ad-728





>ポルシェ911関連 ■ニュース

ポルシェ911(993)のレストア「プロジェクト・ゴールド」第5弾。ついに塗装が完成しエンジン装着

| ついに「ポルシェ911 プロジェクト・ゴールド」の塗装が完成 |

ポルシェが先般より公開している、ポルシェ911のレストア&カスタム計画、「プロジェクト・ゴールド」の第五弾動画が公開に。
今回は「マリッジ。エンジンと電気系統」と題されている通り、レストアを終えたボディにエンジンと電気系統(というかハーネス)が取り付けられる、という内容です。

ハーネスはかなり重そうだ

まず動画に登場するのは各電気系統を繋ぐメインハーネス。
こんなにいっぱいあるの?というくらいですが、993の発売された時期を考えると、これでも現代の車に比べると「かなり少ない」と言えそう。

gold3

なお、ハーネスは近代の車では相当な重量があるといい、以前にベントレーは「ベンテイガ」に使用されるワイヤーの概略を公開していますね。

まさに血管。ベントレーがベンテイガのワイヤリングイメージ画像を公開

さらにテスラはこのワイヤリングに着目し、光ケーブルの使用などで重量を低減することを考えている模様(もちろん他メーカーも同様の試みを行なっている)。

テスラCEO「モデル3に使用されるワイヤーはモデルSの半分。しかしモデルYはさらにその1/15」

ついにはエンジンをドッキング

そのハーネスを室内へ。

gold2

それを車両末端まで通し・・・

gold4

エンジン登場。

gold5

ここでエンジンと車体を合体させていますが、面白いのは「この時点で、ボディの外側が未塗装」であること。
現行モデルだと、工場内での製造風景動画を見ていると「塗装済み」ボディに全てのパーツを組み込んでいるようですが、この「プロジェクト・ゴールド」ではちょっと手法が異なるようですね。

gold1

そしてその後にこういった感じでボディをペイント。
「911ターボSエクスクルーシブ・シリーズ」に採用されている”ゴールデンイエロー・メタリック”に近い色なのかもしれません。

ポルシェが「911ターボSエクスクルーシブ」の追加画像公開。ボディカラーが新しく2色登場

なお、現在まで公開されているものと今後の公開予定は下記の通り。
8月24日にはその全容がアンヴェールされることになりそうです。

  1. ビジョン。発見され、高められる。(公開済み)
  2. 洗練。ラッカーとレーザー。(公開済み)
  3. クラフトマンシップ。縫い目とステッチ。(公開済み)
  4. コーティング。保護と安全。(公開済み)
  5. マリッジ。エンジンと電気系統。(公開済み)
  6. 報道機関に公開する時が来ました。(8月24日)
  7. ワールドプレミア。(9月27日)
  8. オークション。(10月27日)

それでは動画を見てみよう

こちらが「プロジェクト・ゴールド」最新動画、「Project Gold - The marriage. Engine and electrics.」。

これまでに公開された内容はこうなっている

ポルシェはこれまでも定期的に「プロジェクト・ゴールド」の進捗を公開しており、下記の内容がすでに公開済み。

こちらは序章、「ビジョン。発見され、高められる。」

ポルシェが993世代の911をレストアする「プロジェクト・ゴールド」公開。実車発表は8/24

第二弾、「洗練。ラッカーとレーザー。」

ホイールのラインはこうやって入れていた!ポルシェが「プロジェクト・ゴールド」第二弾ティーザー動画を公開

第三弾、「コーティング。保護と安全。」

【動画】ポルシェ自ら993世代の911ターボをレストア&カスタムする「プロジェクト・ゴールド」、その第三弾が公開に

第四弾、「コーティング。保護と安全。」

ポルシェによる993のレストア「プロジェクト・ゴールド」。なぜポルシェは旧車にも最新技術を用いるのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , , , , , ,