ad-300x100-sp





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

トヨタ カローラ スポーツの「ハイブリッド G」にも試乗してみた!ガソリンターボモデルとの差は?

2018/07/03

| トヨタ カローラ スポーツの”ハイブリッドモデル”にも試乗してきた |

さて、先日ガソリンエンジンモデル「G」を試乗した新型トヨタ・カローラスポーツですが、今回は「ハイブリッド」モデルに試乗。
カローラスポーツのパワートレーンとしては「ガソリンターボ(1.2)」と「ハイブリッド(1.8リッターエンジン+ハイブリッド」が用意され、駆動方式としてはガソリンターボがFFもしくは4WD、ハイブリッドはFFのみ。

出力だとガソリンターボが116馬力、ハイブリッドではエンジン98馬力+モーター72馬力の合計170馬力。
燃費だとガソリンターボはリッター18キロ、ハイブリッドモデルはリッター30キロ、と大きく差が開きます。

価格については同グレード/駆動方式で比較した場合では30万円弱ほどしか価格差がなく、かつハイブリッドモデルは減税優遇を受けることができ、さらに売却時にも圧倒的にハイブリッドモデルの方が有利だと思われるので、事実上、多くの人がハイブリッドを選ぶことになりそうです(4WD、マニュアル・トランスミッションというところに魅力を見出さないのであれば)。※C-HRよりもカローラスポーツの方がガソリンモデル、ハイブリッドモデルとの価格差が大きい

カローラスポーツ自体については下記の試乗レポートにて詳細を記載しており、今回は「ガソリンターボ」「ハイブリッド」両者の違いについてのみ触れたいと思います。

カローラスポーツ、そのガソリンモデルとハイブリッドモデルとのスペック差は?

基本的な車体構造としてはハイブリッド、ガソリンモデルともに差はなく、ボディサイズは全く同じ。
重量はハイブリッドモデルの方が60キロ重いだけで、意外と「ハイブリッド軽いな(バッテリーを搭載するぶん、かなり重くなると考えられるので)」という印象があるものの、これはハイブリッドモデルのエンジンは「ターボなし」、ガソリンターボモデルは文字通り「ターボあり」で、エンジン自体の重量についてはガソリンターボモデルのほうが重いためだと思われます。

細かいことですが、ハイブリッドモデルはバッテリーが後席下あたりに搭載されるので、そのぶん「車両の重量バランス」には優れるのかもしれません(ガソリンエンジンモデルは”前寄り”の重量配分と思われる)。
さらにハイブリッドモデルだと全体的な重量は重くなっているものの、ガソリンタンク容量についてガソリンモデルは60L、ハイブリッドは54Lなので、満タンにすると「少しだけ」重量差が小さくなることにも。

carlineup_corollasport_performance_01_01

サスペンション形式も両者共通で、フロントは「マクファーソンストラット式コイルスプリング」、リヤ「ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング」。
ブレーキにも変更はなく、フロントは「ベンチレーテッドディスク」リヤには「ディスク」を採用しています。

大きく異なるのはトランスミッションで、ガソリンターボモデルはマニュアルトランスミッション(iMT)もしくはSuper CVT-i(自動無段変速機/10 速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)を持つのに対し、ハイブリッドモデルは「電気式無段変速機」。

IMG_3269



カローラスポーツ、ハイブリッドで走ってみたその印象は?

実際にカローラスポーツのハイブリッドモデルで走ってみると「やっぱりトルクはずいぶんハイブリッドの方が太い」ということ。
ガソリンターボモデルも「1.2リッターとは思えない」力強い加速を見せているものの、やはりエレクトリックモーターによる「瞬間的な加速」にはずいぶん差があるようですね。

このあたりは(ほぼ)同じパワートレーン、同じTNGAプラットフォームを持つC-HRにおいて「ガソリンターボ」「ハイブリッド」両者を乗り比べたのと同じ印象。

IMG_3281
カローラスポーツの「ガソリンターボ」「ハイブリッド」を運転してみると、C-HR以上に両者の違いを体感することは難しく、それはおそらく、あまりにも優れたカローラスポーツの「静粛性」にあるのかもしれません。
ガソリンターボモデルを試乗したとき、出だしで「これはハイブリッドモデルなのでは?」と感じたほど静かで振動がなく、このあたりC-HRと比較しても「ずいぶん静粛性が向上している」といえます。
ほかに体感できる差異といえば「ドライブモードセレクト」。
ガソリンターボは「ECO」「NORMAL」「SPORT」の3段階ですが、ハイブリッドモデルではこれが「ECO」「COMFORT」「NORMAL」「SPORT」「SPORT S+」の5段階に。
ガソリンターボモデルでは「SPORT」に入れてアクセルをガツンと踏むと、上昇するエンジン回転数にあわせて湧き上がるパワーが体感できて気分が盛り上がりますが、ハイブリッドモデルの「SPORTS S+」では「いきなり巨大なトルクが発生」してドカンと加速し、そのフィーリングがかなり異なる、という印象ですね。
加えてサスペンションが「快適寄り」に変更されるのもハイブリッドモデルのみの特徴で、「COMFORT」に入れると乗り心地がより一層安楽に。
ガソリンモデルでは積極的にパドルシフトを活用してスポーティーな走行が楽しめるものの、やっぱりハイブリッドモデルのトルク感は捨てがたく、ハイブリッドモデルにはない「マニュアル・トランスミッション」「4WD」にこだわらないのであれば、様々な観点から見てハイブリッドモデルに軍配が上がる、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , ,