■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

価格に比べ装備充実のVWゴルフGTI試乗。比類ないコストパフォーマンスを誇るホットハッチ

投稿日:2017/07/02 更新日:

フォルクスワーゲン・ゴルフGTIに試乗。
フェイスリフトを受けた最新のゴルフ7世代となりますが、よく考えるとこの世代のゴルフGTIに乗るのは初めて。
エンジンは2リッターターボ、230馬力を発生し駆動方式はFF。
試乗車のトランスミッションは6速DSGですが、マニュアルトランスミッションもラインアップ。
車両本体価格は3,999,000円となっています。








電制デフを装備し、可変式ステアリング「プログレッシブステアリング」、オプションでは「ノーマル」「エコ」「スポーツ」「カスタム」を選択できる「ドライビングプロファイル(ドライブモード)」も備えるのが特徴。

試乗車にはさらにオプションの「テックパック」が装着されており、LEDヘッドライトにシーケンシャル点灯式LEDウインカーを内蔵したテールランプが装備されることで、もともと先進的であった各部がさらに洗練された印象ですね。

室内だと(これもオプションで)インフォテイメントシステムが「ジャスチャー対応」のDiscover Proにバージョンアップし、デジタルメータークラスター「Active Inf Display」装備などこちらも先進性を増していますが、これらはランボルギーニ・ウラカンをも凌ぐ装備となっており、こういったオプションが用意されるのもフォルクスワーゲン・アウディグループの底力を感じるところ。

ゴルフはフォルクスワーゲンにとっての「稼ぎ頭」で、利益を削ってでもライバルより販売を有利にしなくてはならないという使命が与えられており、そのために元来「その価格以上」の装備を持っているものの、オプション群の価格にしても他メーカーよりずっと安価で(この価格でアダプティブシャシーやダイナミックヘッドライトを装備できる車は多分他にない)、オプションをつけなくても、そしてオプションをつけたとしても「お買い得」な車。

フォルクスワーゲン・アウディグループは現在自動車販売台数「世界一」ですが、その物量をもって開発コストや仕入れコストを平準化できるので、「車そのものやオプションを安く作れる」下地をもっている、ということでゴルフもその恩恵を存分に受けた車(MQBプラットフォームの導入によって相当なコスト削減ができた模様)。

さらにはポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ブガッティといった上位ブランドを持つために、それらブランドからの「フィードバック」を受けることができる環境にあるのも事実。

たとえばデジタルメータークラスターはランボルギーニ・ウラカンと(アウディとも)同じですし、さらにはドライブモード、それの基本部分を担うマグネライドも同様と考えられます。

安全性においては標準装備として渋滞時追従支援システム、レーンキープアシスト、アダプティブクルーズコントロール、ダイナミックコーナリングライト、スタティックコーナリングライト、プリクラッシュブレーキシステム、その他数え切れないほどの充実したデバイスを持ち、グループ内の先進装備が惜しげも無く与えられることに。

現行ゴルフ(ゴルフ7)のプラットフォームは「MQB=Modulare Quer Baukasten」。
MQBは設計やパーツを共有することで車種間のコストを抑えること、最高レベルの強度確保を目的に開発されたフォルクスワーゲン・アウディグループのキモ入りプラットフォーム。
「コスト削減」と聞くといい気はしないかもしれませんが、別の視点から見ると「削減した分のコストで別の部分にコストを掛けることが出来る」、「下位モデルであれば上位モデルと同等のプラットフォームを使わせてもらえる」という利点も。

MQBが使用されるモデルはゴルフ7、ゴルフトゥーラン、B8パサート、AD1ティグアン、アトラス(北米専用)、最新モデルのアルテオン。
アウディでMQBを使用するのはQ2、8V型Q3、8S型TT、B9型A4。
つまりゴルフ7にとっては「上位モデルと同じプラットフォームが与えられた」ことになりますね(スポーツモデルのアウディTTと同じプラットフォーム)。

こういった感じでグループ内からの多大なる恩恵をもっとも受けているのが「ゴルフ」と考えており、そのためゴルフはほかメーカーの同価格帯の車に比べるとひとクラス以上「上」のポテンシャルや装備を持っている、と考えています(ほかメーカーの開発担当者から見るとゴルフは「反則」のように思えるかもしれない)。

ゴルフのコストパフォーマンスがいかに優れているかはどれだけでも語ることが出来ますが、あまりそこだけにフォーカスも出来ないので、とりあえず試乗に移りたいと思います。

外観は上述の通り先進的。
見ただけで「アダプティブヘッドライト」とわかる複雑な構造を持つヘッドライト、ガイドのついたエアインテーク、その奥に見えるLEDフォグランプ、そしてこれも一見してわかるLEDテールランプに高級感漂う切削加工のホイール。
一部オプションも含まれますが基本的な外観からして「価格以上」の品質や先進性が感じられるものであり、GTIにはヘッドライトからフロントグリルに通じる「レッドのアクセント」が与えられることで一層の「特別感」も感じられます。



内装だとチェックのシートがやはり「GTI」で、この柄は日本車や他の欧州車でもなかなかお目にかかれず、購入後もオーナーの満足感を維持させ愛着を抱かせるゴルフGTIならではの装備だと思われる部分。

シートに腰を下ろし各ミラーを調整しますが、内装の調度もやはり車格を超えたもので、アルミ調パーツ、フレームのないルームミラーは高級感や質感を感じさせます。

シートの着座位置は低く、シートのサポート性も良好。
座面はやや硬めで、目に入る部分、そして体に触れる部分など「人の感覚に訴えかける部分」からしてスポーティ。
エンジンのスタートは(これも先進的なデザインを持つ)ブレーキペダルを踏みながらセンターコンソールにあるスタートボタンを押して行いますが、エンジン始動時の振動やサウンドは低く抑えられており、スポーツモデルといえども快適性に配慮している模様。

まずはドライブモードを「コンフォート」のままスタートさせますが、このモードだと「普通のゴルフをちょっとだけシャープにしたような感じ」。
スタンダードなゴルフに比べて足回りが繊細で(ロードインフォーメーションがよく伝わる)、ステアリング操作に対する反応がよく正確で(遊びが少ない)、それはアクセル操作についても同じ。

この時点でも「やっぱり同じゴルフといえどもGTIは違うんだな」と思わせるところで、おそらくは通常ゴルフから「単にサスペンションを低く固めてパワーアップしただけ」ではなく、細かいところの精度を向上させているのだろうという印象も受けます。

ここでドライブモードを「スポーツ」に入れますが、当然のようにその性格は激変。
印象として大きく変わるのは「シフトプログラム」で、これは思った以上に「上まで」引っ張る設定に。
加えてステアリングホイールの「重さ」もずっしりとしたものへと変わり、この二つが感覚的に変更範囲が大きい、と感じる部分ですね。

そのほかはもちろんアクセルに対するレスポンス、サスペンションの設定も変更されますが、普通に走っているぶんには上記二つ(シフトプログラムとステアリングホイール)ほど大きな変化はなく、しかしこれは高回転までエンジンを回し、車体に負荷のかかるような走りを行うと明確な差異が感じられ、高回転域では大排気量NAのようなアクセルのツキの良さ、カーブではより車格の高いスポーツカーのような安定したコーナリングを見せるのには驚かされるところでもあります。

ブレーキング、ハンドリング、足回りについてはこれまでのゴルフ7同様に不満などあろうはずはなく、また内装の質感や操作性も同様。
ウインカーレバーのタッチ、ステアリングホイールに使用されるレザーの質感一つ取っても同クラスの車では太刀打ちできないレベルにあると断言できます。

弱点があるとすればブランドバリュー(ぼくにとっては唯一にして最大)、そしてリセールの低さ。
実際のところ3年後の残価設定は45%と低い数字となっており、この部分がが許容できるかどうか、というのは自分と折り合いをつける必要がありそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.