ad-728





>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW Z4がニュルにて7分55秒を記録し「BMW歴代3位」へ。M2より3秒も速いタイム

2018/09/14

| 新型BMW Z4 M40iはBMW M2よりも速い |

新型BMW Z4 M40iがニュルブルクリンクを7:55.41で周回し、その動画が公開に。
つい最近、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJが6:44.41でニュルブルクリンクを周回して「市販車最速」の座に輝いたばかりなので、この「7:55.41」というのはあまりインパクトがないように思えるものの、これはBMWとしては相当に速いタイム。

というのもニュルブルクリンクのラップタイムにおいて「ベスト100」に入っているBMWは38位のM4 GTS(7.27.88)と62位のM4 CS(7:38.00)のみで、今回のZ4 M40iのタイムはベスト100には漏れるものの、M2よりも3秒速い数字です。※もちろん全てのBMWがニュルブルクリンクにチャレンジしているわけではない

新型BMW Z4登場。エンジンは340馬力の直6ターボ、0-100km/h加速は4.6秒。ポルシェ・ケイマンSと真っ向勝負

「M」モデルではないのにこの速さ

なお、Z4 M40iはZ4の「Mモデル」ではなく、あくまでも通常ラインのハイパフォーマンス版という位置づけ。
そしてBMWは「Z4のMモデルは発売しない」とも述べていますが、通常モデルでこのパフォーマンスであれば「Mモデルはない」のも 納得ですね。

ニュルブルクリンク最新ラップタイム ランキング。ランボルギーニが首位奪還、EVの登場も

Z4 M40iのエンジンは3リッター直6ターボ、出力は335馬力。
ただしこれは規制のきつい欧州仕様の数字であり、欧州以外、たとえばアメリカでは「もう少し数字が高くなる(382馬力くらい?)」と言われています。

なお、この「7:55.41」がどのくらいかというと、フェラーリF430が「7:55.00」(これでニュルブルクリンク100位)。
つまりニュルのランキングTOP100に漏れたとはいえどもスーパーカー並みの速さを持つのが新型BMW M40iだと言えそうですね。

そうなると気になるのがBMW Z4と共同にて開発された新型トヨタ・スープラで、これはクローズド・ボディであるぶんBMW Z4よりもボディ剛性が高いと思われ、かつ(トヨタ曰く)ピュアなハンドリングマシンであるということを考えると、「トヨタ初、ニュルブルクリンクのランキング入り」となるかも。

なお、「レクサス」ブランドだとLFAが7:14.64にて17位に顔を出していますね。

それでは動画を見てみよう

こちらがBMW Z4 40iが驚異の走りを見せる動画、「BMW Z4 M40i (G29) Nordschleife HOT LAP 7.55,41 min」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , ,