>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >その他アメリカ車 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >スバル(SUBARU)

なぜ混ぜたッ!トヨタ・ハチロク×スバル・ブラット、ハコスカ×ダッジなど珍車3連発

投稿日:2019/11/15 更新日:

| トヨタ・ハチロク×スバル・ブラットはちょっと欲しい |

さて、レンダリング界では大人気なのが「異種混合レンダリング」。
現実世界では「絶対に混ざることがない」二台(もしくはそれ以上)をミックスさせるというものですが、今回もそういったキメラ的レンダリングが公開に。

まずはトヨタ・カローラ(ハチロク)×スバル・ブラット。
文字通りハチロクとブラットをミックスしたもので、86のボディカラーを、当時のブラットの代表的なカラーでもあった「ベージュ」に、そしてホイールをホワイト、サイドにはストライプ、さらに車高をリフトアップしたもの。

最初に乗用車に4WDを採用したのはスバル

このボディカラー、リフトアップはなかなかに新鮮で、もし当時発売されていたら人気化したのかも。

72947093_1897173467095596_6549170680758272000_n

リアには「4x4」のバッジ。
これもブラットに用いられていたものですね。

72757440_1897173560428920_3628587164222095360_n

なお、スバル・ブラット(BRAT)はこういったクルマ。
レオーネをベースにしたピックアップトラックで、1977年から主にアメリカに対して輸出していた珍車です。
当時からアメリカではピックアップトラックの人気が高く、スバルもその波に乗ろうとしたのですが、当時アメリカでは日本からのトラックに対して25%という関税を設定。
これではアメリカ国内での販売価格が高くなり、結局は売れないクルマになってしまいます。

そこでスバルはこう考えたわけですね。
「荷台が荷台でなければ、それはトラックではない」、と。

スバルは「とんち」を効かせ、荷台のように見える場所にシート(座席)を設置し、そこを乗員スペースとすることで、「これは荷台のように見えるが荷台ではない。ほら、シートがあるだろう?」ということで無理やり乗用車扱いにしてしまい、25%の関税を回避したという伝説を持っています(ぼくはこういった話が大好きだ)。

ちなみにベースとなる「レオーネ」は、乗用車ではじめて4WDを採用したクルマだとされており、しかし「4WD」という表記はオフローダーや作業用のクルマを連想させるということで、かわりに「AWD」という表記を用いることになり、それが今に至るまでスバルで根付いている、と何かで読んだことがあります。

時代を先取りしすぎた?スバルの奇抜すぎるモデル5台を画像で紹介

74395720_1897173357095607_4832150727000326144_n

そしてこのレンダリングで秀逸なのは、「フェイク」の当時風カタログを作ってしまったこと。
トヨタ・カローラ 4x4 SR5と命名し、「山が待っている」という表記まで行っています。
こういった遊びゴコロはなかなかにいいですね。

74524737_1897173620428914_8822831341109248000_n

インテリアはなかなかにシック。

ハコスカが最高速チャレンジ仕様に

そして次は日産スカイライン(C10、通称ハコスカ)とダッジ・チャージャー・デイトナとのハイブリッド。
ハコスカについては説明不要だと思いますが、ダッジ・チャージャー・デイトナについて触れておくと、これはフロリダ州デイトナビーチで行われる”デイトナ500レース”参戦のためのホモロゲーション取得のために生産され、高さ58センチ(23インチ)のリアウイングを持つことが最大の特徴。

69954576_1857525357727074_6315388635810103296_o

ダッジ・チャージャー・デイトナは、映画「ワイルド・スピード」にもドミニクのドライブによって登場していますが、現代のチャージャーにおいても2013年、2017年、2018年にはこれへのオマージュとなる「チャージャー・デイトナ」が限定発売されています。

70338847_1857525317727078_5522161652876705792_o

ダッジ・チャレンジャーSRTワイドボディに、ワイルド・スピードにも登場した「デイトナ」へのオマージュモデル登場。727馬力、チャージャー史上最強に

こちらがオリジナルのダッジ・チャージャー・デイトナ。

dd

ランボルギーニ・ウラカン×オフローダーも根強い人気

こちらはランボルギーニ・ウラカンとオフローダー(とくに何らかの車種というわけではない)とのミックス。
ベースとなるのはハイパフォーマンスバージョンの「ペルフォルマンテ」で、これの車高を上げてオフロードタイヤを履かせ、前後にガードバーを装着しています。

61942274_1765185780294366_472040833093206016_o

フェンダーは思いっきりワイド化されていますね。

62180030_1765185733627704_3323699990068461568_o

なお、ウラカンのオフロードバージョンについては、ランボルギーニが公式にてワンオフモデル「ウラカン・ステラート」を公開したことも。

まさかのランボルギーニ本家から「ウラカンのオフローダー」、Huracan Sterratoが発表。車高47ミリアップ、オーバーフェンダーで武装

VIA: Ambielec Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >日産/インフィニティ(Infinity), >その他アメリカ車, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >スバル(SUBARU)
-, , , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.