポーツ・プロトタイプ・コンセプトとして「P80/C」を発表。これは顧客の要望によって作られた一台限りの完全ワンオフモデルであり、顧客とフェラーリとがガッチリとタッグを組んで作り上げた「フェラーリ史上もっともエクストリームなクルマ」、かつサーキット走行専用としてのリリースです。なお開発スタートは2015年とされ、このP80/Cはフェラーリのワンオフ史上、もっとも開発に時間がかかったモデル、とも公表されています。 こちらもオスス ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■ニュース

国産車ディーラーは見込み客管理が甘い?輸入車ディーラーとの決定的な相違点を考えてみた

実は国産車ディーラーの方が「敷居が高い」 ぼくは国産車、輸入車とわず興味があるものの、実際に購入するのは輸入車の割合が圧倒的に高くなっています。それは輸入車のほうが性能が高いということもあるものの、輸入車ディーラーの方が「顧客管理や、セールスさんのレベルが高いんじゃないか」と感じていることも大きく関係。 クルマは「買って終わり」ではなく「買ってからがはじまり」だとぼくは考えていますが、国産車ディーラーには「買ってからもつきあえる」というセールスさんがほとんどおらず、買ってからディーラーと付き合うという環境 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!空港滑走路を借り切ってゼロヨン大会を走ってきたぞ

合法にてフル加速できる機会はそうそうない さて、ランボルギーニ大阪/神戸さん開催のツーリングに参加してきましたが、今回はそのレポート「二回目」。ツーリングの目的地は和歌山県にある「南紀白浜空港」。ここの旧滑走路を借り切って、公道では試すことが出来ない、ランボルギーニの持つ加速性能を体感しようというのがこのツーリングの主な目的となります。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

最新レストア事情。ポルシェ356のレストアついでに「あえて」58年を過ごした風の褪色カスタムを

なにもピカピカの新車に戻すだけがレストアじゃない ちょっと新しい、いや古い「レストア」を施したポルシェ356B(1961年製)が登場。レストアというとすべてのパーツを新品状態に戻し、ピカピカの新車状態へと組み上げる作業を想像しますが、この356Bは修復すべきところは修復しながらも、「当時から今までそのまま時を経ていたらどうなっていたか」という想定のもと、あえて「古く」レストアしたもの。なお、こういったレストアはちゃんとした一つのジャンルとして存在するようで、「Patina Restoration(パティー ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

タイ発、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリバティーウォークカスタム。ほかにもGT-R×JPSカラー、S660×マールボロカラーを公開

このボディカラーは刺激的 タイのチューニングショップ、インフィニティ・モータースポーツがなんとも格好良いランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムカーを公開。これはリバティーウォークのオーバーフェンダーキットを装着した上でレーシングカーのようなグラフィックへとラッピング。なお装着されるエアロキットはフロントバンパー、フロント/リアのリップスポイラー、ワイドフェンダー、リアウイング、フロントフードだと報じられています(車高が落ちており、かつロゴがあることからもエアサスペンションも装着していると思われる)。 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

20台のみの限定モデル、ブガッティ・シロンスポーツ110Ansが転売。その価格5億円、納車は10月28日

どうしても転売だけは抑えることができない さっそくブガッティの限定モデル、シロンスポーツ110Ans エディションの生産枠が転売に。これはブガッティ設立110周年を記念して20台のみが発売されたレアカー。今回販売情報が掲載されているのはMobileですが、ここではこれまでにもメルセデスAMG ONE、アストンマーチン・ヴァルキリー、マクラーレン・セナ、ブガッティ・ディーヴォ等の生産枠が転売されています。 はじめてブガッティ・ディーヴォの転売が登場。12/28に生産が完了する「生産枠」が2.3億円増しの8. ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

メルセデス・ベンツがいい動画を公開した!ベンツ婦人が自動車の有用性を知らしめるために「人類で初めて自動車で旅行した女性」となった様子を実写化

当時、自動車は邪魔者扱いでだれもその有用性を理解していなかった メルセデス・ベンツがこれまでとは一風変わった動画を公開。これはメルセデス・ベンツのルーツに触れるもので、まるで映画のような仕立てを持つものとなっています。内容としては「自動車を発明した」メルセデス・ベンツ創業者(当時の社名は今とは異なる)であるカール・ベンツの妻、ベルタ・ベンツが「女性で、かつ世界で初めて」自動車によって旅行したときの様子を再現したもの。 当時は自動車自体の存在が知られておらず、知っている人にとっても「うるさく、馬よりも遅い」 ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他ポルシェ関連/ニュース ■駄文(日々考えること) ■ニュース

現代のスーパーカーは「”エンスー向けの”スポーツカーの延長」ではなく「”セレブ受けする”高級車の派生」?ボクが考えるその理由

投稿日:

スーパーカー市場は成長しているが、スポーツカー市場は縮小。もはやスポーツカーとスーパーカーとは違う観点で作られている

いろいろなクルマを試乗していて思うのは、クルマにとって「音」はけっこう重要だ、ということ。

ただ、この「音」はエンジンサウンドやエキゾーストノートを指すのではなく、走行しているときのノイズや、各部が作動したりする際に発生する音のことです。

人の感覚はけっこう重要

そういった「音」の中でもっとも端的なのは「ドア開閉音」ですが、この音が安っぽいかそうでないかというのは、そのクルマの印象を大きく左右する、と考えています。

たとえばトヨタC-HRとレクサスUXは同じ骨格を有しますが、ドア開閉音は全く異なり、それが「レクサスをレクサスたらしめている」と言えそう。

その他だとクルマに乗り込んでシートを調整するときの(電動シートの)モーター音の大小、ウインカーレバーを倒したときの感触や音、スイッチを押したときのタッチや作動音といったところもけっこう大切だと考えています。

なお、こういった部分の「感触」「音」について言えば、ロールスロイスを筆頭に、レンジローバーといった英国勢がかなり優れるものを持っているようですね(その次がベントレーだと考えていますが、ベントレーの操作系品質は価格に見合うものではないと考えている)。

そしてエンジンを始動した際の音や振動、シフトレバーをDレンジに入れたときの感触や音、走り出そうとアクセルペダルを踏んでパーキングブレーキがリリースされるときの音も同じ。

これらのタッチが曖昧だったり、カクっという衝撃や音があったりするのも質感を損なう部分であり、やはり素晴らしいのは英国勢で、ドイツ勢は質実剛健というか「ちょっと劣る」部分だと思います。

なお、レクサスは「音」「タッチ」については非常に優れるものの、素材やフィニッシュという「質感」においては欧州自動車メーカーにちょっと劣るのではないかというのがぼくの印象(レザー張りのダッシュボードについても、パッドの量が少ないと思う)。

いつの時代も変わらないのがポルシェ

そこでぼくが思うのは「ポルシェは昔から変わらないな」ということ。
ポルシェ(ここではケイマンやボクスター、911といったスポーツモデルを指す)はドアの開閉音にはじまり、スイッチのタッチ(とくにウインカーレバーのタッチは最悪の部類だと思う)、電動調整部位の作動音(大きい)、ファンが回る際の騒音、電動パーキングブレーキの作動音、ソフトトップの開閉音など、各部の動作における静粛性や質感が高くないわけですね。

ただ、ポルシェのスポーツモデルは「高級車を作ろうとして」その価格になったにではなく、「ポルシェが必要と思える走行性能を追求したら」その価格になっってしまったというだけで、価格をもって高級車だと判断したり、その価格帯のクルマが当然備えるべき品質や装備をもっているわけではない、というのがポイント。

よって、ぼくはポルシェのそういった部分を「ポルシェらしい」と認識していて、さらにはそれらも含めて「ポルシェ」であり、逆にポルシェが静粛性にこだわって車両価格がさらに高くなってしまうのは不本意だとも考えています(ただ、もうちょっとなんとかして欲しいと思う部分はある)。

なお、ポルシェというメーカーが、そういった操作系や音、振動や感触について「高いレベルを実現できないのか」というとそうではなく、たとえばパナメーラやカイエンはボクスター、ケイマン、911とは別次元の質感を持つクルマであり、これらは間違いなく「高級車(しかも最高級の部類に入る)」。

よってポルシェはその車の性格によって”作り分けている”ということになりますが、なんとも器用なメーカーである、とも考えています。

ただ、992世代へと移行した911は、おそらくパナメーラ並の快適性を持っていると予想していて、各部のタッチや作動音といったところも「高級車」レベルに引き上げられているのかもしれません。

一方でスーパーカーは大きく質感を上げてきた

そこでもうひとつ感じるのが「スーパーカー」の変化。
かつてスーパーカーというと、スポーツカーを超えるパフォーマンスを追求したもので、トッププライオリティは「走り」であり、2番めも走り、3/4が抜けて5も走り、というくらい走行性能に特化したクルマであったと考えています。

よって、昔のスーパーカーに乗降性や快適性、居住性、品質などを求めようものならば、エンスージアストたちから手痛い攻撃を受けることになったのだろうとも思いますが、現代においてスーパーカーを購入する人の大半は「ファッションアイテム」としての購入だと考えられ、昔のように「スーパーカーでしか到達できない領域」を求めての購入ではないのかもしれません。

実際のところ、最近のスーパーカーのショールームは(本社の指示によって)ブランドショップの立ち並ぶ商業地に居を構えており、これは客層の変化を表すものにほかならないのでしょうね。

そういったこともあって、最近のスーパーカーは各部の質感が飛躍的に向上しており、ある意味では「高級車レベル」。

Lamborghini Aventador S Roadster

スーパーカーオーナーは、ほかにもロールスロイスやベントレー、メルセデス・ベンツ、レンジローバーを所有している人が多数だと思われ、そういった人々も納得できるように作られているのが最近のスーパーカーだと考えていますが、つまり現代のスーパーカーは「スポーツカーの延長線上」にあるのではなく、「高級車の派生」なのかもしれないと考えることも。

たとえば、ランボルギーニ・ウラカンはポルシェ718ケイマンよりも静かかつ滑らかで乗り心地がよく、ウラカン・スパイダーのソフトトップ開閉音はポルシェ718ボクスターよりもずっと静か。
そしてそのレベルは「高級車と肩を並べる」とぼくは考えていて、現代のスーパーカーとは、エンスージアスト向けではなく、セレブ向けの乗り物なのだろうな、と思うワケです。

つまりスポーツカーとスーパーカーとは袂を分かったと認識すべきで、市場としては「スーパーカーは好調」、しかし「スポーツカーは不調」というのは”そういった”差異が影響しているのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >その他ポルシェ関連/ニュース, ■駄文(日々考えること), ■ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.