ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■近況について

新型ランドクルーザーを見てきた!トヨタは欧州のプレミアムカーメーカー製SUVにも対抗できるように新型ランクルを仕上げてきたようだ

投稿日:2021/08/22 更新日:

| 想像していたよりも遥かにプレミアム感の強いクルマだった |

新型ランクルは確実に欧州の自動車メーカーの作るSUVと戦えるだけの力を持っている

さて、新型トヨタ・ランドクルーザーを見にトヨタディーラーへ。

これまでにもいくつかのトヨタディーラーを訪問してランクルの商談を行っていますが、今回は比較的しっかりと見ることが出来、対応が素晴らしかったトヨタカローラ名神茨木さんでの個体を紹介したいと思います。

ボディカラーはブラック、グレードはGR SPORT(3.3リッターディーゼル5人乗り)、インテリアカラーはGR SPORT専用のブラック&ダークレッド。

第一印象は当然ながら「デカい」というものですが、GR SPORTということもあってアクセントが効いており、けっこうスポーティーな印象を受けます。

これまでのランクルというと、どうしても「バン」的な印象もあり、それは車体の後ろギリギリまでもが「箱型」となるボディ形状に起因するものと考えられますが、新型ランドクルーザーではややボンネットが長く、フロントウインドウが寝ているようにも見え(実際のところは新旧の比較を行っていないのでわからない)、ウェッジシェイプといってもいいプロポーションを持つようですね。※ルーフスポイラーのサイズが大きいこともルーフを後方にまで引っ張っているように見せ、ウエッジシェイプを感じさせる部分なのかもしれない

L1350501

新型ランドクルーザーのディティールはこうなっている

そこで新型ランドクルーザーのディティールを見てみたいと思いますが、細部に至るまで細やかな配慮がほどこされ、けっこうな高級感を感じます。

新型ランクルのライバルはポルシェ、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディといった欧州勢になろうかと考えられ、しかしそれらに負けないだけの質感を備えたということになりそう。

L1350456

新型ランドクルーザーはけっこうゴツゴツとした印象を演出しているものの、反面ヘッドライトやフロントフェンダー、フロントバンパーの境界などは「非常になめらか」。

ヘッドライト内部にも「LAND CRUISER」の文字が見えます。

L1350460

GR SPORTなのでフロントグリルやパンパーの意匠がほかグレードとは異なり、ヘッドライト内部のデイタイムランニングランプとつながるラインが(グリル内に)設けられています。

グリルはかなり前に押し出されているようで、このために「ボンネットが長い」という印象を受けたのかも。

L1350462

この「グリルを前に出すことでロングノーズ感を出す」のはマツダやマセラティ、メルセデス・ベンツ、BMWに顕著な傾向で、これによってボディ上部分に相当するキャビンの容積を小さく見せることができ、「スポーツカー的な」ルックスを実現できるわけですね(一般にスポーツカーはキャビン部分がコンパクト。反面、この容積が大きくなると世帯っぽいクルマになる)。

L1350455

バンパー下部の樹脂部分、その上の部分との連続性にも破綻はなく、こういった部分が新型ランドクルーザーの「塊感」を演出している模様。

ちなみにボディサイズは全長4,965ミリ、全幅1,990ミリ、全高1,925ミリ。

L1350466

バンパー内のグリルのほとんどは実際に「貫通」しています。

L1350530

ちなみにヘッドライトはかなり「薄く」、反面グリルが大きいため、これが押し出しの強さにつながっていると言えそうですね。

L1350532

サイドミラーはドアスキンマウント、そしてGRバッジ。

L1350472

ホイールはGR SPORT専用デザインの18インチ、マットグレー仕上げです。

なお、ZXには20インチホイールが装着されており、GR SPORTのほうがホイール直径が小さいというのはちょっと意外でもあります。

L1350457

ホイールボルト(ナット?)はダーククローム仕上げ、そしてホイールセンターキャップにもクロームの縁取りが与えられるなど「一味違う」作りを持ち、このあたりはホイールボルトにまでこだわるレンジローバーなどを意識したんじゃないかと思うところ。

L1350505

前後フェンダーは力強く盛り上がり、樹脂製にて「ヘキサゴン」が強調されます(新型ランドクルーザーのデザインコンセプトは「ヘキサゴンブリッジ」)。

L1350484

新型トヨタ・ランドクルーザーの内外装デザインはこうやって決定された!その初期スケッチから製品化に至るまで
新型トヨタ・ランドクルーザーの内外装デザインはこうやって決定された!その初期スケッチから製品化に至るまで

| 新型ランドクルーザーはもしかすると「未来」を目指していた可能性もああったようだ |この記事のもくじ| 新型ランドクルーザーはもしかすると「未来」を目指していた可能性もああったようだ |むしろ70系 ...

続きを見る

テールランプ内部の発光エレメントはヘッドライト内部のデイタイムランニングランプと共通しており、外側にはトヨタやレクサスでおなじみとなった「エアロスタビライジングフィン」が設けられています。

L1350475

リアハッチ上の「LAND CRUISER」文字はブラック仕上げ。

比較的薄型で上品さが感じられます。

L1350478

新型トヨタ・ランドクルーザーのインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型トヨタ・ランドクルーザーのインテリア。

GR SPORT専用のブラック&ダークレッドです。

けっこうインパクトがあり、無償ということもあって購入するならこのカラーを選びたいと思います。

L1350490

トリムはGR SPORT専用の「切削カーボン」。

L1350493

メーターはフルデジタルではなくアナログ針を使用した「オプティトロン」。

L1350486

ステアリングホイールは「マルチファンクション」。

L1350487

レザーシートにはレッドステッチ。

L1350515

「ヘッドレストにはGR」刺繍に・・・。

L1350513

シート表皮にはパンチング。

L1350514

こちらは後席に・・・。

L1350496

ラゲッジスペース(けっこうフロアが高い)。

L1350499

新型ランドクルーザーを試乗してきた際の動画はこちら

そのほかの画像はFacebookのアルバム「新型トヨタ ランドクルーザー / TOYOTA LANDCRUISER」に保存中。

忙しい中対応してくださったトヨタカローラ名神茨木店さんにはお礼申し上げます。

新型ランクル300の展示車・試乗車はこちらにて

トヨタカローラ名神茨木

住所:茨木市三咲町5−17
TEL:072-624-7755
ウエブサイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■近況について
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5