>中国/香港/台湾の自動車メーカー >韓国の自動車メーカー

ヒュンダイのエンブレム「H」はホンダのパクリではなかった!H社「あれは人と人が握手をしている図」

投稿日:2018/07/28 更新日:

| ヒュンダイのエンブレムは”ホンダと間違われないように?” |

ヒュンダイのエンブレム「H」は「人と人とが握手をしている状態をあらわしている」という記事がJalopnikに。
その「人と人」とは「顧客と会社」をあらわしているとのことですが、「H」の縦線は人、横線は手をあらわしている、ということになりますね。
もちろんこのエンブレムはヒュンダイ(HYUNDAI)の頭文字「H」でもあり、ヒュンダイのサイトによると同時にその保証の手厚さ(10年/10万マイル)をイメージしたもの、とされています。

もともとヒュンダイのロゴは「HDだった」

なお、記事によるとヒュンダイはかつて「HD」というエンブレムを使用していたものの、「ホンダ(HONDA)」と混同されることを避けるために現在の「H」になったとも解説。

↓たしかに「HD」

npohaxgyspazxmubwbvj

ここで「オイオイちょっと待ってよ」と思うのですが、日本のネット界だとむしろ「逆」で、ホンダと混同させて「日本車っぽく」見せるために現在の「H」になった、さらには本来「ヒョンデ」という読みを「ホンダ」に近づけるために「ヒュンダイ」という発音をさせる表記になったという意見が大半。

実際のところ「HD」よりも現在の「H」のほうがホンダに近いので、「ヒュンダイが意図的にホンダとの混同を避けた」説はちょっと受け入れ難いところもありますね。

なお、中国では完全に「これは意識したな」というエンブレムも多く、代表的なのはBYD(BMW)、

e6f880285f8184f01454e0a9eec99987

そしてHAIMA(MAZDAのロゴに近く、フォントはほぼ同じ)、

Haima_Automobile_logo

フォードみたいなKarryなど。※ビジュアルではなく発音を似せているものも多い

Karry

ほかにも(もう消滅しましたが)サイオン風、インフィニティ風、ベントレー風、トヨタ風、メルセデス・ベンツ風など様々な類似エンブレムがあり、後発が「似せることはあっても」「遠ざける」ようなことはないのではとも考えられ、やはりヒュンダイの一件については「日本で信じられている通説」のほうが理にかなっている、とは思います。

とくにヒュンダイはほかメーカーから人材を獲得したり、「トヨタとレクサス」のような感じで「ヒュンダイとジェネシス」、「BMWとM」のように「ヒュンダイとN」という他社を参考にしたブランド展開を行っているため、いっそう「独自性を出すためにロゴを変えた」というのは信じるのが困難かもしれません。

VIA:Jalopnik

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->中国/香港/台湾の自動車メーカー, >韓国の自動車メーカー
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.