ad-728





>プジョー(PEUGEOT)

プジョー3008に待望のPHEV+4WD登場。出力は一気に300馬力へ、EV走行距離は60km

2018/09/26

| プジョー3008にハイブリッドモデル登場。充電には7時間、急速充電だと2時間未満 |

プジョーが人気のSUV、「3008」にプラグインハイブリッドモデルを追加。
これによって出力は300馬力に向上し、これまで「FFのみ」だったラインアップに対し、ついに「4WD」が加わることになります。

プジョー3008は見ての通り「SUV」ですが、そのクリーンなデザイン、先進的なインテリアで一躍人気モデルに。
日本でも初回限定モデルがわずか数日で完売してしまうなど、「これまでのプジョーになない」フィーバーを巻き起こしたのは記憶にあたらしいところ。

一方で、そのSUV的ルックスに対し「FFのみ」というラインアップは常々商品力不足を(日本だけではなく世界中で)指摘されており、しかし今回のプラグインハイブリッドモデル「3008 HYBRID4」の追加にて盤石の品揃えが完成した、とも言えそうですね。

ちなみに今回追加されたハイブリッドモデルの見た目は通常の3008と同じように見え、ほかメーカーのように、ブルーやグリーンを使用した「ハイブリッドであることを強調する」目立ったエンブレムやアクセントが無いのは面白いところ。

【試乗:プジョー3008】初回限定モデルは3日で完売も納得。クールすぎる新世代SUV

エレクトリックモードでの走行可能距離は60キロ

3008ハイブリッド4に採用されるドライブトレーンの構成としては、1.6リッターPureTechエンジンとエレクトリックモーター(1つ)がフロントに、そしてリアにもエレクトリックモーターがひとつ。

ガソリンエンジンは200馬力、モーターは100馬力を発生するので「システム全体で300馬力」となりますが、これはプジョーとしても、そして3008としてもかなりパワフル。
その恩恵によって0-100基礎加速は6.5秒をマークし、さらにはエレクトリックモーター+バッテリーのみでの走行可能距離も60キロという具合に環境性能も抜群。※モーターそのものは1個で最大110馬力を発生するものの、ガソリンエンジンとの組み合わせでは100馬力まで、そしてモーターのみの駆動時にモーターのパワーを開放する模様

なお、多くのPHEVでは「ピュアエレクトリック」時の走行距離が30-40キロで、よってプジョー3008の”60キロ”というのはかなり優秀な数字。
バッテリー容量は13.2kWhと大きくはなく、となるとなんらかの効率的な手法を採用している、とも考えられますね。

こういった感じでエレクトリック技術は日進月歩でもあり、よってまだまだEVやハイブリッドは発展途上だということもわかります。

peugeot-508-508-sw-et-3008-phev (1)

なお、今回のハイブリッドモデルは「ひとつのオプション扱い」で、最上位グレードである3008GTに対して設定されるもの。
日本の場合は、導入されるとなると「一つのグレード」として扱われることになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->プジョー(PEUGEOT)
-, , , , ,