>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよう ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore



■服や小物、時計、雑貨など

注目度は抜群。ルイ・ヴィトンの腕時計、「タンブール・ヴィトンカップ・レガッタ」

投稿日:2015/01/19 更新日:

ルイ・ヴィトンの腕時計シリーズ、タンブール。
ルイ・ヴィトンは時計分野への進出に熱心で、様々なブランドを買収していますが、ゼニスもそのひとつ。
おかげでゼニスの誇るムーブメント「エル・プリメロ」はじめムーブメント単体での供給を行わないことになったために書く腕時計メーカーは独自にムーブメントを製造する必要が発生し(俗にいう2010年問題)、ロレックス・デイトナにおいてもそれまでのエル・プリメロから自社ムーブメントに切り替える羽目に。








かつ、バーゼルでも非常に大きなスペースを割いてでの展示であったり(客船を貸し切るなど)、ルイ・ヴィトンの直営ショップ以外での流通を行わないなど、かなり力の入った展開を行っています。

それはさておき、そんなヴィトン渾身のタンブールシリーズですが、本機は2世代目あたりに属すると思います(明確な定義があるわけではない。登場初期から見ていたぼくの勝手な判断)。
1世代目は通常のタンブールとダイヴィング・シリーズで構成され、その後に「インブラック」、ダイヴィングの2世代目が登場してきており、本機もその世代。

購入時にはケースがブラック仕上げとなるイン・ブラックと相当に迷ったのですが、実際に腕に装着して全身を鏡に映した時(これ大事。ほとんどの腕時計店は小さな鏡しかないが、ぜひ全身を映してみることをお勧めする)にこのルイ・ヴィトンカップ・レガッタのほうが似合っていたこと、イン・ブラックは表面のブラックコーティングが剥げる可能性があるということから、こちらのレガッタを選択。
とくにぼくの持っている衣類は赤、白、紺といったカラーが多いこともひとつの理由です。

なお、ここでルイ・ヴィトンの腕時計に関するサービス体制に触れておく必要があります。
ルイ・ヴィトンは腕時計に関しては「新参者」で、そのため腕時計メゾンとしてはかなり格下に見られます。
それは腕時計ファンにおいても同じですね。

なので、それをカバーするために非常に手厚いサービス体制を取っています。
まずは5年という非常に長い保証サービス期間であること、公言はしていないのですがたとえばインブラックの色ハゲについても対応してくれること(※)、購入時には自由にベルトを選べること、など。
ベルトについてはLVモノグラム柄、ダミエ、それぞれにいくつかのカラーも選べますが、ぼくはもっともレガッタに似合うと思うネイビーを選択しています(一応これが推奨というか標準仕様)。
※なぜかアジア人の肌と汗に弱く、裏面のコーティングが剥げることがある。ルイ・ヴィトンとしても新しく採用した技術なのでデータ取りも兼ねて無償にて対応してくれる

なお、腕時計に関しては上記のように「新参者」なので、当時は機能や性能、仕上げに比較して安価な設定でした。
いわゆるペネトレーション・プライスですが、一定の浸透を図ったのちに一気にバリエーションを上位へ移行して高収益化を図るという方向ですね。
そのため現在は全体的に高価格帯へ移行しており、「ヴィトンの時計」の持つ価格的印象(ヴィトンの時計=これくらいの価格、という)が少し前に比べると高くなってきています。
ルイ・ヴィトンはアクセサリ(装身具)においても同様の戦略をとっており、最初は安価なステンレスから、その後は貴金属への展開を行っていますね。
そしてルイ・ヴィトンは「値下げなし、値上げのみ」のブランドなので、今後もどんどん価格帯は上がって行くのだと思われます。

さて、時計についてですが、「タンブール=太鼓」という名の通り、太鼓のようなずんぐりしたシルエットが特徴。
これが非常に独特で、ほかの腕時計との識別性を高めます。
ヴィトンはブランド戦略に長けており、ロゴはじめその時計がルイ・ヴィトンの製品であるということを認識させるためのデザインが方々に仕掛けられており、傍目にも「ルイ・ヴィトンの時計」とわかるところが最大の魅力だと思います。
ロゴは文字盤、ケース、そしてベルトにもありますし、実際にそうとうなインパクトがあります。

逆に言えば機械的には見るところはなく(ミニッツリピーターや、2000万円くらいのインデックス部分のキューブが回転するものは別ですが)、デザインに特化した腕時計、と言えますね。
ただし風貌には無反射ガラスを採用するなどコストをかけるところにはかけており、それなりに満足度を得られる可能性が高いと言え、機能は優れていてもデザイン的に優れず、満足を得られない腕時計が多いことを考えると、なかなかの競争力があるのではと考えています。
このあたりのキャラクターは、OEMで供給を受け、デザインのみに集中するベル&ロスにも近いものがあるかもしれませんね。

なお、この世代あたりまではケースの質感というか面の均一さ、インデックスの加工精度には若干の不満が残ります。
ただ、それもロレックスやオーデマ・ピゲなど磨きの優れるブランドと比較しての話なので、けして品質が劣るわけではありません。

現在の世代ではこういったところも改善され、とくにインデックスの中に夜光塗料を仕込む技術などはトップレベルまで向上したと認識しています(LOUIS VUITTONの文字を樹脂でケースに埋め込むインレイ技術も)。

ビジネスからカジュアルまで非常に幅広く活躍し、着る服を選ばないという点におていも非常に重宝しますし、一般的なところで「ルイ・ヴィトン」というブランドバリューがモノを言う場面もあり、「持っていて良かった」と思える一本です。

ちなみにぼくはヨットには乗りませんし、この腕時計に装備されるヨット競技に使用する機能は使用したことはありません。

ルイ・ヴィトンの腕時計であれば、エル・プリメロ搭載のクロノグラフはもちろんですが、タンブール・ダイヴィングの2世代目、アメリカズ・カップ、ヴォワイヤージュも良いですね。
とくにヴォワイヤージュ(フランス語で旅)はルイ・ヴィトンのルーツである「旅(もともと旅行鞄からスタートしているので)」を視覚的・機能的に表しており、語れるウンチクもあって満足度は高いと思います(ただし視覚的インパクトは強くない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.