>アストンマーティン(Astonmartin) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

マクラーレンが「グラデーション塗装」を採用した720Sを公開。塗装に要した時間は260時間、これからはグラデーションがカスタムの主流に?

投稿日:

もはやマットカラーも普通になってしまった

マクラーレンが新たにMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ。マクラーレンのカスタム部門)にてカスタムされた720Sスパイダーを公開。

これは三色を組み合わせた「グラデーション」含む塗装が最大の特徴となり、その三色とはMSO専用色のセルレアン・ブルー(Cerulean Blue)、バートン・ブルー(Burton Blue)、アビス・ブラック(Abyss Black)。

この三色をもってこのマクラーレン720Sスパイダーを構成しているということになりますが、その塗装には260時間を費やしている、とのこと。

グラデーション塗装はカスタムにおけるひとつの流行に?

なお、最近いくつかのメーカーで見られるのが「グラデーション」。
マクラーレンはこれにいち早く着目し、720S発表直後にグラデーション塗装を採用した「720Sヴェロシティ」を公開していますね。

さらにランボルギーニも日本市場参入50周年記年車として、日本限定となる「アヴェンタドールSロードスター 50th Japan アニバーサリー・エディション」を5台のみ(それぞれカラーが異なる)投入。

そしてアストンマーティンも「ヴァルキリー」のカラーサンプルとしてグラデーションを公開していますね。

こういった「グラデーション」が増加してきた背景としては、顧客が「より特別なクルマ」を求めるようになったという背景があるのかも。
上述のように、今回のマクラーレン720Sスパイダーでは260時間もの手間がかかり、それはもちろん「車両価格」として跳ね返ってくることになりますが、そのぶん「他の人が持ちえない」クルマを持てる、ということに。

写真の説明はありません。

最近は各自動車メーカーとも顧客の要望に応える形で「オーダーメイド」を加速させていますが、そのオーダーメイドも「普通」になってきていて、つまりは「カスタムがインフレしている」中での新しい表現手法がグラデーションなのではないか、と考えています。

写真の説明はありません。

なお、パっとグラデーション塗装された車両を見ると「スプレーでしゃしゃっと塗ればいいんじゃないの?」と思いがちですが、こういった塗装は「組み上げてから塗る」のではなく(最後のクリア塗装が必要なので物理的に、かつ工程上不可能)、パーツ単体で塗装することになり、よって「組み上げたときにちゃんとグラデーションに見えるように想定して各パーツを塗る」必要があるわけですね(もしくは仮組みしてグラデーション塗装を行い、その後に分解してクリア塗装を施して再度組み立てるか)。

写真の説明はありません。

マクラーレン720Sのグラデーションは「光」をイメージ

そして今回のグラデーションにおいて面白いのは、単に「下から上に(もしくはその逆に)」カラーが変わるのではなく、各パーツ単位で、下から青い光を照らされたように色が変わっていること。
それはドアミラー下部やリアウイング裏面を見ると顕著ですが、かなり珍しいアプローチだと思います(そして、エアインテークなど”機能”によっても色分けされている)。

写真の説明はありません。

なお、ボディカラーそのものはメテオライトグレーで、ホイールはアビスブラック、ブレーキキャリパーはバートンブルー、グラデーションに使用されるのがセルレアンブルー。

写真の説明はありません。

そのほかディフューザー、トノカバー、Bピラーはグロス仕上げのカーボンファイバーとなり、車体全体を通じて深みのある表情を見せることとなっています。

写真の説明はありません。

インテリアはベースカラーがブラック、そこにブルーのアルカンタラによるアクセントが入り、ステッチはグレー。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

ヘッドレストやペダルには「MSO」ロゴ。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

キーも特別仕上げとなり、明るいブルーからブラックまでの「グラデーション塗装」となります。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アストンマーティン(Astonmartin), >マクラーレン(McLaren), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.