■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツが生き残る道は誕生時と同じ「高級」路線のみ?コンセプトモデル二連発

メルセデス・ベンツはやはり優雅でラグジュアリーでないと レンダリングアーティスト、Dahye Jeong氏が「メルセデス・ベンツ・ノスタルジア・コンセプト(Mercedes-Benz-Nostalgia Concept)」を発表。ノスタルジアと名がつくものの、未来を強く意識したコンセプトカーであり、サイドの窓の視認性を鑑みるにおそらくは「自動運転」。なお、車体後部のデザインは「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ」の影響が強く見られるようです。 メルセデス・ベンツが「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」の ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連

ポルシェ「タイカンの受注は洪水のように押し寄せてくる。大半はテスラからの乗り換えだ」

ポルシェ・タイカンの受注は予定を大きく上回る水準で推移 ポルシェ北米の社長、クラウス・ツェルマー氏がロサンゼルス・モーターショー会期中にCNETに語ったところによると、「タイカンの予約は文字通り”溢れかえって”いる。予想を遥かに超える反応だ」。以前にも欧州で受注好調だという話はあったものの、ポルシェは目標販売台数や受注台数を公開しておらず、よって「どの程度の受注があったのか」は現時点で全く不明です。 ポルシェがタイカンの受注をこっそり開始。「受注は予想より多い」←買うのはどんな人? こちらもオススメ、関連 ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

クラウン、レガシィ、キザシなど。覆面パトカーにはどんな種類があるの?その見分け方は?

更新日:

| 覆面パトカーには一定の見分け方がある? |

WEB カートップにて、「見かけたら覆面パトカーである可能性が高いクルマ」という特集記事が。
覆面というとクラウンとスカイライン(4ドア)というイメージがありますが、記事ではこのほかに「スズキ・キザシ」「トヨタ・マークX」「スバル・レガシィB4」についても言及。








覆面パトカーに採用されている車種は?

suzuki-kizashi

記事によれば「スズキ・キザシを見かけたらまず覆面パトカーである可能性が高い(そもそも一般人は乗ってない)」とのことですが、同時にキザシの覆面パトカーは交通違反の取り締まりが目的ではない「捜査用車両」であり、交通違反の取り締まりを行うことはほとんどない、とのこと。
ただし交通違反があまりにひどいようであれば取り締まりを行う可能性があるようですね。

そのほかマークXについてはスーパーチャージャー仕様のほか、グレードだと「350」が多い、とも。
あとはスカイラインのセダン版、スバル・レガシィB4(BM系)が覆面パトカーとして採用されていることが多いそうですが、本来B4に装着されているはずの「リヤワイパーがない」のがその識別点だと述べています。

その他だとマツダ・アクセラ、トヨタ・ランクル、スバルWRXの覆面パトカー目撃例もあるようで、最近ではその車種も多岐にわたっているようですね。

覆面パトカーは速度違反のみを取り締まるわけではない

なお、色々と調べてみると、覆面パトカーの主な業務は速度違反の取締が目的ではなく、運転中における携帯電話の使用、信号無視、整備不良、一時停止不停止、車間距離不保持、車線変更禁止区間での車線変更など総合的に違反を監視している、とのこと。



覆面パトカーを見分ける方法は?

覆面パトカーの見分け方について、「確実」な方法は少なく、というのも例外も多いため。
ここでその見分け方の一例を見てみましょう。

blog

ボディカラー

一般にボディカラーがシルバー、ダークメタリックグレー、ブラック、ホワイトなどの目立たないカラーが多い模様。
たしかにこれは経験則上、当てはまることが多いようです。

リアトランクのエンブレム

一般に覆面パトカーには、リヤトランクに貼ってある「グレード」を示すエンブレムがないと言われますが、これについては例がもあるようで、確実な見分け方とは言えないようです。

アンテナ

リアトランクやルーフに後付けのアンテナ(ケーブルが露出していたりする)があると言われますが、これについても「例外(つまりアンテナがない)」があり、盲信することはできないようですね。

ナンバー

警察は基本的に管轄を出て仕事をすることはなく、「怪しい」と思えるセダンが走っていたとして、しかしそれが「他府県ナンバー」であった場合はまずセーフだと考えて良さそう。
逆に怪しい車が「走行している地域のナンバー」であれば、覆面パトカーである可能性は高くなる、ということですね。
なお、以前は覆面について「8ナンバー」が多いとされていたものの、最近では3ナンバーが大半である模様(追跡時などにパワーが必要なので、その車種に5ナンバーと3ナンバーとがある場合、3ナンバーのグレードを選んでいる場合が多いとされる)

乗車人数

基本的に警察は「2名1組」で活動するので2名が前席に座っていることが多く、とくに「男性2名」であれば覆面の可能性が高くなり、もちろん乗員が青い制服を着ていれば確実に「覆面パトカー認定」。
これはかなり有効な見分け方で、ぼくは「怪しいセダン」があれば、必ず乗員を確認するようにしています。

リアウインドウのスモーク

覆面パトカーのリアウインドウにはスモークが採用されていることや(プライバシーガラス)、カーテンが採用されていることが多いようですが、もちろん「そうでない」場合もあるようで、「一つの目安」として捉えると良さそうです。

ルームミラーの数

一般の車に取り付けられているルームミラーは「ひとつ」ですが、これは助手席の警官も後方を確認できるように「もうひとつ」ルームミラーが取り付けられていることが多いようですね。
ただし経験上だとこれも「必須条件」ではない、と認識しています。

実際にはどうやって見分けるの?

ぼくが実際に「覆面パトカー」を見分ける方法ですが、おおよそは下記の通り。
ただし「法定速度で走行すること」が一番であるのは言うまでもありません(ぼくは無事故無違反なのでゴールド免許)。

1.地味な(ホワイト、シルバー、ネイビー、ブラック)のセダンがいればアヤシイ→覆面アラート発動
2.走行車線を法定速度できっちり走っているとなおアヤシイ
3.ナンバーの地名と走行している地域が一致していればさらにアヤシイ
4.乗っている人が男性二人だとほぼ覆面パト確定(一人であれば覆面アラートを解除)

おおよそはこういった感じですが、エンブレム、アンテナ、スモークウインドウ(もしくはカーテン)、グレード、ワイパーは瞬時に確認ができない場合があったり、それらは「覆面パトカー判定基準」としては確度が高いわけではなく、ぼくはこれらを「参考程度」だと考えています。

なお、こういった条件はどれも「目視」で判断することになり、昼間しか機能しないもの。
よって夜間に覆面パトカーを見分けるのは非常に困難(夜間は覆面パトカーの出現率が低くはあるのですが)だと考えており、やはり安全運転が一番の対策ということになりそう。

その他で”周囲の環境”だと、知らない道(はじめて通る道)を走っていて、道路が空いているのに「地元ナンバーの車、とくに営業車がゆっくり走っている」状況だと覆面パトカーが出没する可能性が高い、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >日産/インフィニティ(Infinity), >マツダ(MAZDA), >スバル(SUBARU), >スズキ(SUZUKI), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.