■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M3の画像がリーク!ワイドフェンダーにボディ同色大型ディフューザー装備の過激マシン

| グレードや駆動方式の選択肢も拡大し、メルセデスAMG、ポルシェを追撃 | これまでに何度かBMW M3のスパイフォトが目撃されていますが、今回はなんと「偽装なしの」BMW M3が捉えられています。この画像を見るに「工場内」で撮影された可能性が高く、となると新型M3はもう生産が開始されているとも考えられます(プリプロダクションモデルかも)。画像では巨大なリアフェンダー、トランクリッドスポイラー、アグレッシブなリアバンパーにボディカラー同色のリアディフューザーが確認でき、「4本出し」テールパイプの存在も。 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

TRDがGRスープラを「怪物」に仕立て上げると予告。1994年の80スープラ「3000GT」を90スープラでも再現

| そのルックスはまさにレーシングカーといっても過言ではない |  TRD(Toyota Racing Development)がスープラをベースにしたコンセプトカー、「3000GTコンセプト」を発表すると予告。発表は東京モーターショーではなくSEMAとなり、世界へ向けて広く発信する、という意図がありそうですね。今回公開された動画だとその概要を示すに止まり、しかしこれは以前、TRDが80スープラをベースに製作した「3000GT」を90世代で再現する、というプロジェクトのようです。 1994年の東京オートサ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダの新型EV「MX-30」リーク!マツダはホンダやVWとは異なるアプローチの電気自動車を考えたようだ

| このボディ形状は他メーカーのコンパクトEVに対して優位性を持つことになりそうだ | マツダは、そのブランド初となるEVを第46回東京モーターショーにて発表の予定ですが、今回その画像が発表を目前にしてリーク。資料には「MX-30」の文字も見え、つまりはコンセプトモデルながらもその車名がMX-30である、ということも同時に判明。なお、マツダが車名に「M」を用いるのは珍しくなく、「MX-5(ロードスター)」「MPV」「MS-6/8/9」といったものが過去に存在。ただしそれぞれ「マツダ」「マルチ」「メガロ」な ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

新型SUBARUレヴォーグがリーク!VIZIV風のアグレッシブなデザインを持ち、市販車というよりコンセプトカーのようだ

| 実際に見るとかなりエッジの効いたデザインだと思われる | スバルは東京モーターショーにおいて新型レヴォーグを発表することになりますが、それに先んじてモデルチェンジ版レヴォーグの画像がリーク。現行レヴォーグは「全車ターボ」、トップレンジの2リッターターボは300馬力を発生するというスポーツワゴンで、後ろに向けてスロープしたルーフラインを持つなど、実用性よりもスタイルを重視したと思われるクルマ(スバルはほかにフォレスターやXVといったラインナップを持っていて、それぞれの用途にて棲み分けている)。 なお、新 ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ホンダ・フィットの画像・仕様がリーク!”全ての車をひとつに”のコピー通り、「安価」「高級」「スポーティ」「アクティブ」が揃う

| ホンダは見た目よりも実用性を重視したモデルチェンジを選んだようだ | 東京モーターショーでの正式発表を前に、新型ホンダ・フィットの画像そして情報がリーク。これを信じるとするならば、新型フィットには「CROSSTAR」「NESS」「LUXE」「BASIC」なるグレードが(少なくとも)存在し、それぞれ大きく差別化された個性を持つ模様。とくに目玉は「CROSSTAR」だと思われ、これはリストアップされた車高に樹脂製クラッディング、大型エアインテークを持つ専用バンパー、コントラストルーフ、メタル調カラーを持つ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタ、レクサスが2021年までに3台のEVを発売とのウワサ。「すでに技術を有しており、発表時期を待つのみだ。消費者にとっても”求めやすい”価格になるだろう」

| 現段階では現実的に発売できそうなEVコンセプトがまだ発表されていない | 英国Autocarによると、トヨタとレクサスは2021年までに「3種の」エレクトリックモデルを発売する、とのこと。これは”内部の人”の話だとして報じられたものですが、「いずれかのモデルがエレクトリック化される」のか、「全く新しいエレクトリックモデルが登場するのか」は今のところ語られず。さらにはトヨタ、レクサス両方からプラグインハイブリッドモデルが登場するということについても言及されているようですね。

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR用にアライのヘルメット「HR-mono4」購入!ROOFやノーランのヘルメットに比較すると「さすが日本製」

| やはり日本メーカーならではの気遣いが随所に見られる | さて、アライのヘルメット(バイク用)を新しく購入。これは「HR-mono4」というモデルで、いろいろな機能を省いた廉価版という位置づけです(よって実勢価格3万円前後という、アライのフルフェイスとしては破格の安さ」。ただ、アライだけに安全性に関しては抜かりなく、帽体そのものはスネル規格M2010を満たすなど高い水準を持っています。 こちらもオススメ、関連投稿10選FIAがF1向けに新しいヘルメットの基準を設定。視界がどんどん狭くなってゆく模様レクサ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

「997世代の911GT3 RS風の」カラーリングを持つ991.2世代の911GT3 RS登場!未だにボクは997GT3 RSのインパクトが忘れられない

| ”黒ベースのオレンジアクセント”、”オレンジベースの黒アクセント”が与えたインパクトは過去最大級 | 991.2世代の911GT RSを997世代の911GT3 RS風にカスタムした車両が登場。水冷世代の911GT3 RSは「996」世代から今に至るまで続いていますが、「オレンジ×黒」「黒×オレンジ」といったコントラストカラーは13年前の997世代(初期)911GT3 RSで初めて登場しています。なお、当時は内外価格差、情報差がけっこう大きかった時代でもあり、アートスポーツなどいくつかのディーラーが並 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリ・デイトナを現代風に再デザインしたユーチューバー登場!さすがにオリジナルを超えるのは難しかったか・・・

| 昔のピニンファリーナによるフェラーリが持つデザイン的完成度は現代の技術をも寄せ付けない | 最近ではすっかりおなじみになったカーデザイナー兼ユーチューバー、スケッチモンキー氏。これまでにも過去のクルマや現行車などを「もしも自分がそのデザイナーだったらこうする」というレンダリングを作成して公開していますが、今回手を付けたのはフェラーリ・デイトナ。デイトナはもはや伝説級のクラシックフェラーリとも言えるクルマで、それだけに「禁断の果実に手を付けたな」という印象も。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出て ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >中国/香港/台湾の自動車メーカー >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >三菱(MITSUBISHI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) >ダイハツ(DAIHATSU)

アルファロメオ、ポルシェ、ランボルギーニ・・・。あのブランドはどのグループに属するの?最新情報をまとめてみた

| 驚くべきことに、まだまだ単独メーカーも多く残っている | さて、再編激しい自動車業界。様々なブランドが売買され、たとえばランボルギーニは今に至るまで7回も経営が変わっており、アストンマーティンも7たび経営者が変わっています。そのほかロータスは中国企業に買われたりといった驚きの事例もあり、ここで「どのブランドがどのグループに属しているのか」を見てみたいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿10選2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後が続かずに」反動で落ち込むブランドも意外と出て ...

ReadMore



>アウディ(Audi) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗】アウディTT RSに乗る。おそらく「最も速く、最も快適に、最も気を使わず」目的地にたどり着けるクルマ

投稿日:2018/04/18 更新日:

| 最近のアウディは積極的にイベントを開催 |

さて、アウディTT RSに試乗。
アウディがRSモデルなど、ふだんなかなか試乗できない車両を集めて開催する「AUDI PREMIUM LOUNGE」でのテストドライブとなり、用意された車はRS5、R8、RS3、TTRS、Q7、SQ5、S4アバントなど。※場所は新阪急ホテル
ふだんTTに乗る身としては「TT RSがいかがなものか」が気になり、迷わず試乗車として迷わずTTRSを選択しています。

なおアウディは最近こういった試乗イベントのほか、様々な催しを開催するなど、プロモーションを強化しているようですね。








アウディTT RSはこんな車

アウディTT RSはそのコンパクトなボディに400馬力を発生する2.5リッターターボエンジンを押し込んだクルマ。
駆動方式はハルデックス5(4WD)で、0-100キロ加速は3.7秒。
この3.7秒というのは相当な数字で、メルセデスAMG GT Rやエンツォフェラーリと同じタイムを誇っており、要は「スーパーカー並み」ということですね。

アウディではTTを「リアルスポーツ」と定義しており、TTRSはそのトップレンジ。
TTシリーズのエントリーは「TT(471-638万円)」、その上は「TTS(776万円)」、そして「TT RS(989万円)」という構成となっています。※価格はクーペ

TTやTTSと異なるのは、出力ももちろんですが「トランスミッションが7段になる」部分で、これによって大きく加速力が向上することに。※アウディによるTTRSの製品ページはこちら

アウディTT RSの外観を見てみよう

ホイールはオプションの20インチ(255/30R20)。※標準だと245/35R19
切削加工とマットグレーの仕上げが高級感とスペックの高さを感じさせますね。

ブレーキは容量がアップされており、ブレーキローターもハウジング部が軽量化された専用品に。
ぼくはTTの数少ない弱点の一つに「ブレーキ」があると考えていて、この強力なブレーキはうらやましいと感じるところでもあります。

DSC06997

フロントグリルは専用のハニカムで「グロスブラック」仕上げ。
かなり立体的な構造を持っているのが印象的で(最近モデルのレクサスに採用される新形状スピンドルグリルのように、三次曲面を持っている)、グリルフレームに「Quattro」のレターが立体で入るのが最新世代RSモデルの特徴(このデザインはしばらく続きそう)。

DSC06978

リアウイングのステーは独特の形状ですが、ちょっと前のアウディにおけるハイパフォーマンスモデルはこんな感じであちこちに「スリット(隙間)」を入れていたのがひとつの差別化ポイント。
たとえばドアミラーのステーにもスリットが入っていたり、という感じですね。

このTT RSだと内装のドアインナーハンドルにもスリットが入っているものの、最新の「RS3」のドアインナーハンドルや外装にはこのスリットが見られず、このデザインは今後採用されなくなるのかも。

DSC06976

アウディTT RSの内装を見てみよう

インテリアは基本的に「TT」「TTS」と同様のイメージではありますが、やはり各部が「差別化」。
欧州はもともと階級社会であったせいか(今でもそうか)、自動車メーカーはグレードごとに絶対的な差別化、つまり「越えられない壁」を設ける傾向が。

TT RSだとダッシュボードのエンボスが専用となり、メーターフードやセンターコンソールがレザーに、シートはスポーツ形状となってダイヤモンドステッチやパーフォレーテッド(穴あき)加工が施され、アルミの加飾が専用の仕上げになり、シフトノブやステアリングホイールにアルカンタラが使用される、といった感じ。

DSC06984

ステアリングホイールについては、センターパッドがレザー張りになっていますが、特筆すべきはスポーク脇に設けられた「エンジンスタート/ストップボタン」。
これはRSモデルのみの特徴で、特別感が感じられる部分でもありますが、さらにその排他性を強調するためにドライブモード(アウディセレクト)のスイッチもやはりステアリングホイールへと移植されています(TTだと、これらはセンターコンソール上にある)。

なお、液晶メーター「バーチャルコクピット」の表示もTTS以上ではタコメーターをセンターにレイアウトできる特別なものへ。

DSC06985

アウディTT RSで走ってみよう

さっそくTT RSに乗り込み、走ってみましょう。
クルマの見た目がぼくのTTとよく似ていて(同じベガス・イエローなので)インテリアカラーも同じ。
シートも大差ないため乗り込むときの姿勢やシートの感触、目に入る風景も大きく変わるものではありませんが、やはり驚かされるのはエンジン音。

スタートボタンを押した瞬間に2.5リッターターボエンジンが爆音とともに目覚め、「ブッポン!」とバブリングのような音も(ドライブモードの設定によって始動時の音は変わると思われる)。

DSC06961

ドライブモードは「コンフォート、オート、ダイナミック、インディビデュアル」。
サスペンションやエンジンレスポンス、ステアリングホイールの重さ、シフトプログラムがこれに連動して変化することになります。

「コンフォート」だと全てがマイルドな方向に設定され、足回りは「スポーツサスペンション(固定式)」を持つぼくのTTよりも柔らかいほど。
ただし20インチホイール、超ロープロファイルタイヤ(なんといっても扁平率20!)という性格上、段差超え時には鋭い衝撃を感じることも。

DSC06986

TTには慣れているということもあり、アウディセレクトを「ダイナミック」に入れますが、ここで当然ながらTT RSの性格が豹変。
足回りが難く、サウンドは勇ましく、そしてステアリングがぐっと重く。
クワトロシステム(4WD)の設定も変更されるようですが、正直これは限界でないと体感できないかもしれません(試乗中ではその変化がわからなかった)。

DSC06979

試乗コースは街中を抜けて阪神高速環状線をぐるっと走るというものですが、直線やカーブがうまく混じっていてなかなかに楽しめる内容に。
法定速度内で、かつ他の車に迷惑をかけない範囲で車線変更や加速減速を繰り返しますが、「これが自分のTTと同じクルマがベースになっている」とは信じられないほど。

極端にロールが少なく、そして高いスタビリティを見せますが、ここまで「オンザレール」という表現がピッタリなクルマもそうそうないだろう、という印象。
ブレーキの効きも申し分なく、ぐっとブレーキを踏んでも大きなピッチングや姿勢変化を見せないのがいいですね。

DSC06981

ハンドリングに関しても「正確」そのもので、切り足す必要も、切り足りないこともなく、まさに狙ったラインをトレースできる感じ。
まさに「俊敏」という表現がふさわしく、停車時からの出だし、加速、車線変更、減速すべてにおいて軽くシャープ、そしてダイレクトな印象があります。

シフトダウンしてアクセルを踏み込めば自然吸気エンジンのような甲高いサウンドを発して猛然と加速しますが、加速時にはフロントの駆動力が大きくなるのか「引っ張られる」ようにグイグイ加速し、FRやMRのように「フロントが浮く」印象がないのも高い安心感を得られるところですね。

DSC06975

結局どうなのアウディTT RS?

総じて、「誰が、どんな環境で、どうやっても」速く走れるクルマであり、かなり特殊な部類のクルマだという印象。
ライバルは同門のポルシェが放つ「718ケイマンGTS(993万円)」になろうかと思いますが、そちらは365馬力、0-100キロ加速4.1秒。
スペックとしては完全にアウディTT RSが勝っており、しかし両者は(実際に運転した印象では)完全に対局にあると言ってもいいクルマ。

たとえばポルシェ718ケイマンGTSはある程度のロール、ピッチングを許容し、アクセルやブレーキの操作によって姿勢を変えることができ、速く走る(曲がる)には荷重を移動させることを考える必要があります(トヨタ86はこれに似ている)。
クルマとの対話を楽しめると言い換えてもよく、しかしある程度のスキルが要求されるクルマでもありますね。

一方でアウディTTRSは荷重移動など気にせずにアクセルをガツンと踏んでステアリングホイールを回せば思ったとおりに、しかしとんでもない速度で曲がってしまうクルマ。
クルマと対話するというよりも、操作に対して絶対に裏切らない反応を示す、忠実かつ高性能な機械という印象です(スバルWRX STIはこれに似ている)。

正直なところこれは良し悪しの問題ではなく好みや、使う場面によって判断が分かれるところ。
個人的な意見を言わせてもらえれば、「毎日乗る(もしくは通勤などで乗らなくてはならない)」のであればアウディTT RS(目的地までこれほど快適に、これほど速く、なんの気を使うこともなくたどり着けるクルマはアウディのRSモデルをおいて他にない)、他にクルマがあって休みの日に「運転することを目的に」クルマを出せる環境にあるのであればポルシェ718ケイマンGTSを選ぶだろう、と考えています。

DSC06977

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->アウディ(Audi), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.