>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよう ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore



>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >その他アメリカ車 ■バイク(自転車/自動二輪) ■映画や音楽、本について ■ニュース

「オレは、ガンダムで行く」。レディ・プレイヤー1は究極のサブカル愛が詰まったオタク向けの映画だ

投稿日:2018/04/23 更新日:

| 映画史上、もっともオタク濃度の高い映画 |

さて、「レディプレイヤー1」を見てきたわけですが、映画史上もっとも「オタク濃度」の高い映画で、これは自分のような人間のための映画だろうな、とニンマリすることに。
正直ぼくとして「いいぞ、もっとやれ」という感じで、手を叩いてウヒャウヒャ笑い転げるような作品であったのですが、周囲の人はほぼ無反応。
というのも、あまりに内容がオタクっぽく、映画、音楽、アニメ、ゲームにある程度の知識がないとネタとしてはわかりにくく、そしてストーリー自体は「全く普通で面白みがない」ため。
要は「ネタを楽しむための映画であって、ストーリーを楽しむための映画ではない」ということになりますね。








まさかここまで「やってくれる」とは

あちこちで解説やレビューがなされているのでストーリーは「ざっと」だけ。
舞台は2045年のアメリカで、人々がVR世界の「オアシス」に夢中になっており、入り浸っているとう環境。
もう誰も覚えていなさそうですが「セカンドライフ」のVR版で、現実生活がショボくとも「オアシス」の中では違う自分”アバター”になって何でもでき、現実逃避の場としてオアシスが人気を集めている、という設定です。

主人公のウエイドもその一人で、両親を亡くしで叔母の家に居候する17歳。
経済的にも恵まれず、モッサリしたギーク(オタク)風ルックスですが、オアシスの中ではファイナルファンタジーのキャラ風イケメンのアバターに。

readyplayer

そしてオアシスの創業者が死去し、「オアシスの中に3つの鍵を隠した。それを見つけたものがオアシスの運営権利と莫大な資産を相続する」という遺言が公開されたのでもう大変、全プレイヤーがその「宝探し」に夢中になることになります。
第一の鍵は「レース」で争われることになりますが、主人公ウエイドのアバター「パーシヴァル」が乗るのは「バック・トゥ・ザ・フーチャー」でお馴染みのデロリアン。

ただしまったくバック・トゥ・ザ・フューチャーに登場したものと同じではなく、ナイトライダー風のカスタムが施されていたりしますが、こういった感じで様々な映画へのオマージュが登場するわけですね。

READY PLAYER ONE

ガッツリ登場した「カネダ・バイク」

そして見逃せないのが「アキラ」の金田バイク。
映画の劇中で走行するのは「アキラ」以外でははじめてだと思われ、これを実現した意義は非常に大きいと考えています。
なお、デロリアンともども「ちょっと」出演するのではなく「ガッツリ」出ていて、ぼくにとってはこれだけでも感涙モノ。
劇中では「特別製」と言われる通り、ヘッドライト形状(オリジナルではスクリーンの中に格納)やハブ、グラフィック、ホイールなどが異なります。

できれば「やっとモーターのコイルが温まって来たところだぜ」を言ってほしかった。

readyplayer4

ちなみにオリジナルの金田バイクのライディングポジションはハーレーのように「アメリカン」な姿勢ですが、劇中では高速走行バトルに対応するためか、ややドライビングポジションも変更され、体重移動も巧みに駆使している様子がわかります。

ガンダムもけっこう活躍していた

そして公開前から話題だったのが「ガンダム」。
「どうせスピルバーグ監督の日本向けサービスで、ちょっと登場して終わりじゃないの」と考えていたのですが、まさかの大活躍。
スピルバーグ監督の「日本好き」は有名で、2005年の映画「宇宙戦争(トム・クルーズ主演)」でも、宇宙人(エイリアン)を最初に倒したのは”大阪”。

readyplayer1

なぜ大阪だったのかという質問には「ゴジラを倒した地が大阪だったから」と応えるほどのオタクがスピルバーグ監督ですが、なんとレディ・プレイヤー1では「メカゴジラ」が登場。
そしてこのメカゴジラと戦うのがファースト・ガンダムというとんでもない展開になるわけですね(このシーンのBGMにはゴジラのメインテーマが使用されている)。
ただ、ガンダムが右手を前に突き出して「スーパーマンっぽく」飛ぶ様子や、ブースターによる加速を利用したバトルはレディ・プレイヤー1ならではの脚色。

そしてガンダムを操るアバター「ダイトウ」の”中の人”はトシロウ(日系俳優の森崎ウィンが演じている)。
「オレはガンダムで行く!」というセリフはぼく的には今年の流行語大賞に決定してもいいくらで、もう最高。※ゴーグルにも「ガンダム」のロゴがある

readyplayer3

その他にもストリートファイターの春麗が登場したり(これは一瞬)、ハローキティ(これも一瞬)、アイアン・ジャイアント、その他諸々の有名キャラが登場。
波動拳やサマーソルトキック、レールガンも出てきたり、とにかくその道のファンにはたまらない内容となっています。

もちろんアメリカ人向けの「ネタ」も

いかにスピルバーグ監督が日本贔屓とはいっても日本のサブカル(劇中では”ポップカルチャー”)ばかりではアメリカ人が納得しようはずもなく、音楽は80-90年代のロックやポップミュージック。
ヴァン・ヘイレン、ダリル・ホールとジョン・オーツなどが使用され、デュラン・デュランもネタに(ボン・ジョヴィやガンズ・アンド・ローゼスのレオタードに鉢巻もネタにしてほしかった)。

そして映画だと「ステイン・アライブ」「チャイルド・プレイ(これは劇中でも”Fuckin Chucky!”と恐れられていた)」「シャイニング」「フェリスはある朝突然に」など、アメリカ人であれば”標準装備”と言われるがネタに使用されており、とくに「シャイニング」は第二の鍵を得るための重要なシーンに起用されています。
そして「シャイニング(1980)」の映画の中に入り込んでしまうシーンでは、映像がスタンリー・キューブリック監督が好んで用いた”一点透視図法”となっており、「オイオイここまでやるのか・・・」と思うほど。

そしてゲーム機「アタリ」については日本人にとって理解が難しいところかもしれませんが(ぼくもさすがにアタリについては詳しくない)、これについては劇中で相当な盛り上がりを見せており、アメリカ人にとってはひとつの「ヤマ場」だったのかもしれません。



仮想現実よりも現実世界の重要性に気付かされる

とにかくこういった感じでネタがオンパレードの映画で、よってネタのほとんどを理解できない人にとっては「やたらアクションが激しい、うるさいだけの映画」ということになりますが、どれだけのネタを知っているか、どれだけのネタに気づけるか、というのがこの映画のキモということになりそう(まだまだわからなかったネタがたくさんあると思われる)。
オタクっぽい映画としては80年代の音楽やゲームを扱った「ピクセル」、音楽オタクを主人公にした「ハイ・フィデリティ」といったものがあるものの、その幅はもちろん、マニアックさでもレディ・プレイヤー1は群を抜いている、と考えています。

そしておそらく一番楽しかったのは観客よりも「映画を作った人たちだったんだろうな」と思える作品であり、とにかくサブカル愛、ポップカルチャー愛の詰まった一本でもありますね。

なお映画のオチとしては、主人公が現実世界と仮想世界両方を通じて経験した出来事によって、あらためて現実世界の重要性に気づく、というもの。
このあたりも多くの映画で採用されてきた手法へのオマージュだと言え、「タイムマシン(2002)」で、機械と発明にしか興味のなかった主人公が人と人とのつながりの重要性に気づき、それまで人生のすべてをかけてきた機械に対しても、最後には「単なる機械さ」と悟ったように語るシーンを思い出させます。

「自動車」について触れておくと、クレジットを見る限り、協賛はルノー。
たしかに劇中でもゾエ(ZOE)やトゥイージー(Twizy)が登場。※異なるグループのシトロエンも出てくる
その他にも(現実世界の場面で)いくつかの車両が登場しますが、劇中の時代背景を反映してか「EV」となっている模様。

何から何まで「ネタ」づくし

最後に、いかにこの映画が「ネタ」を重視しているか、そのポスターを見てみましょう。
まずはバック・トゥー・ザ・フューチャーのパロディですが、劇中にデロリアンが登場し、主人公のアバター「パーシヴァル」がそれに乗っていることから「マクフライ」と呼ばれるシーンも。

readyplayerone (2)

次は「マトリックス」。
パーシヴァルと作中のヒロインであるアルテミス、そしてエイチ、ダイトウ。
アルテミスのタンクトップが「スペースインベーダー」なのが笑えますね。

readyplayerone (3)

ブレードランナー。
スピナーが「デロリアン」に、タワーが「自由の女神」に。
レイチェルのタバコはアルテミスの銃へと置き換えられていますね。

readyplayerone (4)

ランボー。

img_6

グーニーズ。

img_5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), >その他アメリカ車, ■バイク(自転車/自動二輪), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.