■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore



>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 ●ポルシェ718ケイマン(982) >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

ポルシェはこういったところを論じる車ではないけれど。ボクが考える「ポルシェにもうちょっと頑張って欲しい」ところ

投稿日:

| ポルシェはまだまだデザイン面において進化の余地を残している |

さて、今日はぼくがポルシェに「もうちょっと頑張って欲しい」と思うところを挙げてみたいと思います。
ポルシェはご存知の通り第1級の動力性能を持つ車ですが、一方で装備やパーツのデザイン性などについては「あまりに質素」なことで知られるクルマ。
現行車種ではずいぶん改善したものの、911だと997世代までは(冗談抜きで)内装の装備は軽自動車の方がずいぶんマシ、という状況です。

そして現行世代の718ケイマンでも「ドアミラーを電動可倒式にするのに」6万円くらいのオプション価格を支払わねばならないのがポルシェですが、これは「車体の外側に、折り畳み機構(モーター)を取り付けるのは運動性能をスポイルする」という考え方から。

そのためぼくはポルシェの装備のプアさ、質素さも「ポルシェの個性」だと考えていて、ポルシェの考え方を支持してはいるものの、しかしはじめてポルシェを購入する人からすると「えっ」と感じる部分が多いのも事実(よく相談を受ける)。
つまり「ポルシェ」という高いブランドイメージと、実際のクルマとのギャップに驚く人も多いようで、ここではそういった可能性のある部分を紹介してみたいと思います。

ポルシェはモールの品質があまり良くない

まずはモールの品質。
こちらは運転席側のドアモールディング(ドアパネルとウインドウとの境界にあるヤツ)ですが、ドア側とリアクォーターウインドウ側でラインが合っていないことがわかりますね。※ちなみにドアはちゃんと閉まっている。半ドアではない

IMG_2537

そして助手席側はこう。
運転席側よりは「合っている」のがわかります。

IMG_2542

逆にこの樹種席側モールのフロント側、つまりドアミラー付近は「浮いた」状態。
つまり、このモールは上から見たときに「弧を描いてないと」ならないのですが、実際は「まっすぐに近い」ので、前か後ろか「どちらか」をドアパネルに合わすともう片側が「浮いてしまう」ということになり、つまりはパーツ自体の形状、もしくは素材(硬い)、さらには取り付け(製造)の問題、ということに。

ぼくは特に気にしているわけではありませんが、今後この「浮き」が大きくなるようであれば一度交換なり対応を考えてみたいと思います。

IMG_2543

ちなみに経験上、モールの品質が高いのはメルセデス・ベンツ、そしてアウディ。
国産だとトヨタがずば抜けていますね(日産はあまり良くない)。

欧州車でここがイマイチなのはポルシェのほかBMWで、しかしポルシェが今後コモディティ化し、より多くの人に訴求するブランドへと変わってゆくのであれば、ポルシェは「走り」以外の品質も高めてゆかねばならないだろう、と感じさせる代表例でもあります。

ポルシェはボディパネル間のギャップが大きい

そして次はボディパネルのチリ。
主にはフロントフェンダーとドア、フロントフェンダーとボンネット、リアフードとリアフェンダーといった部分ですが、つまりはここのギャップが大きく、つまり「隙間が目立つ」ということ。

L1050169

ただしこれらの部分は「可動する」部分でもあって、隙間をあまり小さくできないのも実情です。
それでもいくつかのメーカーは「対策」を行なっており、たとえばアウディの例を見てみましょう。

これは以前にも紹介したものですが、アウディTTやA5に採用されるクラムシエルボンネットが端的な例だと考えています。
そしてクラムシェルボンネットのデザイン面における利点は、前や上から見たときにフェンダーとボンネットとの「あるべき」境界線が見えないこと。

たとえば旧型A5だとフェンダーとボンネットとの境界はこんな感じ(赤い矢印のところ)。
これだと(いかにチリを狭くしても)必ず隙間が目に入ることになりますね。

audia5

こちらは新型A5ですが、フェンダーとボンネットとの境界がうまくデザインとして処理され見えなくなり、サイドのキャラクターラインの一部として表現されることに。
これだと「隙間」が目に見えないことになり、いっそうの「塊感」が強調されることもなるわけですね。

audia5-2

なお、この構造を簡略化して示すとこんな感じ(バーチャル断面図)。
ボンネットとフェンダーとの「段差」が重要で、この段差と同じ角度を持ったプレスラインがドアからリアフェンダーへと続くことで全体の整合性を取ることに成功しています。
これは「外板を鋭角にプレスする」という高いアウディの技術あってこそで、他のメーカーでは再現できないデザインだとも言えるのかもしれません。

audi

実際にはボンネットとフェンダーとの間には「隙間」があるものの、人が立った状態で上からクルマを見下ろした状態では「ボンネットがフェンダーにかぶった状態になるので」隙間を目視することは不可能。
これによってアウディはボンネットとのフェンダーとの「隙間」を撲滅した、と考えられます。

↓しゃがんだ状態でフェンダーとボンネットとの隙間がやっと見える

DSC00070



ポルシェはテールランプなど「別パーツ」とボディとの隙間が大きい

そしてこちらもやはりポルシェでは「隙間が大きい」ということですが、テールランプそのものは樹脂製で、上半分が接するボディは金属、そしてやはり下半分が接することになるバンパーはウレタン製ということもあって、異なる素材同士において「隙間なく」接合するのは非常に困難(そう考えるとレンジローバー・ヴェラールの設計や製造に関わる精度は驚くべき高さにある)。

IMG_2538

これは素材ごとの(気温による)収縮率が異なったり、たわみが異なるために「ぴったり」くっつけてしまうと互いが干渉するためで、しかしこれについてもアウディはなかなかに優れた解決策を見出しています。

やはり以前に紹介した内容ではありますが、通常の自動車(ここだとポルシェ718ケイマンだと置き換えてもいい)とアウディTTとの比較はこんな感じ(横からの断面図だと思ってもらえれば)で、両者ともボディの凹んだ部分にランプユニットが収まるのは同じ。
ただそうなると当然、ボディとランプユニットとの間には「隙間」ができますね。

audi2

ですがアウディの場合はこんな感じで、ランプユニットの縁(この場合は下を「斜め」に成形することで隙間をほぼゼロに。
さらに言えばこれも「人の視線にて、上から見たときに隙間が見えない」ように計算されているのだと考えています。
なお、TTの場合はテールランプの上ラインがボディの継ぎ目部分と一体化しており、これまた「継ぎ目」「隙間」がわかりにくい設計ですね。

プレスラインやクルマの構造を利用して「継ぎ目」「段差」を少なくしているのがアウディですが、BMWはあまりそこは気にしていないようで、たとえばBMW X5だとこういった感じ。
継ぎ目や段差は仕方がないと考え、あえて立体的に見せているのかもしれませんが、こういったところを見てもポルシェとBMWは似ていて、ともに「隙間やラインを気にしない」傾向にあるようです。

2019-bmw-x5 (6)

自動車が性能で選ばれる時代はもう終わった

外装についてぼくがポルシェに感じるのはざっとこんなところ(他にもいろいろありますが、また改めて)。
冒頭で述べたようにポルシェはこういったところを論じる車ではないことは理解しているものの、今やほとんどのユーザーがポルシェを走行性能ではなく「ブランド」で選んでいて、かつ販売が最も多い中国では「運転経験が少ない人々」がメインユーザー。
そうなるとポルシェはその考え方についてもシフトせざるを得ず、今後はいろいろと変わってくるのだろう、と考えています。

なお、現在ポルシェはアウディと同じくフォルクスワーゲングループ傘下にありますが、現行モデルでアウディの影響を受けていない(以前の体制で基本が設計された)のは718ケイマン、マカンの二車種。

911も最新の「992世代」へと進化しましたが、おそらくこれはアウディの影響を(いい意味で)色濃く受けていると想像しており、画像を見る限りはこれまで上に挙げてきたようなポルシェの「弱点」をきっちり潰しているように見え、かなり表面が「平坦」に感じられるデザインです。

つまりはポルシェ自身もぼくが感じたような問題を「他の人も感じている」と認識していて、アウディの技術をもってそれらの対策を行なってきた、と考えて良さそうですね。

なお、アウディ自身はこういった「目に見える部分の」品質を改善することで成長してきたメーカーですが、たしかにアウディとBMWとを並べて見るとその「見た目品質の差」は一目瞭然で、それは「ポルシェとアウディ」でも同様。
現代において自動車が選ばれる大きな決定要因は「デザイン」ということになりそうですが、この傾向が今後いっそう強くなるのは間違いないだろう、と考えています。

思った以上に変わってた!新型ポルシェ911(992)と従来モデル(991)を比較してみよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ911関連, >ポルシェ・ケイマン関連, ●ポルシェ718ケイマン(982), >その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.