>中東の自動車メーカー

ドバイ産「5000馬力スーパーカー」、デヴェル・シックスティーン公開。”エントリーモデル”として2000馬力版も

投稿日:

あのV16エンジン搭載、5000馬力のトンデモカーがついに一般公開

ドバイ・モーターショーにて、例の「5000馬力スーパーカー」、Devel Sixteen(デベル/デヴェル・シックスティーン)が公開に。
数年前にはプロトタイプ、先日はエンジン単体が公開されているものの、今回はさらに進化したデザインにて全容が公開されています。

プロトタイプの「カクカク」から「ツルツル」に進化

devel4

今回はユーチューバー、Shmee150氏がドバイ・モーターショー現地から画像を届けてくれていますが、なぜかやたらとテンション高め。
なお、このDevel Sixteenは「エントリー」グレードとして2000馬力モデル(V8エンジン)、そしてレーシングバージョンの3000馬力モデル(これもV8)、そしてトップレンジが12.3リッターV16クワッドターボ採用の5000馬力。

devel5

今回は初期のプロトタイプとともに「市販モデル」が展示されており、こちらはプロトタイプに比べると随分スマートに、そして格好良くなっていますね。

devel2

最高時速は500キロを超えるとされていますが、もはや地球上だとこの性能を発揮できる場所はボンネビルくらいしかなく、ドバイを象徴するような「超弩級」の車だと言えそうです。
なおボディには「V16」「5000」の文字が誇らしげに。

devel3

ちなみにこちらはプロトタイプ。
かなり思い切った路線変更と言えそうです。

Devel-Sixteen

市販モデルのインテリアはこんな感じ。
マッハ号みたいな印象ですね。

devel1

なお、デベルはほかにも「6輪オフローダー」、Devel60も展示。
6.7リッターV8ディーゼルターボエンジンを搭載し、720馬力を発生する、とのこと(6輪全てが駆動するかどうかは不明)。

devel7

それでは動画を見てみよう

こちらがユーチューバー、Shmee150氏がデヴェル・シックスティーンを紹介する動画、「The Crazy 5,000hp Devel Sixteen is REAL!」

こちらはその12.3リッター、V16クワッド(4)ターボエンジンの馬力を計測した動画、「5,000+HP Quad-Turbo V-16」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->中東の自動車メーカー
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.