>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) ■映画や音楽、本について ■ニュース

アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R、スープラ、S2000の相場は1000万円オーバーが常識になりつつある状況について考えてみる

投稿日:

1年前は900万円、最近では1350万円。この先は?

アメリカの中古車販売サイト、「Bring A Trailer」にて、80スープラが約1350万円で売買されるという事案が発生。

今回の個体はレッド、トランスミッションはマニュアル、走行距離は7000マイル。
2018年3月にも低走行のスープラが900万円で売買されているので、この1350万円という価格は「突出」しているわけではなさそうですが、とにかくこの「スープラ・バブル」には驚かされるばかり。

なぜスープラ、GT-Rばかりの値が上がるのか

なお、同じような日本の(ネオクラシックない)ハイパフォーマンスカーというと「日産GT-R」「日産フェアレディZ」「マツダRX-7」「ホンダS2000」「ランエボ」あたりが存在するものの、価格が上がり続け、かつバブルと呼べるレベルに達しているのはスープラとGT-Rくらい。

なぜこういった現象が起きるのかということですが、ひとつに「ワイルド・スピード」の影響があるのは間違いなさそう。

スープラ、GT-Rともにブライアン(ポール・ウォーカー)が乗っていたクルマという共通点があり、つまりポール・ウォーカー人気に引っ張られた可能性も。

ただし、同じくポール・ウォーカーが劇中でドライブしたインプレッサは(エクリプスも)価格が上がるわけではなく、同じくワイルド・スピードで活躍したRX-7、フェアレディZの相場はさほど上がっていないようです。

つまりスープラの人気は「ワイルド・スピードに依存」しているわけではないということになりますね。

e8548cae-toyota-supra-turbo-18

そしてスープラはいったん置いといて、「GT-R」の場合ですが、これもやはりワイルド・スピード人気、加えて現在のR35 GT-Rの驚異的なパフォーマンスがその人気を盛り上げていると言ってよく、とくにR32/R33/R34世代は「右ハンドルしか生産されらなかった」ためにアメリカには当時正規輸入できず、その飢餓感が高い相場を形成している可能性も(R32/R33/R34世代のGT-Rの相場も1000万円を超えつつある)。※スープラの場合は全世代が北米で販売されており、もともとレアなクルマではない

e7fd6f3f-toyota-supra-turbo-07

つまりGT-Rの場合は「ワイルド・スピード」と「現行モデル」との相乗効果があったとも考えているのですが、これに当てはまらないのが「フェアレディZ」。
フェアレディZもワイルド・スピードでは(悪役ながら)けっこうな活躍を見せ、かつ歴史的に北米でも知名度の高いクルマ。

ただ、フェアレディZの場合は「もともとメジャー過ぎた」ことや、現行モデルのパフォーマンスがパっとせず、よってカリスマ的な人気を得られないのかもしれません。

c185c0a0-toyota-supra-turbo-11

そしてマツダRX-7、S2000もワイルド・スピードで活躍したクルマで、ともに「後継なし」。
当時北米でも販売されておりレア感は薄いものの、ホンダS2000は現在1000万円を超える相場を形成しようとしていて、GT-R、スープラに続く「バブル」となりそう。

0baf27ea-toyota-supra-turbo-02

そう考えるとランエボやRX-7の価格が上がらないのもまた謎。
高いパフォーマンスを誇り、両者とも特徴のある(ランエボはテクノロジー、RX-7はロータリーエンジン)クルマで、かつ後継モデルが存在しないという「絶版イメージ」もあるにもかかわらず「(GT-R、スープラほど)人気化せず」。

0c72ece7-toyota-supra-turbo-19

現在価格の上がっているGT-Rやスープラ、そしてS2000にはあまり「共通する相場高騰の理由」が見当たらず、ただし(全部が当てはまるわけではないものの)キーワードとしては「ワイルド・スピード」「絶版」「アメリカに正規輸入されていない」「現行モデルがハイパフォーマンス」といったところかもしれません。

そして値上がりしているモデルに共通するのは「クーペもしくはオープン」というスポーツカーを容易に連想させるボディ形状で、ここが「ランエボやインプレッサの価格が上がらない」理由のひとつである可能性も。

2c144c9e-toyota-supra-turbo-15

VIA:Bring a Trailer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >日産/インフィニティ(Infinity), >マツダ(MAZDA), >三菱(MITSUBISHI), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.