ad-728





>テスラ(TESLA)

テスラ・ロードスターが本当に火星へ。スペースX「ファルコン・ヘビー」が打ち上げ成功

2018/03/10

| 無事に打ち上げ成功、一つまた偉業を達成 |

テスラCEO、イーロン・マスク氏が運営する航空宇宙関連企業、「スペースX(SpaceX)」が火星へ向けたロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功。
これは先日「テスラ・ロードスターを宇宙へ送る」と発言していた該当ロケットですが、本当にテスラ・ロードスターが宇宙に向けて飛び立つことに。

テスラ・ロードスターに乗るのは「スペースマン」

なお、以前公開された画像だと運転席にはだれも座っていませんが、実際に打ち上げでは宇宙服を着た人形「スペースマン」を乗せた画像も公開されています。
これは火星の軌道を延々と回ることになり、イーロン・マスク氏いわく「何十億年も宇宙に存在するだろう」。

tesla2

スペースXは「ファルコン9(これは16回も打ち上げに成功)」にて初の垂直着陸を実現しており、今回は3基のブースターを着陸させる予定で、現時点ではすでに2基のサイドコアが無事に着陸済み(打ち上げ前、イーロン・マスクCEOは”相当なリスクを伴う”という弱気な発言も)。
なお、通常ロケットは「使い捨て」なのでコストが非常に高いのですが、スペースXはこれを着陸させることで「再利用可能」にしたことに大きな意義があります。

tesla-roadster-in-space (1)

今回打ち上げたロケット「ファルコンヘビー」はその名の通り大きなペイロード(ファルコン9の二倍)を運搬でき、64トンを積載できる、とのこと。
これは今までのどのロケットよりも容量が大きく、「史上最大」。※テスラ・モデルXのドアも「ファルコン・ドア」という名称が与えられているので、”ファルコン”という言葉が好きなのかもしれない

tesla-roadster-in-space

通常「宇宙計画」は国家予算を使用して行うもので、そのため資金は税金などで国民が負担することに。
ただしSpaceXは民間企業なのでそういった国民の負担がない、というのも注目すべきところ。
そして、こういったことは「イーロン・マスクをおいてほかの誰にもできない」のは間違いなさそう。

スペースXは2018年には火星に向けた有人飛行を実施すると言われますが、最新の会見では「これを延期」し、ファルコンヘビー、そしてさらに大きなロケットの開発に注力するとも発表し、年内に30回程度の打ち上げを予定している、とも語っています。

なお、打ち上げの様子は下記にてライブ配信済み。

Camera views from inside the payload fairing #FalconHeavy

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 -

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->テスラ(TESLA)
-, , , , ,