ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA)

なぜ混ぜたッ!それでも格好いい、マツダRXヴィジョンGT3とポルシェ918スパイダーとのフュージョン作品が公開

投稿日:

| エンジン、駆動方式、パッケージングともにまったく共通点がない2車だが |

さて、いつも変わり種のCGを公開するCarlifestyleですが、今回はマツダRXヴィジョンGT3コンセプトとポルシェ918スパイダーとも融合させてしまったレンダリングを公開。

なぜこの2車をフュージョンさせたのかは全くの謎ですが、正直「意外とイケてる」と思います。

マツダRXヴィジョンGT3コンセプトは2015年にロードカーをイメージして発表された「RXヴィジョン・コンセプト」のレーシングバージョンという位置づけで、2020年3月には公開済み。

マツダが新型スポーツクーペ「RXヴィジョンコンセプト」公開

続きを見る

グランツーリスモSPORTに収録されたことでも話題を呼んでいますが、なにより「レーシングカーらしからぬ美しいスタイリング」が最大の特徴です。

マツダがロータリースポーツでレースに復帰!グランツーリスモSPORTのアップデートにてMAZDA RX-VISION GT3 CONCEPTが使用可能に

続きを見る

マツダRXヴィジョンGT3コンセプト(MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT)はこんなクルマ

マツダRXヴィジョンGT3コンセプトは、架空の世界にしか存在しないクルマではありますが、スペックとしては全長4,590ミリ、全幅2,075ミリ、全高1,120ミリ、ホイールベースは2,700ミリ、車体重量は1,250kg。

フロントに搭載されるエンジンは自然吸気の4ローター・ロータリーエンジン”SKYACTIV-R”で、出力は570馬力、駆動方式はFR。

mazda-rx-vision-gt3-concept

もちろん「魂動」デザインを採用し、BMW M6 GT3、アウディR8LMS、アストンマーティンV12ヴァンテージGT3、アルファロメオ4C Gr.3、スバルWRX Gr.3、ミツビシ・ランサーエボリューションFinal Edition Gr.3、トヨタFT-1ビジョングランツーリスモGr.3、シボレー・コルベットC7 Gr.3といったライバルに比較して”美しい”プロポーションを持っています。

なお、マツダは現実世界にて走らせているレーシングカー「RT-24P」にも魂動デザインを採用しており、こちらもやはり「レーシングカーとは思えないほどに「美しい」クルマ。

マツダがル・マン参戦の計画を示唆。「まずはIMSAで優勝し、その後ル・マンへ。開催元とも話し合った」。そもそも現在IMSA参戦中のRT24-Pはもともとル・マンを意識したネーミング?

続きを見る

ポルシェ918スパイダーはこんなクルマ

一方のポルシェ918スパイダーは2013年にポルシェが発売したハイパーカーで、市販車ではじめてニュルブルクリンクのラップタイム「7分切り」を達成したことでも有名な一台。

パワートレーンは612馬力を発生する4.6リッターV8、そしてこれをミッドシップマウントし、さらにはトランスミッションにひとつ、フロントアクスルに2つのエレクトリックモーター(合計275馬力)を装備するハイブリッドカー。

全長4,497ミリ、全幅1,928ミリ、全高1,091ミリ、ホイールベース2,650ミリというマツダRXヴィジョンGT3コンセプトと比較的近いサイズを持ち、しかし車体重量はハイブリッドなのでちょっと重めの1,490kg。

マツダほどそのデザインが有名になった自動車メーカーは少ない

こうやって見ると(似たようなサイズを持つとはいえど)メカニズム的な接点がほぼ無い2車であり、しかし今回のレンダリングでは「うまく混ぜたな」というのが正直な印象です。

フロントはほぼマツダRVヴィジョンGT3コンセプトのままですが、(おそらく)ミドシップ化によってノーズが短縮され、フロントフェンダーは918スパイダーよろしく盛り上がりを見せ、エアアウトレットも設けられています。

そこから後ろはほぼ918スパイダーのままではあるものの、ホイールはマツダRXヴィジョンGT3コンセプトから拝借しているようですね。

なお、マツダは明確にデザイン言語を打ち出している自動車メーカーのひとつであり、そのために多くのデザイナーからも注目され、数々の非公式レンダリングが作成されることも。

公式じゃないけどカッコイイ!マツダのスーパーカー「マツダ9」がデザイナーによって発表される

続きを見る

これだけデザインが注目される、そしてデザイン言語が有名になったブランドも少なく、これはマツダの努力の賜物と言えそうですね。

マツダ「我々はさらにプレミアムを目指す」。なおマツダのデザイン部門トップはRX-7のデザイナーの息子、つまり親子二代でマツダ車をデザイン

続きを見る

参照: carlifestyle

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->マツダ(MAZDA)
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5