ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >マクラーレン(McLaren) >ポルシェ・パナメーラ関連 >ロールスロイス(Rolls-Royce)

マンソリーがジュネーブへ大量出展。フェラーリ、ベントレー、AMG、ロールス、アストン、ポルシェ、ブガッティetc.

| 今年もマンソリーはジュネーブへ大量出展 |

マンソリーがジュネーブ・モーターショーにて、大量にチューニングカーを公開する模様。
ジュネーブ・モーターショーはその土地柄多くのセレブが集まることでも知られ、そういった人々は「人とは違う」クルマを求めるため、マンソリーやブラバスなどハイエンドチューナーにとっては「格好の顧客獲得の場」だと言えそうですね。
さらに手がけるクルマもフェラーリやロールスロイスなど、これまた高価なブランドばかり。

マンソリーがどんなチューニングカーを出展するのか見てみよう

今回公開されたクルマのカスタム度合いは非常に高く、内外装とも「フルカスタム」。
それぞれ費用は「数千万円」といったレベルになりそうです。

マンソリー・スタローン(フェラーリ812スーパーファスト)

フェラーリ812スーパーファストがベースとなり、外装はフルカーボンへと置き換え。
エンジン出力は800馬力から830馬力へと向上しています。

mansory_stallone_812_03-1

マクラーレン720S

フロントバンパー、フロントフード、サイドステップ、リアウイングなど、やはりかなり広い範囲においてカスタム。
エンジンは720馬力から755馬力へとパワーアップが施され、0-100キロ加速は2.8秒、最高速度は時速345キロへ。

mansory_mclaren720s_01-1

マンソリー・サイラス(アストンマーティンDB11)

エンジン出力は610馬力から一気に700馬力へとアップしていますが、やはりターボエンジンはチューンによって大きくパワーが向上するのもメリットだと言えそう(NAエンジン採用のフェラーリ812スーパーファストだと30馬力しかパワーアップしていない)。
DB11向けには22インチホイールを含む外装キット、そして車高が35ミリダウンするサスペンションキットを用意している、とのこと。

mansory_cyrus_db11_01

こちらはインテリア。
外装同様「フルカスタム」ですね。

mansory_cyrus_db11_04

ブガッティ・ヴェイロン

マンソリーはヴェイロンのカスタムに手を出した数少ないチューナーですが、今回はこれまでのカスタムの幅を大きく超える内容を公開。
「Mansory Vivere Diamond Edition」と題され、ボディパネルはマーブル柄に見えるカーボンコンポジット素材に。
なお、このカーボンコンポジットは今回マンソリーが発表したいずれのチューンドカーにも採用されており、今後押し出してゆきたい素材なのでしょうね。

mansory_vivere_diamond_edition_02

こちらはリアセクション。
もはやクルマというよりは芸術品の域ですね。
「カーボンコンポジット」は素材メーカー各社とも開発に成功しており、ランボルギーニは「フォージドコンポジット」の名称を用いてウラカン・ペルフォルマンテに大量投入し、レクサスはLC500、マクラーレンも570GTなどでこれを純正採用しています(表からは見えず、ドアやハッチを開くとこの柄が見える)。

mansory_vivere_diamond_edition_06



ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモ

すでにテックアートもチューンを公開したパナメーラのワゴンボディ、「スポーツツーリスモ」。
カーボン製のフルボディキット、22インチホイール、ローダウンサスペンションを装着しています。
エンジンは+35馬力、とのこと。

mansory_panamerasportturismo_02-1

ベントレー・ベンテイガ

”Bleurion Edition”と命名され、全身ブルーの鮮やかなペイントが特徴。
やはりカーボンコンポジットが大量に使用されていますね。
エンジンパワーはスタンダードの608馬力から、なんと750馬力へ。

mansory_bentayga_bleurion_01

ロールスロイス・ファントム

早速登場した新型ファントムのカスタム。
”Bushukan Edition”という名称が与えられ、フルエアロキット(アンダーグリルにまでパルテノンが延長)、24インチホイールを装着。
なおエンジンは563馬力から610馬力へ。

mansory_phantom_01-1

メルセデスAMG S63

こちらは”Signature Edition”と命名され、エンジンパワーは612馬力から710馬力へと大幅アップし、「いかにもマンソリー」っぽいルックスに。
ウイングレット付きのフロントスポイラー、ダクト付きのフロントフードなど、4ドアセダンに「似つかわしくない」カスタムがかえって凄みを出しているようですね。

mansory_sklasse_01-1

あわせて読みたい、マンソリー関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin), >フェラーリ(Ferrari), >ベントレー(Bentley), >マクラーレン(McLaren), >ポルシェ・パナメーラ関連, >ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , , , ,