■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

速く快適で安全。人も物も乗る最強の車、VWゴルフRに試乗

投稿日:2014/11/29 更新日:

 

VWゴルフR試乗。
280馬力、6速DSG、0-100キロ加速4.9秒、4WD(4MOTION)という歴代最強はおろかハッチバックでも最強クラスのスペックです。

b1

外観を見ると、GTIに比べると若干シック。GTIでは赤を使用しているフロントグリルのライン、ブレーキキャリパーはゴルフRではそれぞれシルバー、ブラックに。
ドアミラーキャップもシルバーになり、全体的には高級感がありますね。
テールランプはブラック仕上げとなり、上位モデルは部分的にシルバーやブラックが使用される、という手法は同門のアウディ(TT→TTR→TTRS)やポルシェ(ケイマン→ケイマンS→ケイマンGTS)と同じもの。








さて、キーを手にして乗り込みますが、キーは今までと同じ四角いジャックナイフ式。
しかしながらスマートキー化されており、ステアリングコラムにはキーを差し込むシリンダー、スロットはありません。

ドアを開けるのは非常に軽い力で行うことができ、これは現行世代のVWの特徴でもありますね。
ドアを開けると「R」特有のブルーを使用したイルミネーション(スカッフプレート、ドア内張り、メーター指針)がお出迎え。これはなかなか目立つところで、オーナーさんにとっても乗り込むたびに満足感が得られるところだと思います。
ゴルフという、日常性を重視した車で、毎日乗ることを考慮してこういった「飽きない」演出をしているのかもですね。

続いてシートに腰を下ろしますが、すぐになかなかシートの出来が良いことに気づきます(最近、腰痛のためシートのフィッティングにはナーバスになっている)。
レザーシートのフィット感はかなりのもので、非常に優れたシートと言えるでしょう。
硬すぎず柔らかすぎず、程よい硬さと反発力を持っていますね。
内装パネルやシフトノブは専用品で、カーボン調パターンがあしらわれます。
照明は基本的にホワイトで、そこにブルーのアクセントが映える形ですね。とくにドア内張りのブルーのラインは非常に美しいと思います(インテアリア アンビエントライト)。

エンジンスタートはシフトゲート横にあるボタンを押して行いますが、短いクランキングの後にズドンと始動。
試乗時のエンジンはすっかり冷えているとのことでしたが、始動直後の音はさほど大きすぎず、しかし低く太い音ですね。
なお、室内には若干の振動と、太い音が侵入します。
ゴルフ7通常版ではこういった振動と音は皆無なので、これは意図的な演出なのでしょうね。

パーキングブレーキは電動式で、アクセルペダルを踏むと自動で解除される方式。
とりあえずアクセルペダルを踏んで車をスタートさせますが、パーキングブレーキ解除時がかなりスムーズなのには驚きます(ボクスター、イヴォークでは少なくともブレーキがリリースがリリースされる衝撃がある)。
おそらくはこれがグループの最新の電子式パーキングブレーキなのだと思いますが、今までに乗った電気式パーキングブレーキの車よりも、ブレーキのリリースがスムーズ。
なお、坂道でのヒルスタートアシスト作動時、スタートする時の解除時も非常にスムーズで、衝撃はゼロと言えます。
多くの車では、パーキングブレーキを手動のところ車が変わって操作している、という感じなのですが、ゴルフRの場合はパーキングブレーキ自体がそもそも存在しないかのような印象です。

b2

ディーラーの駐車場から歩道へ、そして車道へ。
驚くべきはサスペンションの出来が良いことに起因してほとんど衝撃がないこと。
しっとりと落ちついた動きで段差を乗り越えます。
少しアクセルを踏むとけっこうな勢いで加速します。ボクスターが265馬力、0−100キロ加速5.7秒、ゴルフRは300馬力ながらも4WDということもあり4.9秒。
確実にその差もしくはそれ以上の差があると感じさせる加速ですが、4WDということもあって矢のような直進性を見せます。
その際のシフトショックもほとんどなく、これもちょっとした衝撃ですね。
なお、サウンドジェネレーターを装備しており、室内には比較的音が入る設計で、この車が何であるかを積極的にドライバーに語りかけます。

ブレーキはシングルポッドで、対向式ではないと思いますが、けっこうよく効きます。
連続したハードブレーキングを行わなければ(行っていないのですが)これでも十分と思われ、一般道をキビキビ走るには丁度良いパワーとブレーキ性能、といった印象ですね。

ステアリングは中立が(ポルシェに比べて、ですが)ちょっと曖昧なように思いますが不安定ではなく、切ったら切っただけ曲がる素直な特性。
設定としては弱アンダーのように思います。
操作感は非常に軽く、ステアリングホイールの直系や太さも丁度良い感じ。ただし使用される革はゴルフ6のほうが上質であったようにも思います。
なお、ステアリングには「プログレッシブ・ステアリング」機能を採用しており、これはギア比が累進的になるもの。ポルシェに採用されるものと同じかもですね。

視界についてはゴルフ6から改善されたといえる点で、フロントウインドウの傾斜がきつく(寝るように)なったにもかかわらず、ダッシュの高さが下がってより前方が見やすく。
そして三角窓が追加されたことで左前方の確認がしやすくなっています。
こういった改良は911(997→991)やボクスター(987→981)にもよく似ており、スタイリングを向上させながらも安全性や日常性を向上させる、という好ましいものですね。

b3

なお、アダプティブシャシーコントロール「DCC」を装備しており、エコ、ノーマル、カスタム、レース、コンフォートという5種類のモードが選択可能。
モードの選択とともにサスペンションのダンパー特性、アクセル開度に対するレスポンスやシフトチェンジの設定が変化します。
いくつか設定を変えてみましたが、ダンパーはポルシェのPASMほど劇的には変わらない様子(”レース”でも非常に乗り心地が良い)。
ただしレスポンスと変速タイミングはかなり変化しますね。
車両の設定はセンターコンソール上の「ディスカバー・プロ」で設定ができ、直感的な操作と設定が可能です。

ディーラーさんの厚意でかなりの時間と距離を走行することができましたが、ざっと印象をまとめると下記の通り。
・異常に乗り心地が良い
・非常に速い
・パーキングブレーキ作動時やシフトショックが皆無
・どんな環境でも、どんな状況でも、確実に、そして最短で目的地にたどり着ける車であろう
・非常に洗練された乗り心地、操作系、サウンド
要するに、これは車としては完璧じゃないか?というところですね。
なお、試乗時の燃費は平均でリッターあたり6.9キロ。普通に走ればたぶんリッター11キロくらいじゃないかと思います。
なお、「エコ」モードではコースティングが作動するので、もっと燃費は伸びそうです。

300馬力クラスの車としてはもっとも安価な部類ですが、装備としては非常に充実していて、レザーシート、パーキングアシスタンス、ナビゲーションシステムといった基本装備に加え、アダプティブサスペンション、レーンキーピングアシスト、マルチコリジョンブレーキ、アダプティブクルーズコントロールなどの先進安全装備がてんこ盛りであり、この530万円という価格は(さらにボクスターよりも0−100キロ加速が0.8秒も速い)バーゲンプライスとも言えますね。
以前にアップしたとおり、馬力あたりの価格においてVWは非常に安く、1馬力あたり18000円程度。同門のアウディ、ポルシェは1馬力あたり25000円程度です。

かつ、コンパクトなサイズで5人乗れて荷物も乗る、という「これ以上何を求めようか」というレベルの車だと思います。

あえて粗探しをするならば、ボディカラーの選択肢が少ない(4色)こと、通常のゴルフと大きく外観が変わらないこと、見かけが普通すぎること、内装の選択肢も少ない(オプション自体が少ない)こと。
ですが、外観の変更の少なさや選択肢の少なさは裏返せば生産効率にもつながり、結果として安価に、かつ速くデリバリーを受けることができるという恩恵を受けますし、外観については年配の方や「目立ちたくない」とう方の需要にも応えることができるかと思います。
このゴルフRという車の存在意義、キャラクター、客層を考えると、それらは大きな問題ではないと考えられます。

将来的には「ゴルフR400」が登場すると思いますが、この車が400馬力にパワーアップし、グリップも強力になると考えると、ちょっと恐ろしいものがありますね(グループ内の他ブランドにとっても大きな脅威になる)。

これまでの試乗レポートは下記のとおり。
最新の試乗レポートはこちらにあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.