>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

片岡愛之助も登場!ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019ではアヴェンタドール、ウラカンのスペシャルモデルが公開

投稿日:

| このスペシャルモデルの発表はまったくのサプライズ |

さて、今回はさきほど「前編」をアップしたランボルギーニの年例イベント、「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」2019の後編。
会場では毎年恒例の「サプライズ」が用意されており、その驚きの内容をレポートしたいと思います。

ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019のテーマは「BE OUT OF THE ORDINARY」。
普通に収まるなということですが、まさにこれは”エクストリームな”ランボルギーニらしいテーマでもありますね。

年に一度のランボ祭り!「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」へ行ってきた(前編)。チーフデザイナーに会ってデザイン画に名前を入れてもらってきたぞ

日本市場向け「ワンオフ」モデルの公開も

まずは「アヴェンタドールSVJ JP63インスパイアード歌舞伎」をはじめとする、「歌舞伎シリーズ」3台の公開。
これらはワンオフモデルとなるようで、文字通り「歌舞伎」をイメージしたカスタムがほどこされています。

発表に先駆けてスクリーンに表示されたのはこんな図案で、この時点で「なんとなく歌舞伎」を予感させますね(ぼくらは事前に全くこのモデルの存在を知らされていない)。

L1170723

そして片岡愛之助登場!
これについても事前の告知はなく、贅沢な演出だと感じさせられる部分ですね。

L1170739

その演舞はこちら。
なかなか生で歌舞伎を見る機会はなく、これは嬉しいサプライズでもあります。

その後はランボルギーニのアジア・パシフィック地区代表、マッテォ・オルテンツィ氏による「歌舞伎シリーズ」のアンヴェール。
この「歌舞伎」シリーズは3台にて構成され、アヴェンタドールSVJロードスターは「歌(KA)」、ウラカンEVOスパイダーは「舞(BU)」、別会場にてアンヴェールされたウルスは「伎(KI)」を表現している、とのこと。

L1170747

こちらが「歌」、アヴェンタドールSVJ ロードスター”JP63エディション・インスパイアード・バイ・歌舞伎”。
「63」はランボルギーニ創業の1963年にちなんだもので、ランボルギーニを語る上では外せない「重要な」数字です。
このモデルはグラデーションのほか、歌舞伎をイメージした隈取など特別な仕様が数多く見られます。

L1170985

【動画】ランボルギーニがワンオフモデルのアヴェンタドールSVJ「JP63」公開!歌舞伎にインスパイアされた和風ランボ

そして「舞」、ウラカンEVOスパイダー”JP63エディション・インスパイアード・バイ・歌舞伎”。

L1170745

こちらもやはり、特別なカラーリングが施された一台です。

さらには日本初公開、アヴェンタドールSVJ63ロードスターのお披露目も。

L1170748

こちらはウルスの「歌舞伎バージョン」。
ほか2モデルに比べるとおとなしめですが、マットホワイトにグロス仕上げのカーボンファイバーというコントラストがなんともナイス。

L1170939

ステファノ・ドメニカリCEOはなかなか思い切った行動に出た

そしてランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏も登場し、片岡愛之助と記念撮影。

L1170753

その後はファンとともに動画を撮影し、その様子をSNSへとアップ。
「このオラにほんのちょっとずつだけ元気をわけてくれ…!!! 」といった感じで盛り上げてゆきます。

L1170751

さらにその後は来場者たちと一緒に駐車場ヘと移動し、「みんなで自分のクルマに乗り込み、エンジンをスタートさせる」という、これまでに前例のない試みも。
ステファノ・ドメニカリCEO、そして日本中のランボルギーニオーナーとの心が一つになった瞬間ですが、とんでもない音量が周囲に響き渡ることになり、これは近隣から苦情が来た可能性が大(動画も撮影したが、これはさすがにアップできない)。

L1170694

マッテォ・オルテンツィ氏、ステファノ・ドメニカリ氏のスピーチはこちら。

そのほか、会場にはこんな展示も

ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019では様々な魅力的な展示がなされていて、たとえばこちらはミウラ・イオタSVJ。
世界に一台しかない個体であり、ランボルギーニの手によってレストアされたばかりの個体です。

L1170729

【動画】世界で一台、「もっとも有名なミウラ」を見てきた!ランボルギーニ ミウラ イオタSVRはあまりに過激なスーパーカーだった

ウラカンGT3。
このほか、ランボルギーニとパートナーシップ契約を結んでいる腕時計ブランド「ロジェ・デュブイ」の展示販売、ランボルギーニのアパレルやバッグの展示販売も。

L1170964

こちらは会場を盛り上げてくれた女性DJ。
イベントに合わせた着物姿です。

L1170932

展示や内容ともに、これまでに参加したランボルギーニ・デイ・ジャパンではもっとも充実していた、かつ楽しい催しであったと思います。
最後になりましたが、今回のイベントに招いていただいたランボルギーニ大阪/神戸さん、運営に関わられたすべての方にお礼申し上げます。

その他の画像はFacebookのアルバム「ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019」に保存中。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニの限定車関連, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.