ad-728





>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ジャガー(Jaguar) >フォード(FORD) ■映画や音楽、本について ■ニュース

トム・ハンクスのためにカスタムされたフィアットも。ジャガー、マスタングなど旧車の内装カスタム特集

2018/07/10

| 内装スペシャリスト、カーレックスは旧車も得意 |

ポーランドの内装スペシャリスト、カーレックスはフェラーリやポルシェといったスーパーカーの内装カスタム、メルセデス・ベンツやBMWといった高級車の内装張り替えを得意としていますが、実は結構旧車も得意。
今回はそのいくつか代表例を見てみようと思いますが、まずはフィアット126P。
ただし普通のフィアット126Pではなく「トム・ハンクス所有」のフィアットです。

このフィアット126Pには心あたたまる物語が

このフィアット126Pがトム・ハンクスの手に渡るまでにはいちょっとしたストーリーがあり、時を遡ること2016年11月にトム・ハンクスが自身のインスタグラムに「新しい車を手に入れたぞ!」と投稿。
しかしながらこの車はトム・ハンクス自身の車ではなく、映画のロケにて訪れたハンガリーに停まっていた「誰か知らない人の車」。
さらにこれは1973年から2000年にかけて東欧で生産されていた旧共産党時代の遺物で「新車」とはかけはなれたもの。

I'm so excited about my new car!! Hanx.

Tom Hanksさん(@tomhanks)がシェアした投稿 -

トム・ハンクスはインスタグラムアカウントを開設しているもののその投稿頻度は少なく、しかしこのフィアット126Pにおいては短期間に3回も同じような(別のフィアット124Pのドアハンドルに手をかけて”新車を買った”とする)投稿を行なっており、その嬉しそうな様子がやたら可愛いと評判に。

そしてかつてフィアット126Pを製造していた町、ポーランドのビエルスコビャワに住むモニカ・ヤコルスカさんはトム・ハンクスにこのフィアット126Pを贈ろうとFacebookを通じて資金集めを呼びかけ、20数万円相当を集めてこのフィアット126Pを購入し、トム・ハンクスの手元へと届けられることになった、と報じられています。

Fiat 126p - by Carlex Design

なお、この「フィアット126Pがトム・ハンクスのもとへ」と報道されたのは2017年1月ですが、ポーランドのチューナー、カーレックスがこうやって画像を公開しているところを見るに、そのままトム・ハンクスへと届けられたわけではなく、ポーランドにてまずカスタム&レストアを行われていた模様。

Fiat 126p - by Carlex Design

今回外装はホワイト、インテリアはグリーンへとコンバートされ、内装はヴィンテージ感溢れる作りに。

Fiat 126p - by Carlex Design

メーターには「For トム・ハンクス」の文字。

Fiat 126p - by Carlex Design

ジャガーXJはネオレトロに

そしてこちらはジャガーXJクーペ。
外装は非常に美しいワインレッドで、深いリムがキマってますね。

Jaguar-XJ-coupe-6102017-017

内装のレザーは張り替えられ、パネルはヴィンテージ調に。

Jaguar-XJ-coupe-6102017-010

なんとも重厚で高級感のある仕上がりとなっています。

Jaguar-XJ-coupe-6102017-008

ほぼブラック一色で渋い印象ですね。

Jaguar-XJ-coupe-6102017-003

マスタングのインテリアは「イマ」風に

ford_mustang_6

こちらのフォード・マスタングは「外装は当時風」。
ただしインテリアにはカーボンパーツが用いられるなど現代的な要素も。

ford_mustang_11

当時にはまだ一般的でなかったであろうアルカンターラがふんだんに使用され、Aピラー内側には追加メーターがズラリと並んでいるのがわかります。

ford_mustang_16

カーボンとクロームパーツの相性は「なかなか」。
ペダル類も現代風ですね。

ford_mustang_13

ウインカーレバーには「レザー巻き」。

ford_mustang_12

あわせて読みたい関連投稿

VIA:CARLEX DESIGN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ジャガー(Jaguar), >フォード(FORD), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , ,