>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■映画や音楽、本について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】映画「ロッキー」にも登場したランボルギーニ・ジャルパ、そしてウルスの祖先である「LM002」を見てみよう

いずれもランボルギーニの歴史を語る上で外せない さて、コンコルソ・デレガンツァにて展示されていたランボルギーニ・シリーズ、今回は「ジャルパとLM002」。ジャルパは1981年に登場し、1989年(モデルイヤーは1990)まで410台が生産されています。※419台説もあるウラッコとそのタルガトップである「シルエット」の後継として位置づけられるクルマで、3.5リッターV8エンジン(250-255馬力)をミッドマウントしています。ただしウラッコは2+2でクローズボディ、シルエット/ジャルパは2シーターでタルガボ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■近況について ■ニュース

まさか実車を見る機会が来ようとは。世界に数台、ランボルギーニ✕ザガート「5-95」「マセラティ・モストロ」はこんなクルマだ

おそらく今回を除けば一生目にすることはないだろう さて、コンコルソ・デレガンツァ京都2019に展示されていた車両のうち、比較的最近のクルマを2台、紹介したいと思います。ひとつはランボルギーニ・ガヤルドベースの「Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato」、もうひとつはMaserati Mostro Zagato Coupe。 Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato(2016) まずはランボルギーニ・ ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar) >フェラーリ(Ferrari) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】LAの地下には秘密のガレージがあった!世界で最初に作られたフェラーリ、映画の登場したクルマ、世界に一台しかないクルマを保管し一般人は立ち入り不可能

この場所にカメラが入るのは今回がおそらく最初 世界中で(ときには日本でも)様々なスーパーカー/ハイパーカー、レアカーを紹介してくれるユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。今回はロサンゼルスにあるピーターソン・ミュージアムの中でも、一般には入れない「地下施設」の中を紹介しています。そしてこの地下施設には、「フェラーリの名で最初に生産されたクルマである”125S”」や、スティーブ・マックィーンが所有していたジャガーXKSSほか、非常に希少なクルマ、そして世界に一台しか存在しないクルマも。ここでその内容を ...

ReadMore

■このサイトについて >アストンマーティン(Astonmartin)

史上もっともオシャレなアストンマーティン「DBS59エディション」登場!ル・マン優勝車へのオマージュ、そして英国文化を地でゆく限定車

ここまで細部にこだわった「英国らしい」アストンマーティンは今までになかった アストンマーティンの新たな限定モデル、「アストンマーティDBS 59エディション」の第一号車が公開に。これは半年ほど前に生産が予告されていた車両となり、1959年のル・マン24時間レースにて1−2フィニッシュを飾ったDBR1へのオマージュ。限定台数は24台で、それぞれの一台がル・マン24時間の「1時間」をあらわしている、とのこと(今回公開された車両が「何時間目」なのかはわからない。フロントフェンダーにその番号が入るものの、文字が判 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティが「ディーヴォ」のテスト風景を公開。発表は2018年8月なのにまだテスト中なのはなぜ?

摂氏40度を超える中、時速250キロで走行を行う ブガッティが「40台のみ」の限定、そして価格6.2億円と言われるディーヴォのテスト風景を公開。ディーヴォの発表は2018年8月、そして納車は2019年末からだとされ、それに向けてテストを行っているということになりますね。 ブガッティの頂点「ディーヴォ」参上。1500馬力、0-100km/h加速2.4秒、6.2億円のハイパーカー

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】1950年代のフィアット/アバルト×ザガートはこんなクルマたち。「レコードモンツァ」の起源となったクルマも

このまま復刻したらかなり人気が出そうだ 京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。今回は1950年代のフィアットたちを画像と動画にて紹介したいと思いますが、正直この時代のクルマそしてザガートはぼくにとって未知の領域。ただ、こうやってザガートのクルマを見ていると「ダブルバブル」のほか、「流線型」「丸型ランプ」「広いグラスエリア」といったザガート特有の共通項を見つけることができ、様々な発見があったと思います。 こちらもオススメ、関連投稿【コンコルソ・デレガンツァ】ランボルギーニの方向 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911タルガのプロトタイプがニュルにて捕捉。そもそも「タルガ」って何?

もともとボディ形状に「タルガ」と名付けたのはポルシェが最初 ポルシェは992世代のポルシェ911カレラS/カレラSカブリオレを発表したところですが、まだまだ「タルガ」「GT3」「ターボ」等のモデルが控えています。今回はその中でも「911タルガ」のプロトタイプがニュルブルクリンクを走行する様子が目撃に。ボディカラーは明るいグリーンを採用し、これはおそらく992世代の911に新設定された「リザードグリーン」。なお、ポルシェが採用するグリーンの名称は爬虫類の名を冠したものも多く、「マンバ(蛇の一種)グリーン」や ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore



>テスラ(TESLA) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗:テスラ・モデルX】今年の試乗中、間違いなく最高評価となる一台

投稿日:2016/11/08 更新日:

dsc00713

テスラ・モデルXに試乗。
結論から言うと本年度に試乗した車において、その衝撃度の大きさではブッチギリであり、危うく購入しそうになった車です(もしかすると本当に購入するかもしれない)。
さて、試乗予約はテスラのホームページからフォームにて申し込みますが、予約の上でテスラ心斎橋を訪問。
(テスラストア心斎橋の様子はこちらに画像をアップしています)








なお、テスラが日本に上陸したごく初期の段階に一度モデルSに試乗していますが(その時の試乗レポートはこちら)、その際の記録もテスラストアに残っており、そのほかの事情について事前にぼくのことを把握していたようで、テスラ社員の優秀さを改めて感じます(テスラ上陸時は欧米人が日本市場担当としてやってきていましたが、完璧な日本語を話していたのにも驚かされ、テスラの社員においてはスキルが相当に高いと考えられる)。

さて、ここでモデルXをチェックしてみましょう。
全幅2070、全長5037ミリと相当に巨大ですが、前後左右を絞ったデザインのせいか妙にコンパクトにも見えます。
ホイールベースは2970ミリですが最小回転半径は5.6メートルと取り回しは良好。

フロントのデザインとヘッドライトは最新のテスラ風となり、テールランプのデザインもそれに準拠(導光式のような感じでダイレクトにLEDの光を見せない)。

dsc00708

とりあえず驚くのは例の「ファルコンウイングドア」。
これを開閉させた時の衝撃たるや(何度も動画では見ているものの)相当なもので、まさに驚天動地といった感じ。
なおフロントドアも自動で開きますが、このファルコンウィングドア共々センサーを内蔵しており、壁や障害物には接触しない仕組み(その場合は自動で開閉が中断される)。

このドアを開閉させると通行人が必ず立ち止まって写真を撮ったり、特に子供は大喜び。
老若男女問わず注目しており、自動車というカテゴリを超えての訴求力がわかります。

試乗車はホワイトの内装を採用しており、かつファルコンウィングドアは開口部が大きいので、ドアが開いたときに受ける視覚的インパクトは絶大。
なお、このホワイトレザーは汚れ防止加工が施されており、試乗車にもかかわらずかなり綺麗な状態です。
シートバックがグロスブラックにてペイントされており、見た目の高級感が高いのも良いですね。

dsc00709

このファルコンウィングドアは屋根中央部を軸に開くため乗降時に頭上にかなりな余裕ができることになるので、「ウォークイン」乗車ができ、さらには雨が降っている時でもドアが傘代わりになるというメリットも。
モデルX発表時にはこのドアによって「幅30センチあれば」乗り降りできるというコメントがありましたが、それ以外にもよく考えられていると感心させられるところが多く、このドアは「キワモノ」ではなく実用性を高いレベルで備える秀逸な機構と言えますね。

dsc00710

さて室内。
シートポジションは車の全高から想像されるほどは高くなく、乗り降りは容易。
細部がモデルSからアップデートされており、さらにその先進性は増しています。

dsc00711

物理スイッチはウインカーレバー、ワイパーレバー、シフトレバー(コラムシフト)、ハザードボタンくらいで、そのほとんどの機能を中央のタッチパネルで操作可能。
なおこのパネルにナビゲーション画面や車両後部の画像を映し出すことができ、ストレスフリーなドライブに貢献していますね。

dsc00712

試乗車は「P90」で0-100キロ加速は5.0秒というスペック。
ポルシェ・ボクスターGTSの0-100キロ加速が4.9秒、日産R34 GT-Rで4.8秒なので、その加速の速さがわかろうというものですね。
なお上位モデルの「P100D」だと0-100キロ加速はランボルギーニ・ウラカンよりも速い3.1秒。
価格は1024万円、航続可能距離は489キロとなっています。

早速車をスタートさせますが、クリープがあるので街中でも扱いやすく、見切りは良好。
なおフロントグラスは巨大で頭上付近まで透明部分がるので開放感もあります。
道が開けたところで一気にアクセルを踏むとEVならではの瞬発力の高さを見せ、怒涛の勢いにて一気に加速。
大きな車ですが、かなり機敏に動くという印象を受けますね。

モデルSにて急発進を試みた場合はホイールスピンを起こしたことを記憶していますが、モデルXではそういったこともなく、トラクションコントロールが進化していることもわかります。
もちろんEVであるため静粛性は高く、エンジンの振動もないために乗り心地は快適そのもの。
サスペンションも良くできており、安定した姿勢を保ちながらもしなやかな乗り心地を実現しており、高速走行時のレーンチェンジやブレーキングに不安は全くありません。

ブレーキについては記載はないもののブレンボっぽいものが装着されていて、2.5トンの重量を難なく受け止めるだけの性能があり、非常に安心感があります(回生ブレーキの効きは調整可能)。

走行性能を云々する車ではありませんが、相当に「気持ちよく」走ることができ、走る楽しみもかなり高いレベルにあると言ってよく、テスラ登場時にイーロン・マスクCEOが「ガソリン車にできることはテスラには全てできる(つまりテスラはガソリン車以上)」と言っていた意味もよくわかります。

dsc00714

EVだからと言って何一つ我慢する必要がなく、しかもガソリン車以上の利便性や経済性、プレミア性を持つことは実際の販売状況が示しており、正直なところテスラがあればガソリン車を購入する意味はないかもしれない、とすら思います。

関連投稿
アメリカでの第三四半期高級車市場はテスラの圧勝。ベンツ、BMW、アウディの合計より多くのモデルSを販売

テスラは戦略上、EV=節約といった一般的な認識を覆し、専用充電器「スーパーチャージャー」も高級ホテルやリゾート地など、リッチな人が行く場所にのみ設置。
つまりターゲットを高額所得者に絞ることで高性能化を実現したわけですが、この副産物としててテスラのオーナー=リッチで環境意識が高く、先進的なものを受け入れるという図式ができており、そのためにセルフプロデュースのためにテスラを購入する、という人もいるかもしれませんね。

そういった背景もあり、テスラは自動車としての性能のみではなく、イーロン・マスクCEOの思想や、車に採用される様々な画期的な機構がもたらしてくれるメリットとともに語られるべき車であり、ぼくたちの自動車に対する考え方すらもシフトさせる新たな価値観を持っている、と考えています。

dsc00715

加えてテスラはそのアップデートをオンラインで(自宅にいながらにして)できるのが特徴でオーナーにとってはディーラーまで行く手間が省け、さらには物理的なアップグレードにも対応(P90D→P100Dなど)しているのがいいですね。
なおバッテリーのアップグレードにかかる費用はBMW i3のそれにかかる費用と同等。
i3のバッテリー容量はもちろんP100Dに比べて小さくなりますが、にもかかわらずテスラ同様の価格となるのは「交換が困難なため」。
逆に考えるとテスラは交換を前提とした設計を行なっているということになり、新興自動車メーカーにもかかわらず、こういった部分はよく考えられているようです。

登場した時はイロモノっぽい扱いも受けたテスラですが、こうやってみてみると、「先を行っていた」ことがわかりますね。

dsc00716

ちなみに後部シートの取り付けは「一本足」。
シートレールがなく、自動車というよりは家具のようですね。

dsc00717

こちらはモデルSのベアシャーシ。
多くのメーカーがガソリンエンジンを「モーターに置き換える」手法でEVを作る中、テスラはBMW iシリーズ同様にEV専用として設計。
これによってフロアにバッテリーを敷き詰めるというレイアウトが可能になり、低重心化が実現できています。

dsc00722

トランクも同様で、通常の車だとエンジンがあるスペースにはトランクが。
画像はモデルSですが、モデルXはもうちょっと横長な感じ。

dsc00733

ヘッドライナー、内装トリムの選択肢。
内装トリムはウッドやカーボンがありますね。

dsc00728

こちらはシート表皮。

dsc00729

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->テスラ(TESLA), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.