>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台を売り切ったと報じられますが(”63”はランボルギーニの創業年、1963年に因んでいる)、そのLB48Hがフランクフルト・モーターショーにて公開される、というウワサ。このLB48Hは「ハイブリッド」を採用すると言われ、そのスタイリングはランボルギーニの新時代を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」風になる ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入り

グレーにブラックはやっぱりカッコイイ マクラーレンのカスタム部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が600LTスパイダーをカスタムしジュネーブ・モーターショーに展示する、と発表。この600LTスパイダーはショーのためのワンオフとなり、ボディカラーは「ダブ・グレー」に「ネピア・ホワイト」のアクセント。なお、「ダブ(DOVE)」は「鳩」の意味ですが、「なるほど」とうなずける色合いですね。ちなみにこういった「グレー」は2015年辺りから欧州にて流行中ではあるものの、日本ではイマイチ流行ら ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

生産わずか10台、日本市場限定のフェラーリ「J50」の売り物(走行0キロ)が登場。価格や車輌情報は「身元が明らかな」顧客だけに公開

まさかJ50の売り物が出てくるとは なんとフェラーリの日本への正規輸入開始50週念を記念して製造された「10台限定の」超限定フェラーリ「J50」の売り物が登場。これはエキゾチックカーや高級品売買サイト、James Editionに掲載されているもので、なんと走行距離は「0キロ」。所在地はもちろん日本で価格は「ASK」、そしてこれ以上の情報を知るには販売者へとコンタクトを取るしか無いものの、販売者は問い合わせを行った人の審査を行うようですね(クルマの情報、売り主の情報を守秘したいのだと思われる)。 こちらも ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

トヨタ カローラ スポーツの「ハイブリッド G」にも試乗してみた!ガソリンターボモデルとの差は?

投稿日:2018/07/02 更新日:

| トヨタ カローラ スポーツの”ハイブリッドモデル”にも試乗してきた |

さて、先日ガソリンエンジンモデル「G」を試乗した新型トヨタ・カローラスポーツですが、今回は「ハイブリッド」モデルに試乗。
カローラスポーツのパワートレーンとしては「ガソリンターボ(1.2)」と「ハイブリッド(1.8リッターエンジン+ハイブリッド」が用意され、駆動方式としてはガソリンターボがFFもしくは4WD、ハイブリッドはFFのみ。

出力だとガソリンターボが116馬力、ハイブリッドではエンジン98馬力+モーター72馬力の合計170馬力。
燃費だとガソリンターボはリッター18キロ、ハイブリッドモデルはリッター30キロ、と大きく差が開きます。

価格については同グレード/駆動方式で比較した場合では30万円弱ほどしか価格差がなく、かつハイブリッドモデルは減税優遇を受けることができ、さらに売却時にも圧倒的にハイブリッドモデルの方が有利だと思われるので、事実上、多くの人がハイブリッドを選ぶことになりそうです(4WD、マニュアル・トランスミッションというところに魅力を見出さないのであれば)。※C-HRよりもカローラスポーツの方がガソリンモデル、ハイブリッドモデルとの価格差が大きい

カローラスポーツ自体については下記の試乗レポートにて詳細を記載しており、今回は「ガソリンターボ」「ハイブリッド」両者の違いについてのみ触れたいと思います。








カローラスポーツ、そのガソリンモデルとハイブリッドモデルとのスペック差は?

基本的な車体構造としてはハイブリッド、ガソリンモデルともに差はなく、ボディサイズは全く同じ。
重量はハイブリッドモデルの方が60キロ重いだけで、意外と「ハイブリッド軽いな(バッテリーを搭載するぶん、かなり重くなると考えられるので)」という印象があるものの、これはハイブリッドモデルのエンジンは「ターボなし」、ガソリンターボモデルは文字通り「ターボあり」で、エンジン自体の重量についてはガソリンターボモデルのほうが重いためだと思われます。

細かいことですが、ハイブリッドモデルはバッテリーが後席下あたりに搭載されるので、そのぶん「車両の重量バランス」には優れるのかもしれません(ガソリンエンジンモデルは”前寄り”の重量配分と思われる)。
さらにハイブリッドモデルだと全体的な重量は重くなっているものの、ガソリンタンク容量についてガソリンモデルは60L、ハイブリッドは54Lなので、満タンにすると「少しだけ」重量差が小さくなることにも。

carlineup_corollasport_performance_01_01

サスペンション形式も両者共通で、フロントは「マクファーソンストラット式コイルスプリング」、リヤ「ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング」。
ブレーキにも変更はなく、フロントは「ベンチレーテッドディスク」リヤには「ディスク」を採用しています。

大きく異なるのはトランスミッションで、ガソリンターボモデルはマニュアルトランスミッション(iMT)もしくはSuper CVT-i(自動無段変速機/10 速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)を持つのに対し、ハイブリッドモデルは「電気式無段変速機」。

IMG_3269



カローラスポーツ、ハイブリッドで走ってみたその印象は?

実際にカローラスポーツのハイブリッドモデルで走ってみると「やっぱりトルクはずいぶんハイブリッドの方が太い」ということ。
ガソリンターボモデルも「1.2リッターとは思えない」力強い加速を見せているものの、やはりエレクトリックモーターによる「瞬間的な加速」にはずいぶん差があるようですね。

このあたりは(ほぼ)同じパワートレーン、同じTNGAプラットフォームを持つC-HRにおいて「ガソリンターボ」「ハイブリッド」両者を乗り比べたのと同じ印象。

IMG_3281
カローラスポーツの「ガソリンターボ」「ハイブリッド」を運転してみると、C-HR以上に両者の違いを体感することは難しく、それはおそらく、あまりにも優れたカローラスポーツの「静粛性」にあるのかもしれません。
ガソリンターボモデルを試乗したとき、出だしで「これはハイブリッドモデルなのでは?」と感じたほど静かで振動がなく、このあたりC-HRと比較しても「ずいぶん静粛性が向上している」といえます。
ほかに体感できる差異といえば「ドライブモードセレクト」。
ガソリンターボは「ECO」「NORMAL」「SPORT」の3段階ですが、ハイブリッドモデルではこれが「ECO」「COMFORT」「NORMAL」「SPORT」「SPORT S+」の5段階に。
ガソリンターボモデルでは「SPORT」に入れてアクセルをガツンと踏むと、上昇するエンジン回転数にあわせて湧き上がるパワーが体感できて気分が盛り上がりますが、ハイブリッドモデルの「SPORTS S+」では「いきなり巨大なトルクが発生」してドカンと加速し、そのフィーリングがかなり異なる、という印象ですね。
加えてサスペンションが「快適寄り」に変更されるのもハイブリッドモデルのみの特徴で、「COMFORT」に入れると乗り心地がより一層安楽に。
ガソリンモデルでは積極的にパドルシフトを活用してスポーティーな走行が楽しめるものの、やっぱりハイブリッドモデルのトルク感は捨てがたく、ハイブリッドモデルにはない「マニュアル・トランスミッション」「4WD」にこだわらないのであれば、様々な観点から見てハイブリッドモデルに軍配が上がる、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.