■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2のインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW 8シリーズ”グランクーペ”発表!ドアが二枚増えて全長23センチ長く。より優雅なスタイルへ

| もしかすると8シリーズ「クーペ」よりも人気化するかも | 先日フルヌード状態がリークされてしまったBMW 8シリーズ・グランクーペ。今回はついにBMWは公式にて正式に発表される運びとなっています。その姿はすでにリークされたとおりではありますが、8シリーズ・クーペと共通したフロントを持ち、しかしフロントウインドウ以降は「専用」デザインに。フロントウインドウは8シリーズ・クーペに比較して「やや角度が立っている」ようで、ルーフも少しだけ高くなっている、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿BMW 8シリーズ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

【動画】今度はフェラーリ458のトランスミッションを「マニュアル」にスワップ。作業したショップには相当数のスワップ依頼が舞い込むことに

| 世間はこれほどまでにMTに対する飢餓感がある | いつの時代も高い価値を誇る「マニュアル・トランスミッションを持つフェラーリ」。フェラーリがセミオートマティック・トランスミッション「F1」を導入した後はマニュアル・トランスミッションの販売比率が大きく下がり、MTが「希少」となってしまったこと、458以降はフェラーリがそもそもMTを製造しなくなったことから「ないものねだり」となっているのがその理由の一因だと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF1 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

息を呑むほどに美しい内外装を持つフェラーリ458スペチアーレAの中古車が販売中。NA最後のミドシップという希少価値もあって9400万円

| フェラーリ458スペチアーレの売り物はめったに出てこない | 2014年に販売されたフェラーリ458スペチアーレA。458スペチアーレA(アペルタ)は458スペチアーレのオープン版ですが、フェラーリの常として「オープンモデルを少なく作る」というものがあり、そのため限定台数はわずか499台という超レアモデル。458スペチアーレシリーズ自体は「458イタリア/458スパイダー」のハードコアモデルという位置づけになるものの、これが特別扱いされるもう一つの理由は「フェラーリV8ミドシップ最後の自然吸気」だから ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「スーパーカーは作らない。なぜならばM8がスーパーカーそのものであり、ポルシェ911ターボにも勝るからだ」

| BMWはM8に対してあまりに自信満々 | 「BMWは新たにスーパーカーをリリースする予定はない。なぜならM8がスーパーカーそのものだからだ」。 これはBMW M部門のボス、マークス・フラッシュ氏がカーメディア、「Which Car 」に対して語ったものですが、さらには「M8はBMWでもっともニュルブルクリンクを速く走ることができるクルマであり、我々が提供できる”究極の”ハイパフォーマンスカーだからだ」と続けています。 さらにマークス・フラッシュ氏は「M8はポルシェ911ターボキラー」でもあると語るなど ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

スピンドルグリルが巨大に?レクサス「GX」がフェイスリフトし、押し出しの強いアグレッシブな顔つきに

| 変更内容はさほど大きくなく、しかし一気に”レクサス顔”に | レクサスがGX初のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を行い、スピンドルグルルが巨大化した新型GXを発表。レクサスGXはランドクルーザープラドのレクサス版ということになりますが、日本には未導入。なお、日本でのレクサスSUVは下から「UX」「NX」「RX」「LX」という構成ですが、もし「GX」が発売されることになれば、RXとLXとの中間ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型レクサスRXが発表。外装では「前後のデザイン的つながり ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

カーレックスがマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。3D技術を使用した立体的な仕上がりに

| この内装が手に入るのであれば数百万の支出も悪くない | ポーランド拠点の内装スペシャリスト、カーレックス・デザイン(Carlex Design)がマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。例によって「内装総張替え」ですが、、単に素材を置き換えるだけではなくダッシュボードやシート、ステアリングホイールはオリジナルデザインによってドレスアップされることに。なお、先日公開した日産GT-R同様、そのカラーはブラックとレッド。 こちらもオススメ、関連投稿やはりポルシェにはレッド。911、カイエンの内装カスタム( ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW M5コンペティションがニュルにて「セダン歴代2位」「BMW歴代2位」の7:35.90を記録。そしてBMWは「Vision M Next」の発表を予告

| ヴィジョンMネクスト・コンセプトはテクノロジーとドライビングプレジャーとを融合 | BMW M5コンペティションがニュルブルクリンクにて7:35.90というタイムを記録。これはニュルブルクリンクのランキングだとだいたい68位あたりに位置するタイムで、ポルシェ・パナメーラ・ターボの7:38.00よりも速いタイム。ただ、残念なことにセダン最速のアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの7:32.00にはおよばず、「セダンでは2位」。なお、4ドア「クーペ」だとメルセデスAMG GT63 S 4MATICが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・スピードテールを注文した富豪が仕様決定のためマクラーレン本社へ。「最終的に2つに絞ったが決めきれない。どちらがいいと思う?」

| マクラーレンからもらったお土産もあわせて披露 | 先日、自身のガレージを紹介し、新しくフォードGT、マクラーレン・スピードテール、ケーニグセグ・ジェスコ、ブガッティ・シロン・エルメス、メルセデスAMG ONEが納車されることを明かしたアメリカ在住の富豪、マニー・コシュビン氏。今回はマクラーレン・スピードテールの仕様を決定するためにマクラーレン本社を訪問した際の様子を紹介しています。 富豪が自身のガレージを紹介。「エルメス仕様のシロンがもうすぐ納車だ。スピードテール、AMG ONE、ポルシェ935、フォ ...

ReadMore

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A Mind in Motion」と題された催しにて展示される、とのこと。そしてこのピニンファリーナ・バッティスタをアンヴェールしたのはなんとニコ・ロズベルグとニック・ハイドフェルドという二名の「元F1ドライバー」。 加えてピニンファリーナ・バッティスタを公に見ることができる機会はまだなく、非常にレアな展示だと ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗】加速はレクサスLFA並み!まんまスーパースポーツ、メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペに試乗

投稿日:2018/08/13 更新日:

| やっぱりAMGは最高だった |

メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペに試乗。
もともとこのクルマに試乗する予定はなく、しかしその日メルセデス・ミー大阪にて「メルセデス・ベンツCLS 450 4MATIC Sports」を試乗したのち、「めったに入らないメルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペが試乗車で入ってきたのでぜひ乗って欲しい」という提案を受けたわけですね。

寿司屋の「今日はいいネタが入ってますよダンナ!」みたいなノリですが、そう言われると「じゃあそれひとつ握ってくれるかな」となるのが人情で、今日は道も空いてるしいっちょ踏むか!ということで急遽試乗することに。








結果的に大当たり

メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペは「GLCクーペ」のAMG版ですが、エンジンは4リッターV8ツインターボ510馬力、0-100キロ加速3.8秒という超俊足ぶりを発揮するスーパーSUV。
この3.8秒というのは登場初期のランボルギーニ・ガヤルドと同じくらいのタイムで、パガーニ・ゾンダF、レクサスLFAのタイムが3.7秒といえばどれだけ速いかがわかると思います。

glc1

外観上だとAMG GT Rにてはじめて(市販車へ)装着された「パナメリカーナ・グリル」が与えられ、鍛造となる21インチAMG クロススポークホイール、レッドキャリパーにスリット+ドリルホイールを持つローターが与えられたブレーキシステム、リアスポイラーが大きな特徴。

glc11

なお、インテリアは先に試乗したCLSよりもひと世代前となるため、CLSと比べるとかなりシンプル。
ただし明確に「劣る」というわけではなく、これは「CLSのほうが未来に行きすぎている」と考えるのが妥当だと考えています。

とりあえずメルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+ クーぺで走ってみる

早速クルマに乗り込んでシートやミラーをあわせ、エンジンをスタート。
エンジンスタートボタンはステアリングコラムの右側にあり、これを押すとブボボボン!という凄まじいサウンドとともにエンジンが目覚めて「おう!」と驚くことに。

これは期待できそうだということで早速クルマをスタートさせますが、出だしからしてかなり「軽く感じる」のが特徴。
トランスミッションはトルコンではなく多板湿式クラッチを使用した9速AMGスピードシフトMCT。
そのためトルコン式よりもちょっと変速ショックが大きいようですが、そのぶん「ガッツンガッツン繋がってる」感があるのも事実です。※3速以上になるとあまり変速ショックはない

glc10

なお、駆動方式はもちろん4WDですが、これは駆動力の配分を50:50〜0:100までフレキシブルに変化させることができるもので、さらに電制デフも装備しているためにコーナリングはスポーツカーそのもの(ダイナミックエンジンマウント=可変エンジンマウントも装備されている)。

しかもサスペンションは「AMGスポーツサスペンション(AMG BODY CONTROL=連続可変ダンピング)」で、コーナリング中の姿勢もビタリと安定。
コーナリング中にアクセルを踏むと「駆動力で曲がる」という感覚が非常に強く、とにかく運転していて楽しいと感じるクルマですね。

glc6

なおちょっとアクセルを踏んだだけでもグイと前に出ますが、これはやはり「9段」というトランスミッションの恩恵によるもので、「いつでも戦闘態勢」に入れるということを意味します。



そしてアクセルを抜くと「バリバリバリバリ!!」とブリッピングが発生し、シフトダウン時には「ヴォン!」と空ぶかしが入ることに。
とにく「何から何まで」やる気にさせることこの上ないクルマですが、そのエキゾーストサウンドはメルセデス・ベンツCLSのように「合成した音をスピーカーから流す」ものではなく、実際にエクゾーストシステムのフラップを開いて爆音を聴かせるもの。

glc9

このエキゾーストシステムはドライブモード「AMGダイナミックセレクト」によってフラップの開閉をコントロールでき、「COMFORT」「SPORT」「SPORT+」「INDIVIDUAL」「RACE」のうち、「SPORT」「SPORT+」ではフラップが開くことに。

このときの音といえば凄まじいの一言で、「よくこれで車検が通るな」というほどです。
音質でいえば重低音、そしてアメリカンV8のようなデロデロというサウンドですが、やはりこれはメインとなるアメリカ市場を意識したものだと言えそう。

glc5

現代ではクルマをぶっ飛ばすことが社会的に認められるものではなく、しかしそうそうサーキットへゆくのも難しい状態。
しかも事情によってスポーツカーを所有できない場合もあり、そういったときにはこのメルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペはうってつけ。

これ一台でSUV、そしてスポーツカーを網羅でき、かつ制限速度内で走ってもその刺激的なサウンドやブリッピング、強烈な加速を楽しめるクルマだと言えそう。

価格は1485万円と高価ですが、AMGはリセールが高く、これもまた「買い」の一台だと言えそうです。

glc3

あわせて読みたい、メルセデスAMG試乗記関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.