>アウディ(Audi)

日本だけではなく世界的に販売減少が続くアウディ。新戦略を打ち出すも「高価格モデル」「エレクトリック」「中国」頼みとなり、もしも戦略が失敗したときのダメージは大きそう

| いずれの分野においても、今後強みを発揮できるどころか競争が増すばかり | アウディがその販売を世界的に落とし続けており、メルセデス・ベンツ、BMWの後塵を廃するようになったために「新しい戦略」を公表。なおアウディの2018年における販売は全世界で3.5%減少し、欧州においては14%も下落。これは新しく導入された規制「WLTP」の影響が大きいとされているものの、アウディとしてはライバルに追いつき、追い抜く必要があるものと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ベントレーはカリナンに対抗?「スポーツカーはもう作らない。GTとSUVに集中し、ベンテイガの上位モデルを発売する」

まだまだベントレーの春は遠そうだ 方向性に迷っているベントレーですが、今回「現在、スポーツカー発売の予定はない」とコメント。ちなみにベントレーは以前にも「今後スポーツカーを発売しない」ともコメントしていて、これからは本気でエレクトリック、そして高級路線に特化するのかもしれません。 ベントレーが驚愕の方向転換。「スポーツカーはもう作らない」「ハイブリッド注力」

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他イタリア車 >その他イギリス車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

25台のみ生産された「ランチア・ハイエナ」、2台しか存在しない「ランボルギーニ3500GTZ」ほか希少なザガートによるクルマを見てみよう

ランボルギーニ3500GTZはこの機会以外では目にすることはないだろう さて、何回かにわたってお届けしたコンコルソ・デレガンツァ京都2019ですが、今回は「最終回」。ザガートというとランチアやアルファロメオ、そしてフィアットも有名ではあるものの、今回はそれらに加えて「MG」「ランボルギーニ」といった珍しいクルマを紹介したいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿35年もの間、地下室に閉じ込められていた1962年製アルファロメオ・ジュリエッタSZ。程度良好のまま救出され競売へ→7000万円超で落札ランボルギ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型BMW Z4を見てきた!予想していたより高いデザイン性/質感を持つものの、スープラより「100万円以上高い」値付けは正当化できる?

トヨタよりも内外装の細部までこだわっているのは間違いない さて、発表されたばかりのBMW Z4を見にディーラーへ。パっと見た印象は「なかなかにカッコイイ」というもの。そしてそのカッコよさは全体のシルエットに加え、練り込まれた「ディティール」によって実現されているといってよく、ここ最近(とくにG世代)のBMWが発揮するデザイン力の高さには驚かされます。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場新型トヨタ・スープラの内装が激写。Z ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2 RSがロードアトランタでも市販車最速記録樹立。これでコースレコードを出したサーキットは合計4つに

| ポルシェ911GT2 RSの勢いはもう止めることができそうにない | ポルシェが911GT2 RSにてアメリカのサーキット、ロードアトランタでのタイムアタックを行い、市販車最速となる1:24.88というコースレコードを樹立したとのこと。なお、このサーキットはポルシェの現地法人、ポルシェ・ノースアメリカ本社のほど近くにあるそうで、ポルシェ・ノースアメリカ万全のバックアップのもと、ル・マンのクラス優勝、デイトナ24時間での優勝経験を持つデビッド・ドナヒュー選手、ポルシェのテストドライバーでもあるランディ・ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサウンドを奏でると言われるのはなぜか?科学的に解説してみよう

たしかにF1でもV10エンジンのサウンドを「歴代最高」とする人は多い DRIVETRIBEが「なぜV10エンジンのサウンドは優れるのか」を解説した動画を公開。V10エンジン搭載の車には現行だと「ランボルギーニ・ウラカン」「アウディR8 V10」、過去には「ポルシェ・カレラGT」「レクサスLFA」「ダッジ・バイパー」「BMW M5(E60)」「アウディRS6」等が存在し、いずれもそのエキゾーストサウンドには高い評価が与えられています。※実際に全部のクルマの音を聞いた中だと、レクサスLFAのサウンドが一番美し ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【競売】1981年に非公式ながら時速300キロを突破したBMW M1が存在した!1993年以降行方がわからなくなっていた「レコードブレイカー」がついに発見

予想落札価格は最高で3700万円 今年は年初から希少なクルマが続々納屋から発見されていますが(納屋=バーン、というところから”バーンファインド”と呼ばれる)、またまた希少なBMW M1が発見されることに。一見してこのM1は通常のM1とは異なることがわかりますが、これはもともと「通常の」M1として1979年に製造されたものの、その二年後にレーシングドライバーであるハラルド・アートル氏が入手し、ボディパーツ変更に加えてタービン交換などのチューンを行い、ノーマルの273馬力から410馬力へと性能を向上させた車体 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【競売】ジワジワ値を上げるメルセデス・ベンツCLK DTM AMG。ブラックシリーズに比較しても「希少」な存在であることが評価され、予想落札価格は3400万円

数年前までは3000万円が相場だった メルセデス・ベンツCLK DTM AMGがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。今回出品されるのは2005年モデルで走行は21,800キロ、これまでのオーナーの数は「2」。最近メルセデス・ベンツ正規ディーラーにてメンテナンスを受けたばかりでコンディションは上々とされ、予想落札価格は最高で3400万円ほど(数年前の競売よりも1割ほど相場が上がっている)。 こちらもオススメ、関連投稿【競売】生産100台、ブラックシリーズよりパワフルなメルセデス・ベンツCLK DTM ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンに新たな限定「セット」、ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ発表!なんとヴァンテージV12初の「スピードスター」が登場

そして新ブランド「R-Reforged」が誕生 先日、「2台セット」で販売する「センテナリーコレクション」を発表したばかりのアストンマーティン。これはザガート100周年、アストンマーティンとザガートとの関係構築60周年を記念したもので、DBS GTザガートと(最初のアストンマーティンとザガートとのコラボ作品となった)DB4 GTザガート・コンティニュエーションとがペアになり、19セットが約8億8000万円にて販売されるもの。 その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラスト ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】マクラーレン600LTをシャシダイでパワーチェック。600馬力のところ実測は574馬力→この現象を解説しよう

クルマの馬力表示はエンジン単体のものであって軸出力ではない フォードのチューニングや「ヴェノム」シリーズの発売でおなじみのヘネシー・パフォーマンスがマクラーレン600LTをシャシーダイナモでパワーチェックし、その結果を公開。この内容は非常に興味深いもので、マクラーレン600LTの軸出力は574馬力となっています。ここで「あれ?600馬力じゃないの?」という話になりますが、自動車のカタログ等にて表示される出力は「エンジン単体での出力」。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore



■駄文(日々考えること) ■ニュース

日本では「カーシェアリング」はじめシェアビジネスは流行らない?その理由を考える

投稿日:2018/11/07 更新日:

| 日本人はなんでも自分でできないと気が済まない |

日本は非常に特殊な市場だと言われることがありますが、「シェアリングサービス(シェアリングエコノミー)」についてそれは顕著である、と考えています。

たとえば欧米はもちろん東南アジアでも色々なモノ、そして家をシェアするという考え方が一般化しており、自分が自宅をあけている間にその家を貸したり、自分が購入したブランド物やクルマを「使わない間」貸したりする、というアレです。








日本人は借りたがらない、貸したがらない

諸外国ではそういった考え方が一般的になりつつあるものの、日本だとイマイチそれが普及する気配はなく、そこでぼくは考えたわけですね。

これは、日本人が「借りる」ということに対して比較的ネガティブであるからだとう、と。

欧米や東南アジアでは「借りる」ということに抵抗はなく、むしろ「借りる」ことに積極的。
それはビジネスにおいても顕著であり、たとえばモノやカネがなくとも、出資を募ったり人の協力を得たり、と「他人のふんどして」勝負するのが一般的。

そう、「他人のふんどし」。

日本では「他人のふんどしで相撲を取る」ことは悪だと見なされていて、投資をするなら借りたお金で投資するのではなく自己資金で投資を行うという考え方が強い模様(借金やカード、ローンを異様に嫌う人が日本に多いのは事実)。

ビジネスでもこれは同じで、たとえばレストランを始めようと思うならば、日本人の場合は「自分がまず料理人でなくてはならない」と考えて修行に励み、ようやく技術を身につけてからさあ独立と相成りますが、欧米ではレストランをはじめようと思った場合、自分が料理人でなくとも料理人を雇い、そしてお金がなければ借りてきて事業を始めるわけですね(生涯に稼ぐお金を考えると、修行に使う時間は”惜しい”。早くスタートをきったほうがより稼げる)。

つまり日本型ビジネスは自分が「プレイヤー」であることが重要で、しかし欧米では自分が「マネージャー」であることが重要だと言えるのかもしれません。



とにかく日本では出来合いのものを嫌い、一から作った方がエライという風潮があり、それは(制御系の)システムにしても同じ。
できあいのものを購入してきた方が安定しており汎用性が高いのに、イチからシステムを作り、それで「仕事をした気になっている」場合も見られます。

なお、欧米特にアメリカでは、自分にその能力がなくとも、能力のある人を見つけ出してその人を売り込み、能力をお金に換える「エージェント」「プロモーター」といった職業がメジャーであることからも日本との差をうかがい知ることが可能。
さらに中国では「ビジネスの基本は他人のふんどしで相撲を取る」ことだとされているので、日本の傾向については「日本だけが特殊」だと考えて良さそう。

日本と欧米の雇用スタイルの差。ビジネス編とスポーツ界編

自動車産業についてもこれは同じで、欧米の会社は新しい技術について、自社がそれを持っていなければ、そして開発コスト(時間含む)を惜しいと思えば、その技術を持つ会社を買収したり、その技術そのものを買ってきたりします。

逆に日本は「技術を買う」ことはせずに自社でその技術を開発せねばならないと考え、また合併も嫌う「純血主義」が問題となることに。
よってトヨタとホンダが同じような技術を競って開発し、結局はどちらかの研究開発費用が無駄になる、ということも(ビデオの”ベータ VS. VHS競争”も同じような感じ)。

特にホンダはなんでも自社で開発する「純血主義」で知られ、しかし近年の自動車はこれまでにないほど関連する技術が多様化しており、これがホンダを滅ぼすであろう、とも言われていますね(もはや現代の自動車は自社だけでまかなえる領域を超えており、純血にこだわることは製品力の低下を招く)。

現在、ビジネスで重要視されるのは「スピード」で、開発するだけの時間が無駄になると思うならば、それを持つ会社を買うことや、技術をお金で譲り受けること、はたまた他の会社と合併することも必要な世の中ではあるものの、日本企業はそれを嫌い、結果的に「ガラパゴス化」したり競争に乗り遅れることになったりしている側面もある、とぼくは考えています。

そして本題の「シェアリングサービス」ですが、レンタカーなど「法人」つまりサービスが体系化されたものから借りるのには抵抗がなくとも、個人間でクルマを借りるのにはかなり抵抗があるのが日本人で、また貸すことに抵抗があるのも日本人。

こういったところでも純血主義ともいうべき潔癖さがあるわけですが、ここに無駄があるのもまた事実なのかもしれません。

しかしながら、この無駄が雇用や購買活動を促進させるという面もあって、この「日本独自の傾向」がいいのかそうでないのかは判断が難しく、また永遠に判断ができないであろう、とも考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

-■駄文(日々考えること), ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.