>その他アメリカ車 ■ニュース

え?これがマツダ・ロードスター?米掲示板でキャデラック風カスタムが「あまりに醜い」と話題に

投稿日:

| カッコいいかどうかを別にすると、その技術はなかなかのものではある |

さて、世の中には様々なカスタムそしてレプリカが存在しますが、そんな中で「世界で最も醜い」と称されるマツダ・ロードスターのカスタムが登場。

これはマツダ・ロードスターのボディをキャデラック・エルドラド風に架装したもので、リアを見るとけっこう高いレベルでエルドラドを再現しているようですね。

フィンに始まりテールランプ、グリルなど、おそらくは流用加工、ワンオフで作ったであろうパーツがずらっと並び、おそらくは相当に高い技術を用いたであろうことがわかります。

なお、こちらはエルドラドではないものの、同様のデザインを持つキャデラック「シリーズ62」。

L1250874

この世代のアメ車はとんでも無く手がかかっていた

ここでそのシリーズ62を見てみると、フィンのトリム、テールランプの取り付け部など「芸術品じゃないだろうか」と思えるほどの美しい仕上がりを持っています。

L1250862

今だったら法的に(突起物として)認められないであろう形状ですね。

キャデラックはこれ以前にも「フィン状のテール」を持っていますが、この形状を採用したのは1955年のエルドラドが最初だと言われ、その後1959年あたりまでキャデラックの特徴として用いられた、とされています。

なお、当時アメリカでは流線型が流行っており、自動車のみならず様々な製品に流線型が用いられたようで、ものの本によると「歯ブラシまで」流線型であった、とのこと。

L1250861

バンパー両サイドにはジェット機のタービンのような形状を持つパーツ。

L1250868

バンパー中央にはこれまた手の込んだ形状を持つグリル。

L1250866

フロントはこんな構造。

L1250890

フロントグリルもリヤに似た構造を持っていますが、製造には多大な手間がかかったであろうことがわかります。

こういった部分が当時のキャデラックを「キャデラックたらしめていた」のでしょうね。

L1250892

軽量化や空気抵抗とは無縁のデザインを持つように思われ、当時はいかに重厚かつ豪華であるかが重要だったのかもしれません。

フロントはなぜかセリカのヘッドライト

そしてこのマツダ・ロードスターのフロントを見てみると、なぜかトヨタ・セリカのヘッドライトを装着。

もともとのリトラクタブルヘッドライトを取り外し、そこへセリカのヘッドライトを埋め込んでいるわけですが、バンパー側、ボンネット側ともその隙間をうまく埋めており、これもやはり高いスキルを活用している部分でもありますね。

ma

参照:Reddit

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他アメリカ車, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5