>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >アウディ(Audi) >アルファロメオ/アバルト/フィアット >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >パガーニ >フェラーリ >ブガッティ >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG) >ランボルギーニ ■自動車各社業績/ランキング/記録等

【随時更新】ニュルブルクリンクのラップタイム最新版。ランキング100位まで、そして「SUV」「FF」「EV」「コンパクト」などカテゴリ別最速車を見てみよう

2019/01/20

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮

ニュルブルクリンクにおける市販車のラップタイム「最新版」。

このランキングも当初「ベスト50」から始めるも、なんどか更新してゆくにつれ、ついに「ベスト100以上」にまで延長されています。

ニュルブルクリンクのラップタイムについては、ポルシェ918スパイダー登場以前までは大きな変動はなく、しかしポルシェ918スパイダーが市販車初の「7分切り」を達成したのち、どんどんタイムが短縮されることに。

現在の「最速」はメルセデスAMG One(6分35秒183 / 20.8km)ですが、ここまでのタイムとなると、最初からハイパーカーとして設計された少量生産車でした上位争いを行うことは難しいのかもしれません。

ニュルブルクリンクのタイム計測方法は2019年から変更

参考までに、ニュルブルクリンクのタイム計測については複数方法があり、これまで一般的だったのは「グランドスタンドT(ターン)13の終わりから計測を開始し、T13の始まりで計測を終了する(20.6km)」。

これは走行距離はちょっと(約232メートル)短くなるのでタイム計測的に有利であり、多くの自動車メーカーそしてカーメディアが採用する方法です。

ただし2019年にニュルブルクリンクGmbHは旧来の方法ではなく、「T13の同じところを計測開始と終了のポイントとし、この方法にて計測したタイムを公式として認定する(20.8km)」と制定しており、現在のランキングには複数の計測手法が混在している、ということになります。※旧来の計測方法だと、速いクルマでおおよそ4秒ほど短いタイムが出ているようだ

ポルシェが新型911GT3発表!レーシングカー譲りのエアロにサスペンションを持ち、出力は510馬力へ

参考までに、ニュルブルクリンクは明確にセグメント分けを行っていて、これによると「コンパクトカー(アウディRS3が最速)」「ミッドレンジカー(ジャガーXEプロジェクト8が最速)」「エグゼクティブカー(メルセデスAMG GT 63Sが最速)」「SUV、オフロード、バン、ピックアップ(ポルシェ・カイエンターボGTが最速)」、「スポーツカー(メルセデスAMG Oneが最速)」、「改造車( ポルシェ911GT2 MRが最速で、ニュルは911GT2MRを改造車とみなしている)」 「プロトタイプ(ポルシェ919ハイブリッドEVOが最速)」となっています。

それではニュルブルクリンクのラップタイム「市販車トップ100」を見てみよう

こちらが現時点でのニュルブルクリンクのラップタイム最新版。

同じ車種で、同年式のクルマを複数メディアがアタックしたりしている場合は「もっとも速かったタイム」を採用し、ほかのメディアの記録はノーカウントとしています。

加えて、同一形式のクルマが複数記録を持つ場合も「一番速いタイム」を採用(フェイスリフト前後は”別の”クルマとしてカウント)。

一方で、チューナーやショップなどメーカー以外の手による改造車や市販されていないクルマもノーカウント。

よって、マクラーレンP1 LMといったクルマの記録も除外していますが、上述の通りニュルブルクリンクのタイム計測方法は2020年を境に変更され、新旧方法で計測されたタイムが混在します。※最近はようやく20.8kmのタイム発表が根付いてきた

  1. メルセデスAMG One 6:35.183/20.8km 6:30.71/20.6km(2022) オンボード
  2. ポルシェ911GT2 RS MR (3656万円)6:43.3/20.8km 6:38.84/20.6km(2021) オンボード
  3. メルセデスAMG GTブラックシリーズ 6:48.047/ 20.8km 6:43.616/20.6km(2020)オンボード
  4. ポルシェ911GT3 RS (992) 6:49.328/20.8km 6:44.85/20.6km(2022)オンボード
  5. ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ 6:44.97/20.6km(2018)オンボード
  6. Next EV NIO EP9(?万円)6:45.90/20.8km(2018)オンボード
  7. ポルシェ911 GT2 RS(ノーマル) 6:47.25 / 20.6km
  8. ラディカルSR8LM(1780万円) 6:48.28/20.6km(2009)オンボード
  9. ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ(3418万円) 6:52.01/20.6km(2017) オンボード
  10. ラディカルSR8 6:55.00/20.6km(2005)オンボード
  11. ポルシェ911GT3(992) 6:59.927/20.8km 6:55.10/20.6km(2021)オンボード
  12. ポルシェ911GT3 RS(?万円/2018)) 6:56.5/20.6km オンボード
  13. ポルシェ918スパイダー(9500万円) 6:57.00(2013)オンボード
  14. フェラーリ 296GTB アセット・フィオラノ・パッケージ 6:58.70/20.8km オンボード
  15. ランボルギーニ・アヴェンタドールSV(5179万円) 6:59.73(2015)オンボード
  16. フェラーリ488ピスタ 7:00.03 (2019)オンボード
  17. ダッジ・ヴァイパーACR 7:01.30(2017)オンボード
  18. ポルシェ718ケイマンGT4 RS MR(2023) 7:03.121/20.8km 6:58.092/20.6km オンボード
  19. ポルシェ718ケイマンGT4 RS (2021)7:09.3/20.8km 7:04.511/20.6km オンボード
  20. メルセデスAMG GT R Pro 7:04.632(2018)オンボード
  21. リマック・ネヴェーラ 7:05.298 / 20.8km(2023)オンボード
  22. ポルシェ・タイカン 7:07.55(2024)オンボード
  23. マクラーレン720S 7:08.34(2018)オンボード
  24. 日産GT-Rニスモ(1500万円) 7:08.68(2015)オンボード
  25. マクラーレン600LT  7:08.82(2019)
  26. ポルシェ718ケイマンGT4 RS 7:09.300
  27. メルセデスAMG GT R 7:10.92(2017) オンボード
  28. グンペルト・アポロ・スピード(3800万円?) 7:11.57(2009)オンボード
  29. ダッジ・ヴァイパーSRT-10 ACR(1500万円?) 7:12.13(2010)オンボード
  30. ポルシェ911GT3(2115万円) 7:12.7(2017)オンボード
  31. シボレー・コルベットZ06(C7) 7:13.9(2017) オンボード
  32. レクサスLFA ニュルパッケージ(4450万円?) 7:14.64(2012)オンボード
  33. ドンカーブートD8 RS(1000万円?) 7:14.89(2005)オンボード
  34. シボレー・カマロZL1 1LE 7:16.04(2017)オンボード
  35. ポルシェ911ターボS(991.2)7.17.00(2018)
  36. ポルシェ911GT2RS(997.2 / 2800万円?) 7:18.00(2010)
  37. BMW M4 CSL  7:18.98/20.8km 7:15.677/20.6km(2022) オンボード
  38. ジャガーXE SV プロジェクト8(?万円) 7:23.16/20.8km 7:18.361/20.6km(2019)
  39. ポルシェ911GT3(991.2) 7:18.00(2018)
  40. ラディカルSR3ターボ(1350万円) 7:19.00(2003)オンボード
  41. 日産GT-R 7:19.10(2013)
  42. シボレー・コルベット ZR1(1490万円) 7:19.63(2012)オンボード
  43. フェラーリ488GTB 7:21.63(2016) オンボード
  44. BMW M4 CS 7:21.989(2024) オンボード
  45. ダッジ・ヴァイパーACR 7:22.01(2009)オンボード
  46. シボレー・コルベット Z06(1265万円) 7:22.68(2011)
  47. メルセデスAMG GT 63S 7:27.80/20.8km 7:23.009/20.6km(2020) オンボード
  48. グンペルト・アポロ・スポーツ 7:24.00(2007)
  49. ポルシェ911 カレラGTS 7:24.00(2017)
  50. ポルシェ・パナメーラ・ターボS Eハイブリッド 7:24:172(2024) オンボード
  51. 日産GT-R 7:24.22(2011)オンボード
  52. マセラティMC12 7:24.27(2004)オンボード
  53. パガーニ・ゾンダF クラブスポーツ 7:24.44(2005)オンボード
  54. ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4317万円) 7:25.00(2011)
  55. フェラーリ エンツォフェラーリ 7:25.21(2002)オンボード
  56. テスラ・モデルSプレッド(トラックパッケージ) 7:25.231/20.8km(2023)オンボード
  57. マセラティMC20 7:25.26(2023)オンボード
  58. KTM X-BOW R 7:25.72(2012)オンボード
  59. メルセデスSLS AMGブラックシリーズ 7:26.40(2014)オンボード
  60. 日産GT-R 7:26.70(2008)オンボード
  61. ポルシェ911GT3RS 4.0 7:27.00(2011)オンボード
  62. フェラーリ812スーパーファスト 7:27.48(2019)オンボード
  63. BMW M4 GTS(1950万円)7:27.88(2016)オンボード
  64. ポルシェ カレラGT 7:28.00(2003)
  65. フェラーリ458イタリア(2920万円) 7:28.00(2009)オンボード
  66. マクラーレン MP4-12C(2869万円) 7:28.00(2010)
  67. ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(2970万円) 7:28.00(2015) オンボード
  68. ポルシェ911 GT3RS(991)7:28.00(2015)
  69. BMW M3 CS 7:28.760(2023) オンボード
  70. BMW M5 CS 7:29.57/20.6km(2021) オンボード
  71. シボレー・カマロZL-1 7:29.6(2016) オンボード
  72. ポルシェ・パナメーラ・ターボ(2020) 7:29.81/20.8km 7:25.04/20.6km オンボード
  73. メルセデスSLS AMG GT 7:30.00(2012)
  74. ポルシェ911カレラS 7:30.41(2019)
  75. BMW M4コンペティション 7:30.79(2021) オンボード
  76. ポルシェ911GT2(997) 7:31.00(2012)
  77. アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ 7:32.00(2016)オンボード
  78. ポルシェ718ケイマンGT4 7:32.00(2019)
  79. アウディR8 V10 Plus 7:32.00(2015)
  80. ポルシェ911ターボS 7:32.00(2010)
  81. フォード・シェルビーGT350R 7:32.19(2015)
  82. BMW M8 コンペティション 7:32.79(2021)オンボード
  83. パガーニ・ゾンダF 7:33.00(2005)
  84. ポルシェ911GT3 RS(997.2) 7:33.00(2010)
  85. ポルシェ911GT3(997) 7:33.00(2007)
  86. ポルシェ・タイカン・ターボS 7:33.35/20.8km(2022)
  87. ケーニグセグCCX 7:33.55(2006)オンボード
  88. ポルシェ911(991.2)カレラS 7:33.67(2015) オンボード
  89. ケーニグセグCCR 7:34.00(2004)
  90. レクサスLFAニュルブルクリンク・パッケージ 7:34.00(2012)
  91. アウディR8V10 Plus(2742万円) 7:34.00(2018)オンボード
  92. 日産GT-R V-spec 7:34.46(2009)
  93. メルセデスAMG GT S 7:35.00(2016)
  94. ルーフRT12 7:35.00(2005)オンボード
  95. マクラーレン650S スパイダー 7:35.00(2015)
  96. BMW M3ツーリング 7:35.06 / 20.8km(2023)
  97. テスラ モデルSプレッド 7:35.579/20.8km 7:30:909/20.6km オンボード
  98. BMW M5コンペティション 7:35.90(2019)オンボード
  99. アウディ RS Q8 パフォーマンス 7:36.698 / 20.8km(2024)
  100. シボレー・カマロZ28 7:37.47(2014)
  101. ポルシェ911カレラS 7:37.90(2011)
  102. ポルシェ・パナメーラ・ターボ 7:38.00(2016) オンボード
  103. ポルシェ911ターボ(997) 7:38.00(2006)
  104. レクサスLFA 7:38,00(2010)オンボード
  105. BMW M4 CS 7:38.00(2017)
  106. ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スーパーレッジェーラ 7:38.00(2010)
  107. ポルシェ・パナメーラ・ターボ 7:38.00(2017)
  108. シボレー・コルベット C6 ZR1 7:38.00 (2009)
  109. BMW M2 7:38.706(2023)オンボード
  110. BMW M5(F90) 7:38.92(2018)
  111. ポルシェ・カイエン・ターボGT(2021) 7:38.925/20.8km 7:33.95/20.6km オンボード
  112. フェラーリ430スクーデリア 7:39.00(2007) オンボード
  113. ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640 7:40.00(2006)
  114. メルセデス・ベンツSLRマクラーレン 7:40.00(2003)
  115. ブガッティ・ヴェイロン16.4 7:40.00(2005)
  116. ポルシェ911GT3(997) 7:40.00(2009)オンボード
  117. ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR 7:40.1※新計測方法だと7:45.39(2019)オンボード
  118. フォードGT 7:40.6(2018
  119. アウディRS3セダン(2021) 7:40.748/20.8km 7:35.522/20.6km オンボード
  120. ポルシェ・ケイマンGT4(981) 7:42.00
  121. アウディRS Q8 7:42.253/20.6km(2019) オンボード
  122. ポルシェ・タイカン・ターボ 7:42.34/20.6km(2021)
  123. ポルシェ911GT3 RS 7:43.00(2003)
  124. ホンダ・シビック・タイプR 7:43.80/20.6km(2017) オンボード
  125. パガーニ・ゾンダ C12S 7:44.00(2009)
  126. アウディR8 V10 5.2FSI 7:44.00(2009)
  127. ブガッティEB110 SS 7:44.00(1993)
  128. メルセデスCLK 63ブラックシリーズ 7:45.00(2007)
  129. ホンダ・シビック・タイプR(FL5) 7:45.39/20.8km(2023) オンボード
  130. ヒョンデ・アイオニック5 N 7:45.59/20.8km(2023) オンボード

セグメントごとの「ニュルブルクリンク最速マシン」は?

このランキングを見ても分かる通り、やはり(メルセデスAMG GTブラックシリーズを除くと)ミドシップスポーツが上位を占めているのは間違いなく、それ以外にもスポーツカーが有利なのは否めない状態。

つまり最近のセダンやSUVがいくら速くなったといえどもスポーツカーには到底太刀打ちできないという状況です(SUVはトップ100に1台しか入っていない)。

ここで、各セグメントごとの最速マシンを見てみましょう。

ニュルブルクリンクFF車最速は?

まずはFF(フロントエンジン・フロントドライブ)について、現時点での最速モデルはホンダ・シビック・タイプR(FL5)の7:44.881(20.8kmの新しい計測方式)で、それまで王座にあったルノー・メガーヌR.S.トロフィーRの7:45.39を1秒ほど短縮しての王座獲得。

このタイムはフェラーリ430スクーデリアの下、ポルシェ911GT3(997)の上に位置するので、「相当に速いクルマ」ということになりそうです。

シビック・タイプR

ホンダ シビック タイプR(FL5)がニュルにてFF最速タイムを更新!このタイムはフェラーリ430スクーデリアの下、ポルシェ911GT3(997)のちょっと上【動画】
ホンダ シビック タイプR(FL5)がニュルにてFF最速タイムを更新!このタイムはフェラーリ430スクーデリアの下、ポルシェ911GT3(997)のちょっと上【動画】

| このシビック・タイプRの「FF最速」はおそらく今後更新されることはないだろう | ライバルであるルノー・メガーヌRS トロフィーのタイムを約1秒、先代シビック・タイプRからもタイムを大きく短縮 さ ...

続きを見る

ニュルブルクリンクにおけるコンパクトカー最速は?

そして次はFF含むコンパクトカー最速。

2023年8月31日に7分38秒706を記録し、それまでアウディRS3が持っていた7分40秒748を2秒近く短縮しています。

新型M2には「2024年にM2コンペティション追加」「2029年で生産終了」とのウワサ。なおコンフィギュレーターも公開され、オンラインで選べるのはわずか5色

「コンパクトカークラスニュル最速」新型アウディRS3に試乗してきた!この速さや安定感はもはや非現実的、ある意味でバーチャルドライブのようだ
「コンパクトカークラスニュル最速」新型アウディRS3に試乗してきた!この速さや安定感はもはや非現実的、ある意味でバーチャルドライブのようだ

| ボクはアウディの実現した独自のドライブフィールが大好きだ | この感覚はメルセデス「AMG」、BMW「M」では味わえない さて、現在ニュルブルクリンクにおいて「コンパクトカー最速」を誇るアウディR ...

続きを見る

ニュルブルクリンクにおけるサルーン最速は?

そして現在のサルーン最速はポルシェ・タイカン・ターボGTで、これまでのジャガーXE SVプロジェクト8が誇っていた7分18秒361を大きく更新する7分7秒55にてニュルブルクリンクを周回しています。

このタイムを記録したタイカン・ターボGTには「ヴァイザッハ・パッケージ」が装着されており、これを取り付けると「リアシートが取り外され」、つまり4ドアなのに2シーターとなってしまうという反則レベルのオプションですが、これはポルシェの”記録に対するあくなき執念”を感じさせるひとつの事例なのかもしれませんね。

ポルシェが新型「タイカン ターボGT」発表。出力1,100馬力、0-100km/h加速2.2秒、ヴァイザッハパッケージを装着すると軽量化のために「リヤシート撤去」
ポルシェが新型「タイカン ターボGT」発表。出力1,100馬力、0-100km/h加速2.2秒、ヴァイザッハパッケージを装着すると軽量化のために「リヤシート撤去」

| さらにはガソリン車を含めたとしても、タイカン・ターボGTは「最速の4ドア」である | ひっそりと新型ブレーキが登場、キャリパーのカラーは「ゴールド」 さて、ポルシェが予告していたタイカン最強モデル ...

続きを見る

なお、それまでトップに君臨していた”ジャガー唯一のランカー”であるXE SVプロジェクト8もまた後席を取り除いたという「反則」レベルのクルマです。

ジャガーがXE SVプロジェクト8にて「ニュル最速セダン」タイムを3秒更新!991.2世代のポルシェ911ターボSとほぼ同じタイム

【動画】メルセデスAMG GT 63Sがニュルで7:23を記録してポルシェパナメーラの持つ記録を破る!なぜメルセデスはこれほどまでにポルシェを目の敵にするのか

| とにかくメルセデス・ベンツはポルシェに勝たねばと考えているようだ | メルセデス・ベンツが「AMG GT 63Sが、ニュルブルクリンクを7分23秒009秒(細かい!)で走り、新たなる記録を打ち立て ...

続きを見る

ニュルブルクリンクにおけるSUV最速は?

2024年6月26日にポルシェ・カイエン・ターボGTの7分38秒925秒を破って王座についたのがアウディRS Q8(7分36秒698)。

なお、アウディRS Q8はポルシェ・カイエン・ターボGTの前の「ニュルブルクリンクにおけるSUVの王者」であったので、ファイスリフトによってその座を奪還したということになりますね。

Audi-RS-Q8 (8)

ポルシェがニュル最速SUV、新型カイエン・ターボGT発表
ポルシェがニュル最速SUV、2725万円の新型カイエンターボGT発表!「ターボ」「GT」両方の名を持つ究極のカイエンが誕生

| これまで「ターボ」「GT」はポルシェにとってそれぞれ性質の異なるフラッグシップだったが | 新型カイエンターボGTはあらゆる面で「最速・最強のカイエン」 さて、ポルシェは先日「ニュルブルクリンク最 ...

続きを見る

ニュルブルクリンク最速EVは?

現在におけるニュルブルクリンク最速EVはリマック・ネヴェーラ。

2023年8月18日に記録更新が発表され、テスラ・モデルSプレッドの7分25秒231を20秒近く短縮しています。

このクルマはもともと「ハイパーEV」として設計されており、よって大量生産車である「4ドアセダン」のテスラ・モデルSではこれ以上の対抗はできないものと思われ、そして当面はリマック・ネヴェーラを凌駕するクルマも出てこないであろうことを鑑みるに、しばらく「EV最速の座」はリマック・ネヴェーラが確保することになりそうです。

テスラ・モデルSがニュルにて「EV最速」記録を更新!ポルシェ・タイカン・ターボSの記録を8秒、自身の記録を10秒も短縮【動画】
テスラ・モデルSがニュルにて「EV最速」記録を更新!ポルシェ・タイカン・ターボSの記録を8秒短縮、そのタイムはエンツォフェラーリをも上回る【動画】

| さすがにポルシェの記録をここまで短縮するとなると、その実力を認めざるを得ない | テスラは現在、ドラッグレース、0-100km/h加速、サーキットにおいて「最速」の部類である さて、テスラがモデル ...

続きを見る

ニュルブルクリンク最速の改造車は?

ニュルブルクリンクには多くの改造車が挑戦しており、現時点での最速は2021年6月に記録された「ポルシェ911GT2RS MR改(オンボード映像はこちら)」。

市販モデルのポルシェ911GT2RSに対し、エアロパッケージ変更を中心とした「MRキット」を組み込み、さらにはサスペンションやブレーキを強化したのがこの911GT2 RS MR”改”。

6:43.616というメルセデスAMG GTブラックシリーズをも凌駕するタイムを記録していますが、いかにこの「MRキット」がポルシェ純正オプションとしてラインアップされ、装着後も保証を受けることができるといえど、これについては「改造車」だと捉えられ、「市販車」だとは考慮されないケースが多いようです。

ニュルブルクリンクでのプロトタイプ最速は?

市販車ではなくプロトタイプだと驚異的なタイムを出すクルマも。

ポルシェ919ハイブリッドEVOはその筆頭で、5:19.546という驚異的なタイムを出し、ポルシェがそのレーシングカー「956」でずっと持っていたタイムを更新し、現在のところ「ニュルブルクリンクで最も速い車」。

これに次ぐのはパイクスピークにて歴代最速のタイムを出したフォルクスワーゲンID.R(6:05.336 / EV最速)、そして中国のLynk & Co 03 Cyan Concept(7:20.143)。

あわせて読みたい、加速ランキング関連投稿

ランボルギーニ・ウルスSE
【最新版】加速、最高速に優れるSUVランキング!0-100km/h加速は2秒台、最高速300km/hオーバーも

Lamborghini | ついにSUVの加速もついにここまで来た | さて、近年は技術の向上によってスポーツカー顔負けの動力性能を発揮するSUVやサルーンも多数存在します。その理由の多くは「エンジン ...

続きを見る

0-100km/h加速ランキング最新版!トップは和製ハイパーカー「アウル」の1.69秒、EV/ハイブリッドが上位を席巻

| もはや0-100km/h加速”1秒台”も珍しくない時代に | さて、しばらく更新していなかった「0-100km/h加速ランキング」。今回はここ最近で発表されたモデルを加え、内容を一新しています。こ ...

続きを見る

参照:Nurburgring.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >アウディ(Audi), >アルファロメオ/アバルト/フィアット, >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >パガーニ, >フェラーリ, >ブガッティ, >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG), >ランボルギーニ, ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , , ,