ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがル・マンを戦うニューマシン、GR010 HYBRIDを発表!ガソリンエンジン680PS、モーター272PS、外観は「開発中の次世代ハイパーロードカーを彷彿」

投稿日:

トヨタがル・マンを戦うGR010ハイブリッド(ハイパーカー)

| このレーシングカーが公道仕様として発売されるとは恐ろしい |

さて、トヨタが先般より発表を予告していたル・マン・ハイパーカー。

今回「GR010 HYBRID」として発表され、これをもって2021年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)する、とアナウンスされています。

もちろんこれは競技専用のレーシングカーではありますが、トヨタいわく「開発中の次世代ハイパーロードカーを彷彿とさせるデザイン」が与えられているとのことなので、公道走行可能な市販モデルもこれに近いデザインが与えられることになりそうですね。

参考トヨタ”GRスーパースポーツ”公開。「市販車の性能を向上させるのではなく、レーシングカーを市販車にした」

続きを見る

GR010 HYBRIDはこんなパッケージングを持っている

そしてこのGR010 HYBRIDについて、後輪を駆動するのは680PSを発生する3.5リッターV6ガソリンエンジン。

前輪には、アイシンAWとDENSOとの共同開発によるモータージェネレーターユニット(MGU)が搭載されています。

ル・マン・ハイパーカークラス(LMH)ではこれまでとレギュレーションが異なるために車体サイズ等にも変更があり、全長は250ミリ長く、全幅は100ミリ大きく、前高は100ミリアップ。

車体重量は162kg増加し、パワーが32%絞られるためにル・マン(サルテサーキット)のラップタイムはTS050比で10秒程度遅くなる、とのこと。

なお、TS050とのもっとも大きな変更は「リアにモータージェネレーターユニットを積んでいない」ということで、スターター専用のモーターが組み込まれているようですね。

02

新レギュレーションによれば、「シーズン中に特定の車体パッケージを持ち込むことができない」とされており、つまりサーキットごとにエアロパッケージを変更できないということなのだと思われますが、このために「ダウンフォースが要求されるサーキット(テクニカルサーキット)でも、低ドラッグが要求されるサーキット(高速サーキット)でも同じ仕様で戦う」ことに。

加えて、ル・マンのトップカテゴリーにおいては、はじめて「BoP(バランス・オブ・パフォーマンス)」なる概念が持ち込まれ、これは「WECシリーズオーガナイザーがエネルギー使用量や車両重量を規定し、各社のハイパーカーの均一なパフォーマンス実現を目指して、レース毎に車両のパフォーマンスをコントロールする」と紹介されています。

そしてトヨタは、「TGR(トヨタ・ガズー・レーシング)とスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)やバイコレス、さらにLMP1カーで参戦を表明しているアルピーヌといった競合チームとの接戦が展開される」ともコメント。

03

2021年シーズンのWECは6レースで競われることになり、初戦は3月19日のセブリング1000マイル、スパ6時間レース(5/1)、ル・マン24時間レース(6/12-6/13)、モンツァ(7/18)、富士スピードウェイ(9/2)、てバーレーン(11/20日)と続きます。

ドライバーラインアップは2019-2020シーズンと同じで、7号車をマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス組、8号車をセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー組がドライブする、とのこと。

TS050ハイブリッドはこんなレーシングカーだった

参考までに、こちらはこれまでル・マン24時間レースを戦ってきたTS050ハイブリッド。

GR010ハイブリッドについて、ノーズ(F1風ではなくなった)とリアウイング形状がTS050ハイブリッドから変更されていることがわかりますね。

トヨタ「TS050はポルシェ919がニュルで記録した最速ラップを更新できる」。GRスーパースポーツ販売促進のため記録に挑戦?

続きを見る

GR010 HYBRYDテクニカルスペック

ボディカーボンファイバー構造
ギヤボックス横置き7速シーケンシャル
ドライブシャフトトリポッドCVジョイント式ドライブシャフト
クラッチマルチディスク
ディファレンシャル機械式ロッキングディファレンシャル
サスペンションプッシュロッド式独立懸架ダブルウイッシュボーン(前/後)
スプリングトーションバー
アンチロールバー前/後
ステアリング油圧式パワーステアリング
ブレーキアケボノ・モノブロック軽合金キャリパー/ベンチレーテッドディスク
ホイールレイズ マグネシウム合金, 13 x 18 インチ
タイヤミシュラン・ラジアル(31/71-18)
全長4900mm
全幅2000mm
全高1150mm
車重1040kg
燃料タンク容量90 リッター
エンジン形式V型6気筒 直噴ツインターボチャージャー
バルブ数4 / シリンダー
エンジン排気量3.5 リッター
燃料ガソリン
エンジン出力500 kW / 680PS
ハイブリッドパワー200 kW / 272PS
バッテリーハイパワー型・トヨタ・リチウムイオンバッテリー
フロントモーター/インバーターアイシンAW / デンソー製

参照:TOYOTA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5