>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

なぜホワイトじゃないッ!ホンダe「タイプR」、そしてランドローバー・でフィフェンダー「ピックアップ」のレンダリングが登場

| やはり日本人的にはタイプRといえばホワイト | ニューモデルが登場した際のお約束、「もしも系レンダリング」。今回も発表されたばかりのEV「ホンダe」、「ランドローバー・ディフェンダー」の「もしもこんなバージョンがあったら」というレンダリングが登場しています。ちなみに両者とも公式に「ない」とそれぞれのメーカーから否定されており、よって完全に「IF設定」となりますね。 こちらもオススメ、関連投稿10選ランドローバー・ディフェンダー専門ショップが本気カスタム。コルベットのエンジンをスワップし、内外装の装備を ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティ「シロンに続くモデルを考えている。日常的に乗れる4ドアが候補だが、そのための資金がない」。親会社であるVWはエレクトリック化偏重で資金を回してくれない?

| ブガッティは株式公開(IPO)も考えておらず、資金調達の方法を思案中 | ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏がAutomotive News Europeのインタビューに答えたところによると、「シロンに続くニューモデルを考えている」とのこと。この「シロンに続く」ニューモデルについてはこれまでにも様々な噂が出ており、4ドア(画像のガリビエール・コンセプトのような)、もしくはSUVになる、という話も。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

これ公式ですってよ。初めて「メルセデス」の名が冠されたクルマへのオマージュ「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」。街中のコミューターはもうこれでいいじゃない

| クルマの考え方そのものも自動車黎明期に遡る次期なのかもしれない | メルセデス・ベンツのデザインチームが「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」を発表。これは「デザイン・エッセンシャル2019」出展のために考案されたもので、もちろん市販予定はナシ(残念)。これは1901年のメルセデス35PSへのオマージュで、ブランドの起源を示したものだそう。なお、メルセデス35PSは文字どおり(当時としてはかなり強力な)35PSを発生するエンジンを搭載し、当時のレースシーンを席巻したことでも有名ですね。ちなみに、こ ...

ReadMore

>三菱(MITSUBISHI) ■ニュース

ガンダムか何か出すん?三菱が東京MSに出展する、クルマとは思えないコンセプトカーの画像を公開

| 三菱はこれを「小型SUV」と言うが | 三菱が東京モーターショーに向けてスペシャルサイトをオープンさせるとともに、「スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを発表」すると発表。あわせて一枚のティーザー画像を公開していますが、ここだけ見るとクルマとは思えず、宇宙船かモビルスーツにしか見えない、と思います。なお、三菱のブランドメッセージは「Drive your Ambition」で、これは”「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という志を持ったお客様の、想いに応えるクルマづくりを表現する”こと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデス・ベンツが「年内にGLSマイバッハ発売」と明言。ベンテイガやカリナンに対抗する超高級SUV

| 製造はアメリカ国内、そしてアメリカで製造されるもっとも高価なクルマに | Autocarによると、年末あたりにメルセデス・ベンツがGLSをベースにした超高級SUV「GLSマイバッハ」を発売する、とのこと。そして「マイバッハ」の名にふさわしく、マイバッハSクラス同様に究極のゴージャスさを身にまとうとされています。なお、ベースとなるGLSは今年の春にフルモデルチェンジを迎えており、最新のプラットフォームやインフォテイメントシステム、ソフトウエアを持ち、マイバッハたる資質十分。 メルセデス・ベンツの最上級S ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWコンセプト4の「巨大な縦長キドニーグリル」は80年以上前にもBMWが採用していた?BMW328のオマージュとして現代に復活か

| それにしても面積の割合からするとデカすぎる | とにかく衝撃としかいいようのなかった、フランクフルト・モーターショーでの「BMWコンセプト4」。何が衝撃的かというとその巨大なキドニーグリル。これについては、その大きさもさることながら、あれだけBMWは7シリーズで「巨大なキドニーグリル」の批判を受けているのに、それに懲りず「さらに大きなグリルを出してきた」こと。つまりは消費者や世論に対し「喧嘩を売っている」とも受け止められる商戦的な姿勢ですね。 断っておくがこれは公式だ。BMWが超巨大キドニーグリルを持 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】テスラ・モデルSがニュルにてポルシェ・タイカンのタイムを20秒短縮し、GT-Rやフェラーリ488と同等のタイムを記録。しかしポルシェには隠し玉がある模様

| 加速だけでなく、サーキットの走行タイムもEVが「上位常連」となる日がやってきた | ポルシェはタイカンのプロトタイプにて7:42というニュルブルクリンクのラップタイムを記録していますが、これをテスラ・モデルSが20秒近く短縮した、という報道。先日まで、従来の2モーターに代えた「3モーター」構成の”プレイド”と呼ばれるシャシー・プロトタイプを走らせており、数日前からブルーの塗装を持つ別の個体がここに加わっています。なお、この「3モーター」モデルSは実際に来年発売されるとのことで、単なるアタック用のワンオ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】アマルガムが1/8サイズのマクラーレン・スピードテールを発表。構成されるパーツは1000点以上、その価格は160万円

| アマルガムには世界中から職人が集結している | アマルガムはこれまでにも多数のスーパーカーをモデルカーとしてリリースしていますが、今回は「マクラーレン・スピードテール」の発売を予告。アマルガムの製品はそのシルエット、ディティールのみならず塗装の美しさでも知られ、最近では可動や発光といったギミックも備えています。そして1:8スケールのモデルカーともなると100万円を超える値付けも珍しくなく、今回発売を予定しているスピードテールの(ミニカーの)価格は価格はなんと15,025ドル、つまり邦貨換算で160万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】米ユーチューバーが新型スープラのワイドボディ化を開始!使用するのは日本のパンデム製エアロキット

| アメリカではスープラのカスタム/チューンが一気に加熱 | 自身で新型トヨタ・スープラを購入したユーチューバー、TheStradman氏がワイドボディキットを装着する様子をYoutube上にて公開。現在のところ「仮組み」に止まりますが、パンデム製のフルエアロキット装着を予定しており、その内容を公開。なお、パンデム製のワイドフェンダー含むエアロキットは、お台場を走行した「A90スープラ・ドリフトマシン」に装着されていたものと同じ過激なものですね。 【動画】イベント当日は炎上してしまった「A90スープラ・ド ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「M専用スポーツカーについて明確なアイデアがある」。これまで否定されてきたM製スーパースポーツがついに実現?

| それが「スーパーカー」なのか「ハイパーカー」なのかは今のところ謎 | もう10年以上も前からウワサの出ている「BMW M専売スポーツカー」。もとはというと、この「M専売スポーツカー」は1978年発売の”M1”が元祖だと考えてよく、しかしその後のMモデルはずっと「BMWの既存車種をベースとしたクルマ」。そしてBMWは10年以上も前に「M1オマージュ・コンセプト」を発表し、それが「M1後継モデルの登場、もしくはM専売モデルの発売か」と騒がれたわけですね。 その後も度々M専売スーパースポーツの話が出ており、 ...

ReadMore



>ポルシェ・カイエン関連

ポルシェが「カイエン・クーペ」を電撃発表!キャビン上半分がすべて新しくなりカーボンルーフも選択可能に。「カイエンが持つものは全てここにある。もちろんその”上”も」

投稿日:

ポルシェはカイエン・クーペに相当な力を注いだようだ

ポルシェが「3月に発表する」としていた”カイエン・クーペ”が突如として公開に。
3月というとジュネーブ・モーターショーが開催されているものの、そこで発表せず、しかしその直後に発表するという、これまでにない動きを見せています。

一見した印象だと「正直カッコイイ」というもので、これまたポルシェの販売を大きく伸ばすことになりそうなクルマですね。

グリーンハウスが小さくなり、見た目がぐっとスポーティーに

カイエン・クーペの大きな特徴はもちろん「クーペスタイルを持つリアセクション」ですが、そのほかにも固定式ガラスルーフ(標準!)やオプションでカーボン製ルーフを用意していること。
つまりは外観だけではなく実際にスポーツ性を考慮したSUVである、ということになります。

画像に含まれている可能性があるもの:車、雲、空、山、屋外、自然

なお発表された「イメージカラー」はメタリックグレーとオレンジ。
メタリックグレーは保守的な人々へ、オレンジは革新的な人々へとアピールするためだと思われますが、これはランボルギーニが「ウルス」発表時に「メタリックグレーとイエロー」という両極端な仕様を用意したのとよく似ていますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏によると、「新型カイエン・クーペは、(クーペではない通常の)カイエンが持つメカニズム的な特徴をすべて備える。その上でよりダイナミックなデザイン、さらに先進的かつスポーティー、感情を揺さぶる技術が盛り込まれている」とのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車

カイエン・クーペはその「後ろ半分を作り変えた」だけではなく、Aピラー、フロントウインドウもより「寝た」角度となり、キャビン部分が小さく見え、これによって文字通りスポーツカーのような重心の低さを視覚的に演出しているようですね。
なお、カイエン・クーペのボディサイズは全長4931ミリ、全幅1983ミリ、全高1676ミリ。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ルーフはカイエンよりも2センチ低く、後部ドアやCピラー形状ももちろん専用に。
そしてナンバープレートはリアバンパーに格納されていますが(”通常の”カイエンのナンバープレートはリアハッチに装着されている)、これは911などのスポーツカーレンジと同じデザイン処理。

リアエンドはパナメーラ同様、911を強く意識したことがわかります。

写真の説明はありません。

そしてリアスポイラーはこういった感じで作動しますが、作動条件は「時速90キロ以上」、そして作動幅は「上方向に13.5センチ」。

写真の説明はありません。

こちらは「標準」となる固定式パノラミックガラスルーフ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてこちらはオプション扱いのカーボンルーフ。
ルーフ中央が凹んでいますが、これは重心をちょっとでも下げること、そして前面投影面積を減らすことを目的としてスポーツカーがよく採用する手法であり、こういったところについても、ポルシェは「カイエン・クーペの位置づけ」を強調しているのでしょうね。

なお、このカーボンルーフは単体で選べずに「ライトウエイトスポーツパッケージ」に含まれることになりますが、このライトウエイトスポーツパッケージにはほかに22インチ「GTデザインホイール」「ペピータ(チェック柄)・シートとカーボン/アルカンターラトリム」が付与されます。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

なお、この「ペピータ」シートはポルシェ自身が「ポルシェが世に送り出したうち、もっともオシャレなシート」ナンバー2に選出しており、これも最近のポルシェが積極的に行っている”過去の遺産を現代に再現”する手法のひとつ。

そして「カイエン・ターボ・クーペ(カイエン・クーペ・ターボという呼称ではない)」には同パッケージに”スポーツエキゾースト”も装着されることに。
初代カイエンにも採用されていた、ジェット戦闘機のバーナー風テールパイプに「スリーブ」つき。

写真の説明はありません。

そのほかの機能としてはPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)が標準で装備され、スポーツクロノパッケージ、20インチホイールも標準装備。

画像に含まれている可能性があるもの:車

さらには911や718ケイマン/ボクスター同様、パッケージオプションでブラックアクセントも選択できるようですね(ただし、もっとも手に触れる頻度が高く、傷が入りやすいこのドアハンドル部分をグロスブラック仕上げとするのはちょっとためらう)。

ポルシェ・カイエン・クーペのインテリアはこうなっている

そしてカイエン・クーペのインテリアについては「おおよそカイエンと同じ」ではあるものの、シートポジションが30ミリ低く設定。

乗員の設定は「4名」で、フロントは8WAYパワーシート、リアは左右独立シート(無償オプションでコンフォートシートも選べる)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

今回の発表にあたって用意されたグレードは2つで、”スタンダード””ターボ”。
スタンダードなカイエン・クーペには340馬力のV6ターボ(0-100キロ加速は5.7秒、最高速度は243km/h)が搭載され、カイエン・ターボ・クーペに搭載されるのは4リッターV8ツインターボ(550馬力、0-100キロ加速は3.7秒、最高速度は286km/h)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

今のところ日本での発表や発売、価格設定は未定ですが、北米だと秋には実車が配備され、ベースモデルのカイエン・クーペで830万円くらい、カイエン・ターボ・クーペだと価格は1450万円くらい。

北米だとBMW X6が700万円あたり、アウディQ8が740万円、メルセデス・ベンツGLEクーペで800万円程度なので、これらよりも「高い」設定ということもわかります。

VIA:PORSCHE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ポルシェ・カイエン関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.