ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ベントレー(Bentley) ■近況について

ベントレーのホテル試乗会へと参加してきた!当日の目玉、新型フライングスパーV8はこんなクルマ

投稿日:2021/06/20 更新日:

ベントレーのホテル試乗会へと参加してきた!当日の目玉、新型フライングスパーV8はこんなクルマ

| ベントレーはロールスロイスとは異なる手法で「高級さ」を演出する方法を確立したようだ |

これだけの充実した内容を体験できるとあってイベント参加枠は争奪戦

さて、ベントレーの試乗イベント、「THE EXTRAORDINARY DRIVING」に招待いただき、会場のグランドニッコー淡路(ホテル)へ。

メインはベントレーの誇る4ドアグランドツアラー、新型フライングスパーV8の展示試乗となっています。

ちなみにぼくは当日コンチネンタルGT V8コンバーチブルに試乗させていただきましたが、展示試乗会の様子ともども、後日動画にて紹介する予定です。

会場はグランドニッコー淡路

上述の通り会場となったのはグランドニッコー淡路。

その名のまま淡路島に位置するホテルですが、ここのホールを借り切っての展示を行うとともにフライングスパーV8、フライングスパー、ベンテイガV8、コンチネンタルGTマリナー、コンチネンタルGT V8、コンチネンタルGT V8コンバーチブルの試乗を行なうという豪華なイベントとなっています。

これだけのラインナップを揃える試乗会というのもなかなかなく、よって応募開始後の抽選倍率も(あとで聞いた話ですが15〜20倍)相当に高く、招待いただいたコーンズの担当さんにはまことに感謝。

レーシングドライバーの方の運転による同乗走行、クローズドコースを使用したフル加速と急制動、ブレーキの体験といったプログラムもあり、非常に充実した時間だったと思います。

L1330288

ちなみに会場にはアセットコルサを使用した「THE MAGARIKAWA CLUB」のシミュレーターもあり、こちらも2周ほど走らせてもらうことに(これもあとで動画を上げたいと思う)。

このコースは自然の山林の地形を生かしたレイアウトを持つためにかなりアップダウンがきつく、シミュレーター上でもかなり「クルマの性能が試される」コースということがわかりますが、実際にこのコースを利用するには会員権を購入する必要があり、当初はもちろんその数も制限される「狭き門(一口3,500万円くらいらしい)となりそうですね。

凄いなコーンズ!アジア初の会員制滞在型サーキットを建設と発表。空調完備のパドックやスパも備えプロドライバーの個人レッスンも

| 会費は相当に高そうだが需要はかなりありそうだ | フェラーリやランボルギーニ、ベントレー、ロールスロイス等の正規ディーラーを運営するコーンズがなんと「サーキットを建設中」と発表。これはアジア初の会 ...

続きを見る

参考までに、こちらは当日の「お土産」。

TAITTINGER(テタンジェ)のシャンパンに、ベントレーのボンネット状のマスコットという豪華な内容で、とくにこのマスコットはずっしりと非常に重く、ベントレーのクルマが持つ重厚感を体現しているように思います。

L1330449

新型フライングスパーV8はこんなクルマ

そしてこちらが展示車の目玉、新型フライングスパーV8。

4リッター・ツインターボV8エンジン(550馬力)を搭載し、0−100キロ加速は4.1秒、最高時速は318キロに達します。

L1330270

フロントグリルはグロスブラック仕上げのバーチカルベーン(奥にはマトリクスグリル)。

L1330302

ヘッドライト内部はまさに宝石のようだ・・・。

L1330332

ベントレーのマスコット、「フライングB」もブラック(構造を見るに、発光するようだ)。

L1330272

ボンネット中央にはかなり鋭い盛り上がり。

L1330279

ボンネットからフェンダーにかけての造形は「芸術的」。

L1330281

ベントレーは「フロントタイヤを前に移動させ、ボンネットのラインに張りを持たせた」と表現していますね。

L1330305

リアフェンダーのプレスもシャープです。

L1330349

なお、あちこちにブラックのインサートがあり、ヘッドライトベゼルもグロスブラック(ブラックラインスペック装着)。

L1330300

ドアハンドル内側にもブラック。

こういった「ちょっとした」部分の積み重ねがスライングスパーを特別に見せているように思います。

L1330310

ボディサイドにもブラックのインサート。

L1330319

リアバンパー、ナンバープレート周辺にもブラックのインサート、そしてテールパイプもブラック。

これらによってかなり引き締まった印象を受けます。

L1330318

ベントレー・フライングスパーV8のインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型すらイングスパーV8のインテリア。

ブラックのパネルは「ポリッシュ仕上げのウッド」です。

L1330418

ベントレーらしい2トーンカラーが用いられています。

L1330422

座面にはダイヤモンドステッチに・・・。

L1330420

シートバックにはダブルダイヤモンド。

L1330419

ウインカー他ステアリングコラムから生えるレバーにはナーリング加工が施されます。

L1330424

各種スイッチにもナーリング加工。

ちなみにこのナーリング加工はヘッドライト内部や、キーの側面にも再現されるモチーフです(ベントレーの高級感を演出する源ともいえる)。

L1330430

カップホルダーの底面にもナーリング加工!

L1330421

アナログ時計やエアコン吹出口周辺にもナーリング加工!

L1330411

このほかの画像はfacebookのアルバム「ベントレー試乗イベント」にて公開しています。

合わせて読みたい、ベントレー関連投稿

ベントレー・フライングスパー
ベントレーがフライングスパー発表から2年もたたずに改良版を発表!「より室内が静かになった」ほか、ボディカラーが63色に拡大するなど他社とは一味異なる内容に

| 改良には「バーチャルプロトタイプ」を使用し、追加されたボディカラーは「カンブリアングレー」 |この記事のもくじ| 改良には「バーチャルプロトタイプ」を使用し、追加されたボディカラーは「カンブリアン ...

続きを見る

ベントレーが「オーナーの要望にて」コンチネンタルGTとマッチした内外装を持つヨットをデザイン
ベントレーが「オーナーの要望にて」コンチネンタルGTとマッチした内外装を持つヨットをデザイン!キャビンは想像以上に「ベントレー」

| これからの高級車メーカーは「自動車以外の」仕事も増えてきそうだ |この記事のもくじ| これからの高級車メーカーは「自動車以外の」仕事も増えてきそうだ |加えて、オーナーからのカスタムに関する要望も ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ベントレー(Bentley), ■近況について
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5