ad-728





>その他ポルシェ関連/ニュース

世界でもっとも価値のあるポルシェ917Kが競売に。「栄光のル・マン」に登場した個体そのもの

2017/06/30


ポルシェ917Kは「世界で最も有名なレーシングカー」の一台ですが、その917の中でも「最もレアな」個体がオークションに登場。
どう「レア」かというと、1971年のスティーブ・マックイーン主演による映画「栄光のル・マン」で実際に使用された個体で、実際のル・マンのテストセッションにおいても当時のファステスト・ラップを叩き出した個体。

その後もポルシェは何度かこれをテストに使用し、ポルシェのテストドライバー、ジョー・シファート氏に売却。
同士はその後「栄光のル・マン」撮影のため、この車両をスティーブ・マックイーン率いるソーラー・プロダクションへ貸し出し、実際に撮影に使用された、とのこと。

数年後にジョー・シーファート氏はパリのコレクターにこの車両を売却し、その後はずっと存在すら忘れられていたものの、2001年にオリジナルコンディションのまま発見(その経緯は不明)。

さらにそこからレストアを経て今回オークションに出品されることに、というのが成り行きのようですが、その価値は計り知れず、いったいいくらの値がつくのかは不明。

なお動画ではポルシェ917Kの細部を確認可能。
フロントのエンブレムは軽量化のために「ステッカー」で、これは現在でも市販モデルの911GT3系に受け継がれる伝統ですね。

エンジンを始動する様子も。
やはり軽量化のためか、どのパーツも極限まで「薄く」作られているのがわかります。
FRPパーツは「透けて」見えるほどの薄さとなり、同じくドアなどもかなり「薄く」なっています。

実際に走行する姿も。
この映像だけでも貴重なのではと思えるほど。

->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , , , ,