ad-728

>ウラカン購入記~発注から納車まで >ウラカンの内装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカン用にカーナビ購入。電源部を改造する

2015/08/22

Pocket
LINEで送る

DSC03291

ランボルギーニ・ウラカンに取り付けるためにカーナビゲーション・システムを購入。
パナソニック・ゴリラのCN-GP747VDですが、これは昨年11月に発売された、ドライブカメラ付きのモデルです。
ドライブカメラをドラレコ代わりに使用できれば、というのと駐車中の監視に使えれば、と考えたわけですが、購入したもののまだ実際に取り付けるかどうかは未定(取り付けなければ、売却の運命に)。

やはり美観の問題で悩んでいるのですが、取り付ける、取り付けないにかかわらず、まずは電源だけは確保しておこう、ということです(後でこれをしようと考えると面倒なので)。
ポータブルナビを選んだのは、取り外して自宅でルート入力などができるということ(車のエンジンをかけっぱなしにしなくて良い)、気に入らなければすぐに外せるということ、電源さえ引いておけば、品モデルが発売された時に簡単に新型と入れ替えができること、電源以外の配線が基本的に不要で、パーキングや車速など車体に干渉する可能性が非常に低いこと、が理由となっています。

DSC03292

ウラカンには納車前にレーダー探知機をランボルギーニ大阪さんで取り付けてもらうため、電源を取るついでにカーナビ用の電源を取ってもらおうと思い、納車に先立って購入し、ランボルギーニ大阪さんへ持ち込んでいますが、このポータブルナビの電源部はシガーソケットからの給電のみとなっており、オプションでも「直結」ケーブルがありません。

ウラカンに取り付けるにあたり、シガーソケットから電源を取るのも不細工ですし、ACCからシガーソケット(メス)を延長し、そこにこのプラグ(オス)を挿すのもイマイチなので、付属の電源ケーブルを改造した、というわけです。。

ケーブルを分解して基盤から+/-を取り出し、もとあったヒューズを取り外すかわりに同じアンペア数のヒューズホルダーを取り付け、もとのケースをテープでカバーしただけ(この部分は取り付け後見えないので、安全であればOK)ですが、これでACC電源から「直結」できるようになりました。

DSC03293

あわせてFM-VICSを拾えるよう、FMアンテナの取り付けも依頼しており、ACC電源、FM電波アンテナについてグローブボックスの中まで引っ張ってもらえるように(ランボルギーニ大阪さんに)依頼してあります。
モニターをうまく取り付けできるのであればこの配線を利用してカーナビを取り付ける予定ですが、このあたりは専用ステーを作る必要があり、納車されてから考えようと思います。



->ウラカン購入記~発注から納車まで, >ウラカンの内装カスタムについて
-, , , , , ,